2005年7月30日土曜日

KGST008 デジカメの恩恵

KGST-027少し前に高校生ぐらいの子たちがプール掃除しているアイスコーヒーのテレビCMがあったのをご存知でしょうか。「夏の香り」ってキャッチコピーがついたりして、確かに夏の訪れを感じさせる情景でした。

この写真もまさにそんな夏の始まりの1シーンです。実際はこれ3月末か4月頭頃の写真なんで、ちょっとタイムラグがありますが…。1998年の夏の始まりです。一つ下の記事にコメントを書いてくれたミツダ君が高校1年生のとき。ひょっとしたらこの中にいるのかも知れないけど、判別不能です。もっと性能の良いデジカメで撮ってたらわかったかも…。

実はこの写真は僕が最初に買ったデジカメで、かなり最初の方に撮った1枚です。このデジカメで撮影した2000枚以上(!?)の水泳部写真にあって、27番目に撮影したものです。(僕は写真に番号をつけて保存しているので。)

このときのデジカメは富士写真フィルム製のDS-30という機種です。当時最新鋭!35万画素を誇りました。いまや携帯電話についてるカメラでも100万画素以上の時代なのですから時代を感じます。でもこのデジカメは本当に大・大・大活躍しました。撮影した水泳部写真のほとんどは当時のHPで公開したり、彼らの卒業時にビデオにしてプレゼントしました。写真なんて無くても大切なものは残りますが、写真があった方がやはり嬉しいものです。

でもこのデジカメの恩恵を受けることができたのはこの1998年の中3であるタツタ・シンパ・アミの世代以降です。残念ながらその一つ上の学年はほとんど撮影する機会がありませんでした。そういえば自分自身が現役の時代の写真もほとんどないなぁ…。そういう意味では、恩恵を受けた世代はとても羨ましいです、僕も。

頑張っていたあの頃が今日の糧になっていると信じて、来週もお仕事頑張ろう。

0 件のコメント :

コメントを投稿