2016年10月30日日曜日

iPhone 7 Plus修理の顛末。Apple Payは初期化されます

画面にヒビが入ってしまった、買ったばかりのiPhone 7 Plus ジェットブラック。このまま使い続けるわけにはいきません。

こちらからの続きです。
カモノハシ通信3: iPhone 7 Plusが割れた!

以下、経緯をつらつら書きますが、修理方法の正解について結論だけ知りたい人は下の方までスクロールしていただいて「銀座Apple Storeの完璧なソリューション」からご覧ください。Apple Payの復元についても書いてます。

正規修理センターを予約するも…


まず最初にApple正規代理店の修理センターを予約。今までiPhoneが故障したときは有楽町ビックカメラのApple修理センターに行って、即日交換してもらっていましたから。今回は(職場が変わったので)池袋のとある修理センターを予約したのですが、前日ふと気になってお店に電話。

即日修理は可能ですか?

答えはノー。

まずiPhone 7 Plus ジェットブラックの在庫が無いということ。また「画面だけ交換」となった場合は結局Appleの工場?に配送しての修理となるので時間がかかる→なのでApple Storeに持っていった方がいいですよ、と親切なアドバイスまで。ありがたい(^_^;)。

Appleサポートに電話するも…


ならばと次はAppleサポートに電話。とりあえず一度正式な対応を聞いてみたかったので。親切にいろいろお話いただいたのですが、結論的にはこのサポートはイマイチでした。

・配送修理でも、本体在庫が無いとどのくらい時間がかかるか分からない。在庫が無い可能性は高い。

・Apple Storeに持っていっても、本体在庫が無いと結局は時間がかかる。在庫が無い可能性は高い。

・(Apple Care+に入ってるので)エクスプレス配送サービスが使えるが、本体在庫が無いと結局は時間がかかる。在庫がない可能性は高い。
※エクスプレス配送とは先に交換用の新品の本体を自宅に届けてくれるサービス。

とのこと。別色での代替機、とかそういうのは非対応。店舗の在庫を調べることも不可。

今から思うと、画面のヒビなんだから「画面のガラス交換」となった場合に即時修理は可能なのか?もしくはどのくらい時間がかかるのかが知りたかったのに、その辺は教えてもらえませんでした。(聞けなかった僕もアホ)

ちなみに電話したのはApple Pay開始初日だったのですが「仮に修理に出して数週間手元にiPhoneがなくなった場合に備え、iPhoneに設定済みのSuica定期券を一時的に別に移すことはできますか?」という質問に対しては、答えが得られませんでした。まぁ初日だから仕方ないと諦めましたが、高品質イメージのAppleサポートにしては珍しくちょっとお粗末だったかな?正解は「一度設定したSuica定期券をiPhone 7以外に移すのは不可能」です。

結局電話サポートさんに対しては「しばらく様子見します」としました。

と、言いつつダメ元でとにかく一度Apple Storeに行ってみようと思い銀座Apple StoreのGenius Barを予約しました、自分で(^_^;)。

銀座のApple Storeへ


今日(土曜日)ですが銀座へ行ってきました。ハーマイオニーさん(奥様=魔女)が出勤日だったので、息子と2人で電車で行ったのですが、品川をすぎたところで息子がまさかの爆睡体制に(^_^;)。昼寝の時間帯だったのである程度は予測してましたが…。そのままずっと、銀座のApple Storeで受付してもらってる間まで寝てました(^_^;)。今日Apple Storeで待ってる間ずっと幼児を抱っこしていたのは私です。

途中イスが空くまでは立ってました。
同じ境遇の人いたらイスを譲ってあげようと心に誓いました(^_^;)

予約時間の20分前に到着して予約時間の20分後に受付が開始。週末が混雑してるのはいつものことですが、今日はちょっとキツかった(^_^;)

銀座Apple Storeの完璧なソリューション


現場のお兄さんはさすがに経験豊富。答えは非常に明快でした。基本的に選択肢は

画面のガラス交換(3,500円)

のみ。そして2時間ほど時間はかかるが即日修理が可能

ただし本体空けてみてガラス交換だけでは修理不能と判断した場合は自動で本体交換に移行。選択の余地は無し。その場合、店舗に在庫が無ければ取り寄せとなり時間がかかる。(とりあえず在庫は無いと言われた)

今回の僕の端末は見るからに画面のヒビだけが問題であり、その状態で数日使っていて機能的には何の問題も無かったので、きっとガラス交換だけでいけると自己判断。そこは店員さんも「いけます」とは絶対に断言できないところなので…。

結果…、まさかのアウト!

