2017年5月29日月曜日

液体プラスチック接着剤でメガネを修理

紫外線をあてると硬化するという特殊な接着剤、その名も「BONDIC(ボンディック)」の存在を知り「これは未来だ!」と思い買って試してみました。結論的には、これは有能でした。


最初にジェル状の液体を塗りますが、この時点ではほとんど接着力がありません。その後、付属のライトを使って紫外線をあてると4秒ほどで硬化。カチっとします。BONDIC自身の接着力自体はさほどでもなく、どちらかと言うと硬いプラスチックでガードしているイメージ。必要に応じ2重3重と塗り重ねて強度を増すことが可能です。

光で硬化する接着剤は既に何年も前から歯科治療等で普通に使われていた技術だそうで、確かに思い当たるところがあります。

諦めていたメガネ修理に再トライ


お気に入りのメガネ修理に使ってみました。メガネのツルのような細い素材の接着には向かないと説明書にも書いてあったような気がしますので、過剰な期待は禁物。ですが、結果は大成功でした。

透明なのがいい感じ。素人感ありますが、たぶんそんな目立ちません

若干本末転倒ではありますが、ポイントは接着自体にはアロンアルファを使ったこと。BONDICは補強を目的としました。

と、言うのもこれまで何度もアロンアルファを使った修理を試みて失敗に終わった歴史があったからです。接着面が極端に少ないため、一時的にくっついてもすぐにポキっと…。断面をキレイに整えたり、24時間以上接着圧を加えたり(クリップで工夫したりして)しても無駄でした。そもそもが接着しにくい素材なのかも知れません。

ですが今回BONDICで接着箇所周りを厳重に補強したことで、ポキっといかない修理が可能となりました!実際修理後1週間以上常用していますが問題なしです\(^o^)/

塗って光りをあててを繰り返します
硬化した後に上塗りすることで強度が増す、というのが良いです。もちろんやればやるほど太く醜くなってはしまいますが、これまでに得られなかった強度を得られるのは大きい。ただしやりすぎると可動域に制約が出たり、それ故大きな力がかかって破断したりということは考えられます。僕は3重に塗り固めました。

どうでしょう。意外とわからないと思いませんか?

それよりむしろ父の生え際を気にする息子(^_^;)

オモチャ修理に活躍しそう



細かいパーツが折れたりしやすい子供のオモチャ修理にも活躍しそうです。アロンアルファだけでは心もとないとき、このBONDICで周りを補強すれば耐久性が上がります。

クランキーさんのフックがポッキリいってたのを接合。力を入れてももう折れません。

水にも強いので浮き輪の修理なんかにも使えるそうです。ウチのスライムタワーも修理できるかも。あと古くなって破れてきたiPhone充電ケーブルの修理なんかにも。アイディア次第では工作で使っても面白いかもですね。

そこまで無茶苦茶高く無いので、興味ある方は試してみてはいかがでしょうか?ではまた。

2017年5月22日月曜日

ストライダー第2回ホンダ青山GPで念願の1位ゲット!?

「Honda Racing 青山GP 第2回ストライダー大会」に参戦してきました。3月に開催された第1回に引き続いての参戦です。前回はレース本番を前に「眠たくなる」というコンディション不良(^_^;)もあり、ガッカリな結果となってしまいましたが、果たして今回はどうか!?

まず思ったのはレースの運営が前回より洗練されていて素晴らしかったこと。スタッフの皆様ありがとうございました。

・狭かったコース幅の改善(今回はループにして距離をかせいだ)
・滑りやすい路面への対処(ヘアピン部分にはマットをしいていた)
・待合いの改善(フロアを2階から1階に変更し、イスと机を用意)

などなど、細かいカイゼンがなされていて、その真摯さに心打たれました。第3回があればまた是非参戦したいです。

最近、妻を晒しすぎとのクレームもなんのその

まさかの予選敗退


前回同様、普段のエンジョイカップより人数も少なく、超速な子も少なめな今大会。練習を見る限りではうちの子にも勝算は十分にありました。が、レース本番まさかのアクシデントが…。動画で御覧ください。



