2016年1月14日木曜日

ブレーキパッドの交換は大正解

こちらで書いたとおり先月、愛車ミトのブレーキパッドを交換しました。4年と10ヶ月乗っての交換です。

カモノハシ通信3: ミトのブレーキパッドを交換

このブレーキパッドのウリは何と言っても「ダストの少なさ」ということなのですが、あれから1ヶ月ほど乗ってみて結果やいかに!?

こちらがパッド交換直後。(ホイールはざっと拭いた程度でそこまで綺麗な状態ではありませんでしたが。)

DIXCELロゴがかろうじて見えてます

今現在の様子がこちら。この間、ホイールの洗浄はしてません。



ブレーキダスト汚れがほとんど増えていません!これはスゴイ!驚異的です!!(安い輸入車オーナーの方には共感していただけるハズ(^_^;))

その上肝心のブレーキ性能が大変よろしいのです。絶対的なストッピングパワーは(サーキットでも走らない限り正確にはわかりませんが)純正と比べても感触的にはほぼ互角。しかし扱いやすさは断然DIXCELの方が上です。

踏み始めにしっかり踏んだときはしっかりと追従して強力に車を止めようとしてくれる反面、踏力をゆるめた時の反応が非常にリニア、つまりスムーズ。

ブレーキパッドと同時にエンジンオイルも交換したのでそのせいもあるのですが、アクセルを離しての減速からブレーキを踏んでの停止までが、それはもう滑らかになって運転がとても楽になりました。

もっと早く交換しておけばよかった!

これが正直な感想です。普通に街乗りする一般的なユーザーの方に自信を持っておすすめできますね。

先日久しぶりに気合入れて洗車しました

コペンのときのようにサーキットでの性能をもとめて交換したわけではありませんが、今回の交換はあのとき以上の満足感があります。

コペンの時はローターもスリット入りに交換してました
このタイヤは街乗り用。久しぶりにコペン乗りたい…

みなさんも車検等でブレーキパッド交換するときは、純正品以外のちょっとイイのも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?ではまた\(^o^)/。



0 件のコメント :

コメントを投稿