なんと修理に入る前の端末チェックで異常が出てしまいました。が!それはどうも画面のヒビもしくはその原因となった落下には関係のない要素だったらしく…。僕にもよく分からないのですが、その場の判断で本体交換(ただし費用はゴニョゴニョ)で対応していただけることに。

となると問題は店頭在庫です。

「Apple PayにSuica定期券入ってるから、もし本体無くなったらダメージ大きいんですよ…」と物憂げにお伝え済みだったのが功を奏したのか、息子を抱っこしていたのが同情を誘ったのか(^_^;)、「なんとか探してみます!」と走り出すGeniusお兄さん。

結果…、奇跡的に?一つだけ在庫確保してくれました!iPhone 7 Plus 128GB ジェットブラック!

お店に1つだけだったとか言ってましたが(本当かどうかは分かりませんけどね)、最初のタイミングで在庫なしと言っていたことから察するに、店舗には緊急用の在庫とかあるのかも。わからないですが融通してくれたお店と店員さんに感謝です。

バックアップから復元。Apple Payは…


仕事終わりのハーマイオニーさんと合流し京橋で晩御飯食べて帰宅後、今朝とっておいたバックアップ(暗号化済み)を使ってiPhoneを復元しました。

Apple Payに関しては以下の通り。

・登録済みクレジットカードは復元されず(全てイチから手で再登録する必要があった)

・Suicaはクラウドからの再登録が可能

Apple Storeで修理に出す際は必ずiPhoneを初期化する必要がありますが、その前に店員さんからの指示で「Suicaは削除してください。削除すると自動でクラウドにバックアップされますから」と言われ削除済みだったSuica。確かにすぐに復元できました。復元の際はSuicaアプリではなく、WalletからSuicaを追加しようとするのがカギ。

自動でこの画面出てきました

クレジットカードについては若干面倒ですね。バックアップしてくれればいいのに(色々難しいのでしょうね)。

画面割れ修理について


昨今1万円くらいで画面割れ修理をしてくれるショップが多数ありますが、品質については千差万別らしいです。純正のガラスはゴリラガラスという超絶高性能なもの。コスト面から考えて、街のショップの交換品がその品質レベルにある可能性は低いのではないかと想像します。気をつけましょう。Apple Care+への加入をおすすめします。

ちなみにそんな超高性能で超硬いゴリラガラスの上に、それより弱い保護フィルムやらガラスを貼るのは愚の骨頂だと個人的には思います。(傷がついたら剥がせばいいじゃん、ってのはわかりますが…)

そんなわけで無事に復活した僕のiPhone。今後ケースなしで持つのは諦めて、CAZEのバンパーケース(iPhone 6s用ですが、他に気に入るバンパーがない)をつけて本体を保護したいと思います。保護フィルムは貼らないけど(^_^;)。ではまた!

最近はこの手のケース付けてる人も多いですね

2016年10月28日金曜日

ポートレートモード・まさかの容量無駄遣い

iPhone関連の小ネタを2つ。1つは先日のiOS10.1から解禁されたカメラのポートレート機能(ベータ版)。iPhone 7 Plusだけの新機能です。

これを使うとまるで一眼レフカメラで絞りをあけて撮影したかのような背景ボケボケ写真を手軽に撮影することができるとのこと。試してみるとこんな感じ。

いずれも左がノーマル、右がポートレート撮影です。




iPhone 7 Plusの特徴である背面のダブルカメラを駆使してうまいこと撮影している&ソフトウェア的に画像補正しているようですが、たしかにそれっぽく撮れています。ベータ版ということで今後改良される可能性が高いですが、現状ではまだちょっと不自然感が残る仕上がりかな?上の写真の「瓶からすけて見える後ろのトランポリン」のところまで不自然にボケてるのはなかなか興味深いところです。どういうロジックなんだろう?