結果4位で予選敗退→敗者復活戦行きとなりましたが、前回の青山GPと全く異なっているのがコケた後の一所懸命な走り!最下位から二人をパスしての4位まで追い上げたのですから、これはもう我が家史上ものすごい進歩です。頑張って走ってくれると、それだけで感動します。

ホントにもう前回とは全然違うんですから、興味ある方はこちら御覧ください(^_^;)
カモノハシ通信3: Hondaストライダー青山GPに参戦するも…

素晴らしかった敗者復活戦


敗者復活戦では上位2名に入れば準決勝に進むことができます。実力さえ出せればきっと勝てるはずと思って見ていたのですが…。結果は期待以上でした\(^o^)/

途中「負けないぞ―!」と言いながら走ってるのが面白いです(^_^;)。ヘッドマウントカメラ(ソニーのAS-50)だからこそ収録できた声ですね。



なんと、ストライダーレース史上初の一等賞!4人しかいない組の中での1番ではありますが、初めての勝利です。ゴール後の1番ポーズも決まってます(^_^;)。

途中コケそうな場面もどうにか耐えて、結果としては圧勝。上り坂をなかなか登らなかった(あれは単に機嫌が悪かっただけですが…)3月のレースとはもう雲泥の差です。素晴らしい!この調子なら準決勝突破も現実味があります。

敗者復活にまわると同じ準決勝進出でもストレートの人に比べて1回多く走れるので、ある意味お得ではありますよね(^_^)。

残念だった準決勝


というわけで久しぶりの準決勝進出です。今年は一度エンジョイカップの鴨川ステージで準決勝を走っていますが、あの時はもう全然レースになりませんでしたからね。果たして今回はどうか!?親としては「正直今回は決勝進出&表彰台も夢ではない!」と息巻いておりましたが(^_^;)

ストライダーの大会に初参戦した去年6月の大会から一貫してスタートダッシュだけは一流の息子なのですが、今回大事なレースでも見事に決めてくれました!結果はこちらご覧ください!



スタートダッシュを決めたところまでは最高だったのですが、坂でまさかの転倒。油断したのか何なのか、残念です。でもコケた後、ほどなくして立ち上がり懸命に追い上げた姿には本当に感動しました。ここに来てレースの意味、競争の意味をようやく理解してくれたようです。持ってるスピードからすれば、転倒さえ無ければ決勝進出できていたように思います。残念でしたが、次回に期待が持てるレースとなりました。

次はついに本家ストライダー・カップ!


次戦は大阪で6月に開催される本家本元ストライダー・カップです。5月27-28日にツインリンクもてぎで開催されるエンジョイカップには残念ながら都合で参戦出来ません。この勢いを持続させるためにも出られるなら出たかったのですが…。でもその翌週、ついに、年2回しか開催されないストライダー国内最大の大会であるストライダー・カップに出場することが叶います。(去年の東京ラウンドは参加申込みが遅れ出られなかったのです…。)

今回はエントリー開始時刻直後に速攻エントリー。その甲斐あって、なんと背番号14をゲット!このブログのURLや車のナンバーにも使っている僕の最も好きな番号を偶然にもゲットできました。トータル900名ものエントリーの中で14番をゲットできるだなんて、奇跡的な幸運です。これはきっと何か良いことが起こるはず(^_^)。

ストライダー・カップでは自作ゼッケンも可ということで作ってます

ストライダー・カップに向けて、剥がれかけていたSTRIDERデカールの刷新などマシンのチューニング(笑)も進んでおります。場所は僕の実家から目と鼻の先にある万博記念公園。当日が楽しみです。ではまた!

