2016年10月25日火曜日

楽天カードでApple Pay

いよいよ始まった日本版Apple Pay。iOSをアップデートして使ってみました。

普段使いしている楽天カード(JCB)を登録すると、自動的にQuick Pay用に設定されました。Apple Payではクレジットタイプの電子マネーとしてiDとQuick Payの2種類が利用できるのですが、おそらくJCBブランドのクレジットカードの場合、勝手にQuick Pay化される仕様のようです。



早速、朝、職場の自動販売機でQuick Payとして使ってみました。人生初Quick Payでしたが音がいまいちダサいですね(^_^;)。爽やかさに欠けるというか…。ともあれ無事購入できました。

おサイフケータイのように端末の前面または背面を平面的にベタっとくっつけるのではなく(それだと反応しなかった)、iPhone上部をスッと近づけると認識。反応速度はかなり速いです。

楽天カードを使って支払いしていることになるため、買い物時にたまる楽天ポイントも普通にゲットできます。クレジットカードを使って支払っているのと全く同じ形です。これだけでも現金に比べて優れてますよね。クレジットの明細は楽天カードのiPhoneアプリからすぐに確認できます。

Apple Payとして利用するクレジットカードには、ポイントの溜まりが良いカード、ポイントの使い勝手が良いカードをチョイスするのが良いでしょう。楽天カードは有力な選択肢の一つとなるはずです。

その他iD、Suicaも登録してみたので続きは後ほど。ではまた!

続き書きました!
カモノハシ通信3: Apple Payのメリット・デメリットそしてキャンペーン

0 件のコメント :

コメントを投稿