2016年9月27日火曜日

3歳になって初のストライダー大会参戦!

先日3歳になったうちの息子ちゃん。ますます元気に活発に育っております。僕達親の老朽化と相まって、そろそろ手に負えなくなるかも知れません……、てなことは一切なくこちらも全力で一所懸命頑張っております!

以前初めてのストライダー大会として参加した「はらっパーク宮代」のストライダー大会が、先日また開催されました。今度は3歳児クラスでの参戦となります。


過去記事
カモノハシ通信3: ストライダー大会初参戦!奇跡の予選突破
カモノハシ通信3: ストライダー大会 準々決勝

しかし当日は大雨!

当然レインコート着用で、親子ともども何セットも着替えを持参するなど万全の備えをもって行ってきましたが、それはそれは大変でしたよ(^_^;)。

なお結果の方は残念ながら初の初戦敗退…。動画見ていただくとわかりますが、途中まで2位だったところ最後の最後で立ち止まってごぼう抜きされました(^_^;)。結果4位で次戦に進めず。ストライダー大会ではたいてい敗者復活戦が開催されるのですが(当日掲示されたプログラム上も予定されていた)、不運なことに今回は開催されず。大雨の中、往復3時間もかけて出かけていって本戦を1度しか走れなかったのは極めて残念でした…。

動画がこちらです。いつも通りヘルメットにつけたカメラと、手持ちカメラの映像をミックスしています。2分ほどです。



残念!(^_^;)。そのまま2位に入っていれば準決勝へと進めていただけに、本当にもったいない。まだまだ「競争」の概念が理解できていない息子ちゃんでした。

なお敗者復活戦が開催されないことに僕はすぐに気がついたので、その場で本部の方に問い合わせたのですが、そのタイミングでは運営の方もよく意味がわかっていなかったみたい。おそらく本部用のプログラムからそもそも抜け落ちていたのではないでしょうか?

しかし掲示板に掲示されたプログラムには敗者復活戦が載っていましたし、何のアナウンスもなく、さらっと流されたことにどうしても納得がいかなかった僕は、全ての荷物を片付けて息子たちを先に車にいかせた上で、再度本部の方に質問。すると今度は責任者の方が出てきてくださって、完全にこちらのミスでした、本当に申し訳ありませんでしたと謝罪されました。(だったらその場でもう1本走らせてほしかったし、僕もそう言えばよかった…。結局1本しか走れなかったことにその後もずーっとムカムカしていたので、すごく後悔してます…)

当日は大雨で臨機応変なプログラム変更が必要であればやむを得ないのは十分わかっていますが、その後の別組では敗者復活戦が開催されていましたし、結局は単純にミスですっとばした(そしてそれに気づいても対処するだけの能力がなかった)ということかと思います。

また、もともとJTBスポーツサイトの公式案内上のプログラムにはどの組についても敗者復活戦は記載されていませんでしたし(それ故、当日掲示のプログラムを見てアレ?と思いましたが「やっぱり敗者復活あるんだ、良かった〜」と)、今回はこの本線の前に直線コースでの予選もあったりと、いつもと違う形での開催に混乱が生じていたということなのでしょう。

この大会はストライダー主催の公式戦ではなく、パーク主催のいわば野良大会。ですがその分、スタッフの方はみなさんとても温かく、一生懸命で、本当に感謝の念がたえません。責任者の方にもそう伝えました。それだけに本当に残念でした。

また気が向くことがあれば参戦したいと思います。

ポップアップシェードをテント代わりにしてみた


当日大雨だったのでポップアップシェードをテント代わりに使ってみました。念のためレジャーシートを防水シート代わりに上部に貼り付けて使用しましたが、約2時間の間、雨漏りすることなく便利に利用できました。あるのとないのとでは全然違ったことでしょう。

30秒ほどの動画です。



本格的なテントは面倒くさそうなので、うち的にはこれで十分です\(^o^)/

ちなみに「絶対風邪ひくだろうな」という予想を裏切り、親子ともども無事でしたよ。それが何よりよかったです。

次回はストライダーエンジョイカップの大阪大会に参戦予定。3歳クラスはみなさん速くてレベルが高いですが、なんとか初戦突破くらいはできるよう頑張ってほしいものです!ではまた。

0 件のコメント :

コメントを投稿