でもこれ、実際問題は非常に重宝しそう(^_^;)。お手軽に雰囲気のある写真が撮れるので、今後息子の撮影にも多用しそうです。

画角は2倍ズームを使ったときと同一になります。つまり上の比較写真の左側は通常の光学2倍ズームで撮影した写真です。被写体と近いときには向かない機能となります。

まさかのデータ容量無駄遣い


今回のiPhoneからデータプランはauの20GBにしました。最近は家の中の無線LANよりもLTEの方が速いくらいですし、出先でより気軽に、そして快適に動画が見られるのなら非常に価値があると思ったからです。

なので油断していたのですが、気づけばこんなです(^_^;)。まさかの残り0.6GB。



決して動画を見まくったわけではなく(たしかに息子にけっこうYouTubeを見せたりもしましたが…)、原因はダントツでコレです。Googleフォト


なんとGoogleフォトだけで10GB以上もモバイルデータ通信を使ってるじゃないですか!写真管理のメインであるFlickStackrでも344MBなのに、以上に多すぎます。

その理由はこちら。まさかの動画バックアップONになっていました…。自分でそう設定した覚えは無いし以前はそうなってなかったので、いったいいつそうなったのか…。


先日のストライダー大会をはじめ大阪でたくさん撮影した動画(ヘルメットカメラで撮影した長めの動画たちもiPhoneに取り込んでいた)が、知らぬ間に、ずーっとアップロードされていたようです(^_^;)。

もちろん普段なら無線LANのある状態でしかアップロードさせません。

データ容量管理でこの辺は大きな落とし穴になり得ますので、皆様も是非お気をつけください。それではまた!

2016年10月27日木曜日

ストライダーエンジョイカップ海遊館2016

2016年10月23日に大阪で開催されたストライダーエンジョイカップ海遊館ハロウィンステージに参戦してきました!この日の3歳児クラスで関東からの参加は2名のみ。神奈川からは息子ちゃんだけでした。コテコテの関西人キッズたちを相手にアーバンでソフィスティケイテッドでハイセンスな都会っ子??のうちの息子ちゃんは果たして太刀打ち出来たのでしょうか!?

©allsports.jp


当日は「ハロウィン・ステージ」ということでほとんどの皆さんが仮装で参加。現場で500円でフェイスペイント&貸衣装をやってたので、うちはそれを利用。フェイスペイントは思ったより本格的で、出来上がりも大変美しく&可愛らしく大満足\(^o^)/。息子ちゃんは意外と嫌がりませんでした。



今回は僕と息子ちゃんの2人で大阪の実家に遠征。当日は大阪のおばあちゃんと自称カッコイイおじちゃん(僕の弟)も応援に来てくれました。



レースの方ですが3歳になって間がない息子ちゃんには大変厳しいものでした。以前に比べると随分と早く走れるようになってはいるのですが、まだまだ上には上がいます。

予選と敗者復活戦の様子をいつものように動画にまとめました。よろしければご覧ください!それにしてもヘルメットにカメラつけてるのは毎回僕らくらいです(^_^;)。



レースの結果は残念でしたが、非常に楽しい1日でした。走りの方も少しずつ競争の意味がわかってきているようですし、今後さらに走り方を改善し、コース取りもできるようになってくれば、きっともっと上位に食い込めるはず!今後もあきらめずにストライダーレースに参戦していきますよ〜!

満足げな笑顔(^_^;) iPhone 7 Plusになってインカメラの画質が向上してますね

ではまた、どこかのストライダー大会でお会いしましょう!ヘルメットにカメラが付いてたらたぶん僕らです(^_^;)。次回は今のところ未定です。(11月のストライダーカップ東京大会は参加ならず…。バンプコースを走りに遊びに行く可能性はあり)

■過去記事■
カモノハシ通信3: 3歳になって初のストライダー大会参戦!
カモノハシ通信3: ストライダーカップ出場!またまた奇跡の予選通過
カモノハシ通信3: ストライダー大会初参戦!奇跡の予選突破
カモノハシ通信3: ストライダー大会 準々決勝