<過去のストライダー参戦記録>
カモノハシ通信3: ストライダー大会で人生初の熱いバトル!コールマンの赤いワゴン
カモノハシ通信3: Hondaストライダー青山GPに参戦するも…
カモノハシ通信3: ストライダー大会!敗者復活戦の結果は…
カモノハシ通信3: ストライダーのハンドルをカスタマイズ!
カモノハシ通信3: ストライダーカップ会場でたっぷり練習してきた!
カモノハシ通信3: ストライダーのタイムアタック大会でまさかの表彰台!?
カモノハシ通信3: ストライダーエンジョイカップ海遊館2016
カモノハシ通信3: 3歳になって初のストライダー大会参戦!
カモノハシ通信3: 雄叫びで駆け抜けたストライダー準決勝
カモノハシ通信3: ストライダーカップ出場!またまた奇跡の予選通過
カモノハシ通信3: ストライダー大会 準々決勝
カモノハシ通信3: ストライダー大会初参戦!奇跡の予選突破

2017年5月8日月曜日

COOL JAPAN的にはドライブヘッドよりシンカリオンでは?

4月の放送開始以来、うちの息子がとにかくドハマリしているのがトミカ・ハイパーレスキュー・ドライブヘッド。おもちゃも良くできていて、アニメと全く同じに変形させて楽しむことができます。ただし若干難しいので、3歳児が1人で変形させるのはかなり困難かと。

このロボットが…

車に変形します!

こちら変形の様子を動画にしてます。前もブログに載せましたが(^_^;)



一方、こちらも息子ちゃんお気に入りのシンカリオンというロボもあります。これはなんとプラレールの新幹線がロボに変形するというもの。変形のインパクトではこちらの方が上です。

これらのロボットが…

レールの上を走ることもできるプラレールに変形!

こちら僕が公開している変形の動画です。今では息子ちゃん(3歳)も1人で変形できますよ。



トミカ的にはドライブヘッド推し?


ドライブヘッドとシンカリオン、いずれも販促DVDやYouTube上で大々的にマーケティングしてきたトミカさんですが、アニメ化されたのはドライブヘッドでした。新幹線がモデルだと権利関係が難しかったのでしょうか?

個人的な意見としてはシンカリオンの方が変形の驚きもありますし、何と言っても「日本が誇る新幹線」と「日本が誇るアニメーション」の合体は価値があります。COOL JAPANとして外国の方からよりウケるのはシンカリオンだったでしょう。

ドライブヘッドはどうしてもトランスフォーマーとかぶってしまいますし…。

シンカリオンも続々新商品が出ています


トミカさんもシンカリオンを忘れているわけではなく、先日も新しいシンカリオン・つばめが登場しました。YouTube上のアニメも今まで以上に気合が入っています。ハッキリ言ってすごいクオリティです。これを見せれば中国に新幹線コンペを持っていかれることは無かったと言っても過言ではないでしょう(^_^;)。

例えばこちらです。九州新幹線だけに「九州の平和を守れ!」と言ってるのが面白い(^_^;)




いやまあそれにしても、この日本の技術力というものはすごいですよね。子供のおもちゃをこのクオリティで、3,000円ほどで販売してくれるのですから。すごいです。ではまた!

2017年5月5日金曜日

こどもの日・頑張ったご褒美

5月5日はこどもの日。こどもの日といえばちまきです。「ちまき」と言うと細長い円錐形の白いもちが笹の葉にくるまったものを連想する関西人の私ですが、関東人のハーマイオニーさん(奥様=魔女)はその存在を知らなかったそうです。面白いものですね。柏餅も桜餅も関東と関西では別物ですし。

うちの息子ちゃんもここまで無事に成長し、3歳になりました。僕のために昔用意された五月人形を今は僕の息子のために飾っています。スペースがないので鎧兜だけですが。

手袋はたまたまストライダー用にしていたものです(^_^;)
これからもたくましく、男らしく元気に成長していってもらいたいものです。

壁を登ったごほうびです


先日ドライブヘッドというおもちゃを購入したのには理由があると書いたのですが、それがこれです。公園にあるプチ・ボルタリングみたいな壁登りを見事登りきったことへのごほうびとして買い与えていたのでした\(^o^)/


