2016年1月21日木曜日

保育園に通う息子と僕の日常(中編)

前回からの続きです。
カモノハシ通信3: 保育園に通う息子と僕の日常(前編)

お風呂タイム


だいたい20:00頃お風呂に入れます。何かのおもちゃを持たせて「お風呂いこっか?」と言うと素直にお風呂にむかってくれる息子ちゃんです。たまにプラレールの動力車両をお風呂に入れようとしてグズることはありますが…(電池を入れない方の先頭車両を持たせてもなぜか納得しない時がある)。

最近はオムツやズボンを自分で脱げるようになりました。こういうのも保育園生活の成果です。ただし脱ぐとき必ずおしりにひっかかるので苦労しています。見てる分には面白いのですが(^_^;)。

この写真はけっこう前です

息子ちゃんの肌がけっこう乾燥しやすいため最近は保湿入浴剤を毎回使用。Curelが肌にあったようで、この入浴剤とボディソープ、保湿クリームをセットで使うようになってからは劇的に肌の調子がよくなりました。寝てる時のかきむしりがだいぶ減りました。(保湿剤は個人個人で合う合わないがあるので色々使ってみて合うのを探すことが肝要です。)


シャンプーですが、息子ちゃんは1歳になる前から容赦なく頭、顔にシャワーをかけられているので今やその辺は余裕です。シャワーを顔にかけると「もっと」と言うくらい(^_^;)。さすがに顔に泡石鹸をつけて洗うときは嫌がりますが、シャンプー程度なら楽勝です。

シャンプーについてもいくつか試行錯誤しましたが、頭皮・肌の状態がもっとも安定するため、ずっと気に入って使っているものがこちらのアトピタ。頭をかくことが劇的に減りました。これのボディソープも良かったですよ。Curelよりは安いのでちょっと迷う(^_^;)。(繰り返しますが人によって合う合わないあるので色々試してみましょう!)


お風呂から出る前に30数えることが恒例となっています。2歳になった頃から徐々に数字を数えることができるようになってきて、今では完全に意味を理解して1〜10までを数えることができるようになりました。次は指でしめせるように現在特訓中です。

お風呂あがりタイム


風呂あがりはハーマイオニーさん(奥様=魔女)に息子を渡して、僕はそれから自分の頭や体を洗います。ハーマイオニーさんがいないときは当然自分も同時に出ないといけないため、なかなか大変です(次回書きます)。

ハーマイオニーさんは風呂あがりの息子の体をふき、保湿クリームを身体中に塗り、オムツをはかせ、ロンパスを着せ(家の中ではロンパス派です)、お茶を飲ませます。当然走って逃げようとするのでなかなかの大仕事のようで、よく「かわってほしい」と言ってます。

それから歯磨きも。最近は自ら口をあけて歯磨きを許容するようになってきました。以前は「360度ハブラシ」なんかを使っていましたが、今は普通の小さなハブラシを使っています。歯磨き後はごほうびにキシリトールタブレット。虫歯になりにくくするという効能を今のところは信じています。

各社色々ありますが、うちは今これです。メーカーによって美味しさはけっこう違います。

理想的にはここですぐ寝んねにいってほしいのですが、なかなかそうはいきません。遊びの続きをしたり、絵本をせがむことが多いです。iPadで動画を見たがることもありますが、このタイミングでは見せないようにしています。

お気に入りの絵本を持ってきて「読んで」と言ってくるのはなかなか嬉しいものです。おすすめ絵本がたくさんあるので、いつかまとめてブログで紹介したいです。

パンツ状になってる絵本の帯をはこうとする息子

とは言え遅くとも21:00までには「寝んねしよっか」と言って寝かす方向に持って行きます。たまに自分から「寝んね」と言って寝室に向かうことがあって、それだと大変楽です。

最近はなぜか「寝んね前のおんぶ」が恒例化しており、ハーマイオニさんが息子をおんぶして寝室へと連れて行きます。僕に「おやしゅみー」と言って手をふる息子です。

寝かせつけ


寝かせつけは常にハーマイオニーさんの役割。ここで重大発表なのですが、うちではまだ断乳させておらず、あいかわらず息子ちゃんはおっぱいを飲みながら入眠します。飲んでいるのかくわえてるだけなのかは不明です(^_^;)。

ちょっと前まではどうしても眠ってくれず、トテトテと歩いてリビングまできてしまったり、「お茶〜!」と叫んでお茶を要求したり(ただしそれはベッドから出るための口実だけであるときも!)、ベッドの上ではしゃぎまわったりすることもよくありました。どういうわけか最近はそういうのが減った感じがします。

ただし夜中に泣いたり、「ぱいぱい〜」と言ったりして起きることは今でもけっこうあるようです。僕が気づいでないタイミングでもきっとあるのでしょう。お疲れ様です。

なお僕らより先にお風呂をすませていた場合、ハーマイオニーさんはこのまま本気の眠りにつくことが多いです。以前は一度うっつら寝たとしてもその後起きてきていたのですが、それはどうもツライことらしく(そうですよね)、また朝型生活への変革を志していることもあり現在のような形に落ち着きました。僕としては夜に妻とテレビを見るでもなくダベりあう時間が減ってしまったので、それはちょっと悲しかったりもするのですが、自分の自由時間的には増えてる部分もあるのでまぁどっちもどっちです。

自由時間


そんなわけでハーマイオニーさんが寝かせつけを始めたタイミングから僕はフリーとなります(^_^;)。とは言えまずは食器洗い、場合によっては風呂掃除を片付けなければなりません。いつものことなので苦ではありませんが、地味に30分くらいはとられちゃいますよね。(だいたい報道ステーションを見ながら食器を洗っています)

こうやってブログを書くのもその時間。ただし最近はなかなか気が向かず、単にインターネットで情報集めばかりしてる事のほうが多いです。新しいサービスを試したり、気になっていることを調べたり。

音楽を聞くこともこの時間の楽しみ。主にはピアノ曲を聴きます。ちなみに今この瞬間かかっているのはシューベルトのピアノ・ソナタ16番。奏者はマウリツィオ・ポリーニさん。他に最近ハマってよく聞いているのが辻井伸行くんが演奏するショパンのピアノ・ソナタ3番。去年出たアルバムの収録曲なのですが、ショパン・コンクールの時の演奏と比べてものすごく進化していて感激しました。ちなみにどちらの曲も「のだめカンタービレ」で気に入った曲です(^_^;)。シューベルトは日本のコンクールでのだめが弾いた曲。ショパンのピアノ・ソナタ3番は後半オクレール先生の課題として出て千秋とともに練習した曲です。最終25巻でチラっと描かれる国内デビューコンサート(どう見てもサントリーホール)でも選曲されていたような気がします。




最後ちょっと脱線しましたが、これがだいたいの僕の1日です。次回は「ハーマイオニーさんがいない場合の1日」について書いておこうと思います。ではまた!



0 件のコメント :

コメントを投稿