2016年10月26日水曜日

Apple Payのメリット・デメリットそしてキャンペーン

Apple Pay開始に合わせてJCBや三井住友カードがキャッシュバックキャンペーンを始めました。いずれも所定のカード(JCBや三井住友カードが主体的に発行会社となっているカードに限られる)をApple Payに登録することで最大5,000円のキャッシュバックがもらえるようです。

そこで最近使ってなかった三井住友カードをあわてて登録(^_^;)。登録するだけではダメでキャンペーンにエントリーしないといけない&先着5万名ということですので、まだの人は急ぎましょう!なおVpassに登録&ログインしないとエントリーできません。

先着5万名 Apple Payの「iD」でのご利用を5,000円まで負担!|クレジットカードの三井住友VISAカード

しかも三井住友発行のカードなら複数枚エントリーできるらしいので、三井住友発行のコーポレートカードであるJR東海のエクスプレスカードもApple Payに登録しようとしましたが、こちらはApple Pay非対応のようで登録できませんでした。残念。もし対象となるカードを複数枚持ってる人はそれぞれVpassでログインしてキャンペーンエントリーすると相当お得なことになりますよ。

ちなみにJCB発行のJCBカードは所持してませんでした。残念。JCBの方はキャンペーンエントリー不要だそうです。良心的ですね。

あと僕はセゾンのカード(Softbankカード)があったので、こちらも登録して777円キャッシュバックキャンペーンの恩恵も受ける予定です。

キャンペーン│セゾンカード・UCカードとApple Payという新しい支払い方。永久不滅ポイントが貯まります。

Apple Payのメリット・デメリット


そんなわけで複数のクレジットカードを登録できるのがApple Pay最大のメリットです。お店や場面、キャンペーン等に合わせてそのときどきで使いたいクレジットカードを選択して利用することができます。



Androidおサイフケータイの場合、iDならコレ、QuickPayならコレと1種類のクレジットカードでしか登録できなかったので、そこが違いです。

しかし逆にAndroidおサイフケータイは1種類しか登録ができない故に、カード選択が不要。さらにiDでもQuickPayでも、それらをわざわざ選び直して使う手間がありません。

Apple Payの場合、例えば1つのiDをメインカードに設定している状態で、QuickPayを使う場合は、いちいちWalletアプリの画面でクレジットカードをQuickPayのものに切り替え操作が必要です。例えお店のレジ側でQuickPay支払いを選択していたとしても。


メリットデメリット
Apple Pay複数のカードを切り替えて使える利用する電子マネーを切り替える場合は操作が必要
※ただしSuicaは別格
おサイフケータイ利用する電子マネーを明示的に切り替えなくても自動判別してくれる複数カードを登録できない

デフォルトで利用する設定(メインカードに設定)しておけば、Walletアプリを開くことなく、そのカードが利用されます。メインカード以外を使いたい場合はWalletアプリから切り替えが必要です。

ドラッグして一番表面にもってくると、そのカードがメインカードになります


ただしSuicaは別格


Apple PayにおいてSuicaは別格です。クレジットカード登録のメインカードに関係なく、Suicaはいつでも使えます。メインカードに(例えば)三井住友のiDを設定していても問題ありません。

クレジットカード(iD、QuickPay)が利用時に指紋認証が必要なのに対し、Suicaはそれすらもいりません。完全に特別扱いです。これはもちろん電車の改札をスムーズに通すための策ということでしょう。

もちろんApple Payのメリットである複数カード登録、つまり複数枚のSuicaを登録して使い分けることも可能ですが、その場合は「Suicaの中でどれを優先して使うか」という意味でのエクスプレス設定なるものがあるようです。Suica1枚登録なら気にする必要ありませんが、複数枚ならエクスプレス設定されたSuicaがノー切り替え、ノー指紋認証で使えるSuicaということになります。

今後もキャンペーンに期待


Apple Payが開始された今こそカード会社にとって囲い込みの最大のチャンス。今後も他の発行会社がキャンペーンを仕掛けてくる可能性は多いのあるので、見逃さないよう注視していきましょう!楽天カードあたり何かしてくれないものだろうか…。

ではまた!

