2007年10月22日月曜日

野球中継をもっと

野球中継がこんなにおもしろく感じられたのは久しぶりでした。と、いうのは先日の日本ハム対ロッテのクライマックスシリーズ第2戦。野村監督による解説が、んもう素晴らしいすぎたのです。

こう見えても僕はけっこうマニアックな野球ファンです。知識・うんちく・戦術論・観戦眼、どれをとっても並みの水泳選手には絶対に負けません(?)。例えば近鉄バファローズについて語ろうと思えば400字詰め原稿用紙100枚分ぐらいはすぐに書けちゃいます、ホントに。

そんな僕が、一球一球ほんとうに新鮮な驚きをもって聞く事ができたのが野村監督の解説でした。テレビではストライクゾーンを9等分した「野村スコープ」なる画面をつかって、バッテリーの配球を解説したり、予想したりしていました。これが当たる当たる!たまに「次はインコースにスライダーしかないでしょう」なんてサラッと断言するケースも多々あるのですが、もうものの見事に当たります。野球の定石とかについては僕もいろいろと知識としては持ってるつもりですが、たまに「なぜ!?なぜそれがわかったの!?」と驚かざるを得なかったほど。そこには野村監督の野球人生でつちかわれた知識・洞察力プラス、現役捕手や投手のクセや性格までを知り抜いている豊富なデータ量が伺い知れます。まさにID野球。この人が監督をやればそりゃ強くなるよ、と誰もが思うに違いありません。そのくらい圧巻でした。

最近野球中継が少なくなっていてさびしい限りですが、真の野球好きはこういう解説付きの中継であれば絶対にチャンネルをかえられないですよ。野村監督のマネでもいいから、こういう深い解説ができる解説者が増えてくれる事を願います。とりあえずは古田さんに期待ですね。


“野村スコープ”が18年振りに復活 ビシビシ的中

 パ・リーグクライマックスシリーズ第2ステージ、日本ハム対ロッテ戦のテレビ中継にゲスト解説で出演した野村克也監督(楽天)に称賛の声が上がっている.........
≪続きを読む≫

3 件のコメント :

  1. それでしたら、「大きくふりかぶって」というマンガがオススメです。ピッチャーはストライクゾーンを9分割してますし、緻密な配球を組み立てるキャッチャーのいる、本格的な高校野球マンガだと思います。

    返信削除
  2. 実はすでに大ファンです「おおきく振りかぶって」の。おもしろいですよね、あれ。ドカベンなみです。
    ネコ好きさんはもしかして僕の知ってる方ですか?(そうじゃなくてもありがとうございます)

    返信削除
  3. 知っている人です。当ててみて(笑)

    返信削除