一度登ろうとして失敗しても、その後諦めずにトライしたのが偉いと思ったからです。



この日以来、足を何かにひっかけて登るという行為を確実にものにしました。金網を登ったり、石垣を登ったりできるようになったからです。

成長するということは行動範囲が広がるということで、それは危険の増加に直結します。大人しく成長するのと元気いっぱいに成長するのと果たしてどちらが本当に子のベネフィットになるのかは若干議論の余地がありますが、僕個人としては元気いっぱいに成長してほしいと願っています。願わくば危険を回避できるだけのスキルを身につけていってほしいものです。

リスクを避ける生き方もあるし、リスクを取りに行く行き方もあります。

子育てに正解があるのかわかりませんし、人間何が幸せかなんてのもわかりません。なのでたまに深く考え込んでしまうこともあります。例えば「誠実に生きることは幸せなのか?」とか。誠実であろうとすればするほど辛いことも多いでしょうし、逆に自分勝手に生きられるならそれはそれで幸せでしょう。あと、いじめっ子といじめられっ子はどちらが幸せなのか?とかね。

正解はわかりませんし迷うこともありますが、それでも我々には確固としたポリシー、立ち返るべきプリンシパル(原理原則)があります。そして、それこそが息子の名前に込めた思いです。ブログでは一応息子の名前を出してないので、ここでは書けませんが(^_^;)。

こどもの成長を考えるこどもの日でありました。ではまた。

2017年5月4日木曜日

原鉄道模型博物館でのトーマス展示は5月15日まで

横浜駅から徒歩5分ほどの距離にある原鉄道模型博物館。そこで特別にきかんしゃトーマスの展示がされていると知って行ってきました。トーマス好きの子供がいるなら行って損はないと思いますよ。

入り口では実物大?トップハム・ハット卿がお出迎え。フォトスポットになっています。



そうそう館内はほとんど撮影可でした。光量足りない場所が多いのでできれば暗さに強いデジタルカメラを持っていくと、良い写真が撮れるかもしれません。当記事の写真はすべてiPhone 7 Plusで撮影したものです。ある程度は撮れました。

メインは鉄道模型の展示と巨大ジオラマでの走行。数々の鉄道模型が系統ごとにグループ分けされて展示されているのは圧巻ですが幼児連れではゆっくり見ることは叶いません(^_^;)。

左はエミリーのモデルとなった実際の蒸気機関車。真ん中はトーマス!

中でも多くの子供が喜んでいたのが、トーマス・プラレールのコーナー。おそらく期間中のみの展示でしょうが、けっこう力入っていましたよ。各車両にさまざまな装飾が施されているのがポイントです。最新の映画にでてくるグレート・レールウェイ・ショーのペインティング部門を彷彿とさせます。


プラレールは見るだけではなく、自由にレールを組んで走らせる事のできるスペースも用意されていました。当然そこでは子供どうしのプラレール車両の奪い合い?が発生しており、独特の緊張感のある場となっております(^_^;)。

最大の見所は巨大なジオラマとそこを入る鉄道模型たち。ジオラマは細かいところまで気を使って作られていて、建物の中の様子やパン屋さんで売ってるパンの種類までわかるようにできていました。すごいです。幼児連れなのでゆっくり見ることはできませんでしたが、細かく見ていくと数多くの発見ができて面白いことでしょう。小学生ならかなりじっくり楽しめるのかな?

トーマスもいます

朝昼夜と情景が変化します。夜はこんな感じ。iPhoneのカメラ性能の限界を試してみました(^_^;)(Adobe LightroomアプリでのHDR撮影です)

敬礼ポーズの息子。実際はこんなに明るくないから逆にリアルではないという(^_^;)

館内の写真をSNSにアップして受付で見せるとプレゼントもらえます


スタンプラリーとは別にSNSに写真をアップしたものを見せるともらえるのが、トーマスのペーパークラフトです。作るのは意外と大変でした。3歳児にはたぶん不可能なので、親が作ることになりますよ。木工用ボンドと爪楊枝、ピンセットは用意しておきたいところレベルです(^_^;)。

家族総出で作成中(^_^;)
1時間位かかって完成!奥のプラレールゴードンとくらべても大きいくらいのサイズ

ペーパークラフトなので激しい遊びには不向き。飾って楽しみたいところですが、果たしてそれが叶うかは不明です(^_^;)。さっそくプラレールにくっつけて走らせたりしてました…。

