2013年2月4日月曜日

DAC付きプリメインアンプ比較

お金は無くともオーディオはなんとかしたい今日この頃。

ピュアオーディオでデジタル音源を扱うには通常DACと呼ばれるデジタル/アナログ変換機器と、DACからのアナログ出力をスピーカー出力するためのプリメインアンプとの2つが必要なのですが、最近はその2つを1つにまとめた製品も出てきています。

それが今回比較するDAC付きプリメインアンプです。

そりゃ本当はピュアなDACとピュアなプリメインアンプを両方そろえたいのが本音です。理想はDENONのUSB DAC付きSACDプレーヤーDCD-1650RE(15万円)と、同じくDENONのプリメインアンプPMA-2000RE(15万円)の組み合わせ!

…ですが、スペースの関係やお値段の関係でなかなか難しい。そんな僕やあなたには、まずはこのような製品が良いのではないのでしょうか(^_^)?

ちなみに入力のOptは光デジタル(Toslink)入力、Coxは同軸入力、LINEはアナログ入力のことです。DACの性能を表す192/24とか96/24についてはまた今度説明します。数字が高い方が高性能。

候補1 TEAC AI-501DA

実売7.5万円
色はシルバーもあります。
入力:USB1 Opt2 Cox1 LINE2
出力:68W+68W(4Ω)
DACチップ:バーブラウンPCM5102 192/24(USB)
その他:デザインカッコいい。アナログメーターとか。

これかなり欲しいです!出力、機能、値段がちょうど良い感じ。デザインも好き。

候補2 TEAC A-H01

実売3万円
色はシルバーもあります。
入力:USB1 Opt1 Cox1 LINE2
出力:40W+40W(4Ω)
DACチップ:バーブラウンPCM5102 192/24(USB)
その他:デザイン普通。小さいのは良し。

安いのが良いですね。とりあえずコレってのも全くアリですね。

候補3 ONKYO A-7VL

実売7.5万円
色はシルバーのみ。
入力:Opt1 Cox1 LINE4 Phono
出力:80W+80W(4Ω)
DACチップ:バーブラウンPCM1796×2 96/24(Opt)
その他:デザイン良し。サイズ大。

左右両チャンネルに独立したDACチップを使ってるところが良いです。が、USB入力が無いのは正直ちょっと厳しい。

候補4 ラステーム HDA-524

実売6.3万円
色はブラックもあります。
入力:USB1 Opt1 Cox1 LINE1
出力:50W+50W(4Ω)
DACチップ:不明 192/24(USB)
その他:デザイン微妙。ヘッドホン用DACはバーブラウンPCM5102。

イマイチよく知らないメーカーなのですが、一部で高評価を目にします。気になる存在です。一度試聴してみたいな。

候補5 NuForce DDA-100

実売5.9万円
色はブラックもあります。
入力:USB1 Opt2 Cox1
出力:75W+75W(4Ω)
DACチップ:なし。デジタルパワーアンプ 96/24(USB)
その他:デザイン良。

アナログ入力無しと割り切った設計。いわばピュアデジタルアンプ。出力も高いし、値段も安いので、今のところ本命か?

と、今現時点で気になっているが以上5つです。

スピーカーにはB&WのCM-5を使いたいと思っているので、出力は大きいにこしたことないんですよね。そうなるとAI-501DAかDDA-100かになってくるのでしょうか?一度CM-5との組み合わせで試聴してみたいのですが、そんなことできるお店ってあるのでしょうか?

まだまだ調査段階の日々です。ではまた!

0 件のコメント :

コメントを投稿