トーマス展示は5/15まで、JAF優待も使えるよ


トーマス関連の展示は5月15日までとのことですので、行きたい方はお早めに。この機会を逃しても、たびたびトーマス企画はやってるそうなのでHP等要チェックです。

なお入場料にはJAF優待が使えるそうなので、メンバーの方は忘れず提示しましょう。最近はJAFカードアプリもありますし。ちなみに僕は忘れてました…。3人だと500円くらい違います。

トーマス以外にも横浜のジオラマなんかも見ていて楽しいですし、鉄道好きのお子様をお持ちのご家族はぜひ行ってみることをオススメします。ではまた!

2017年5月3日水曜日

ストライダー大会で人生初の熱いバトル!コールマンの赤いワゴン

ストライダーエンジョイカップ2017としまえんステージに参戦してきました。3歳児クラスは人数が多くて毎度激戦です。



これまで幾多のストライダー大会に参戦し、たまに予選突破することもありましたが、レース本番を本気で走りきったことは実はありませんでした。途中で止まって振り返ってみたり、どこかにぶつかってみたり…。競争することの意味もよくわかっていないようで、口では「一等賞になる~」とか言っていても、本気で一等賞を目指したことは皆無。負けて悔しがることもありませんでした。

しかし!今回のレースでは初めて本気の走りで熱いバトルを繰り広げてくれました。一生懸命走る姿にはやはり感動します。感動できて嬉しかったです(^_^;)。

ちなみに予選はボロボロ。途中で立ち止まったり、わざとぶつかって転んだり…。毎度「あーまたか」と思うこのガッカリ感…。ちなみに今回は前回までの反省を踏まえて、レース前の練習走行を控えさせたり、本番で眠たくならないように工夫したりしてたのですが…。

そして敗者復活戦、上位2名までが復活して準決勝に進めます。ちなみに前回の鴨川ステージでは見事敗者復活戦から準決勝に進みました。

今度は一転して本気で周りのお友達に勝とうとする姿が!ちょうど良いレベルで競える相手がいたのが大きかったのか、熱いバトルを繰り広げてくれました(^_^;)。

果たして結果やいかに!?動画で御覧ください。



と、残念ながら3位敗退。相手の子の奇跡的とも言える絶妙なブロックに阻まれて抜くことができませんでした。しかしその結果より、勝利を目指して一生懸命走ってくれたことに感動しました。走り終わって悔しがって泣くなんて、今までではあり得ないことだったんですから。

今回からコールマンのアウトドアワゴンを導入


荷物運搬用にコールマンのワゴンを買ってみました。ストライダー大会の会場に行くとわかりますが、とにかくこの赤いワゴンが大人気。至る所で目につきます。買ってみてわかりましたが、確かにこれは便利です。





こんな感じで荷物+息子を載せて運ぶことができます。かなり頑丈で最大100Kgまで載せられるそうです。簡単に折りたたむこともできます。マンションの駐車場から家まで荷物を運ぶ際にも便利です。

次回のストライダー大会は5月20日の第2回Honda Racing CUPです。前回と同じく青山の本田技研本社前で開催されます。リベンジなるか?その後は大阪での本家本元ストライダーカップです。

今回みたいに一生懸命走ってくれるものと思います。ではまた!

<過去のストライダー参戦記録>
カモノハシ通信3: Hondaストライダー青山GPに参戦するも…
カモノハシ通信3: ストライダー大会!敗者復活戦の結果は…
カモノハシ通信3: ストライダーカップ会場でたっぷり練習してきた!
カモノハシ通信3: ストライダーのタイムアタック大会でまさかの表彰台!?
カモノハシ通信3: ストライダーエンジョイカップ海遊館2016
カモノハシ通信3: 3歳になって初のストライダー大会参戦!
カモノハシ通信3: ストライダーカップ出場!またまた奇跡の予選通過
カモノハシ通信3: ストライダー大会 準々決勝
カモノハシ通信3: ストライダー大会初参戦!奇跡の予選突破