今年一番悲しかったことと嬉しかったこと

iPhoneがSuica対応したことは嬉しかったですし、買ったばかりのiPhoneを落として画面にヒビが入ったことは悲しかったことですが、それではありません(^_^;)。

今年一番悲しかったことは、アイドル猫はっちゃんが亡くなったことです。10年ほど前から毎日更新される写真家八二一(はにはじめ)さん達のブログ「はっちゃん日記」を欠かさず見ていた僕にとってはショックな出来事でした。

今までありがとう、はっちゃん

そして嬉しかったことは、その後八二一さんのところに可愛い子猫がやってきたことです。はっちゃんが亡くなってからかなりの間、ブログに悲しみの文章を載せていたおかんさんが、いったんは新しい猫を飼うことを断念しながらも、それでも縁があって別の子猫の里親になったことは本当に嬉しいことでした。しかもその子猫ははっちゃんソックリの可愛い白黒猫!ウルっときちゃいました(^_^;)。

「はっちゃん日記」はその後もずっと更新が続けられていて、今はそのはっちゃんソックリの子猫きゅうちゃんの写真が掲載されています。毎回必ず同じようなポーズをとっているはっちゃん師匠の写真(過去の写真)も加えられていて、本当に何と言うか、心打たれます。

はっちゃん日記 シャイボーイきゅうちゃん

おかんさんが、ブログ読者さんたちの温かいコメントを得て、また前を向いて進んでいこうとしている様子も含め、はっちゃん日記をずっと見てきて良かったと思えます。

このことで感じたのは、猫を失った悲しみは猫で癒やすのが良いのではないかということ。それが必ずしも正しいのかは知りませんが、やはり勇気を持って新しい猫との生活を始めることが、最大の癒やしであり、亡くなった最愛の猫にとっても喜ばしいことなのではないかと想像します。亡くなった猫だって、飼い主がずっと悲しい顔をしていることを望みはしないでしょう。

ハーマイオニーさん(奥様=魔女)のご実家は今年、4年ぶりにまた新しい可愛い猫ちゃんを飼い始めました。以前のちゃーちゃんも可愛かったです。

ちゃーちゃん

うちの実家猫ネオもはっちゃんと1つ違いくらいですし、いつの間にやら結構なお年です。いつその時が来るのかは誰にも分かりません。最近ようやくうちの息子ちゃんとも接することができるようになってきたので(まだ敵対関係ではありますが(^_^;))あと10年くらいは元気でいてほしいものですが(^_^;)。

この写真も、8年前…

世界中の猫達が幸せであることを願います。ではまた。

2016年10月25日火曜日

楽天カードでApple Pay

いよいよ始まった日本版Apple Pay。iOSをアップデートして使ってみました。

普段使いしている楽天カード(JCB)を登録すると、自動的にQuick Pay用に設定されました。Apple Payではクレジットタイプの電子マネーとしてiDとQuick Payの2種類が利用できるのですが、おそらくJCBブランドのクレジットカードの場合、勝手にQuick Pay化される仕様のようです。



早速、朝、職場の自動販売機でQuick Payとして使ってみました。人生初Quick Payでしたが音がいまいちダサいですね(^_^;)。爽やかさに欠けるというか…。ともあれ無事購入できました。

おサイフケータイのように端末の前面または背面を平面的にベタっとくっつけるのではなく(それだと反応しなかった)、iPhone上部をスッと近づけると認識。反応速度はかなり速いです。

楽天カードを使って支払いしていることになるため、買い物時にたまる楽天ポイントも普通にゲットできます。クレジットカードを使って支払っているのと全く同じ形です。これだけでも現金に比べて優れてますよね。クレジットの明細は楽天カードのiPhoneアプリからすぐに確認できます。

Apple Payとして利用するクレジットカードには、ポイントの溜まりが良いカード、ポイントの使い勝手が良いカードをチョイスするのが良いでしょう。楽天カードは有力な選択肢の一つとなるはずです。

その他iD、Suicaも登録してみたので続きは後ほど。ではまた!

続き書きました!
カモノハシ通信3: Apple Payのメリット・デメリットそしてキャンペーン

2016年10月23日日曜日

iPhone 7 Plusが割れた!

先日入手したばかりのiPhone 7 Plus、ジェットブラック。なんと画面割っちゃいました(^_^;)。

2箇所にヒビが!

海遊館前の広場のコンクリの階段で座って休憩しているとき、かかってきた電話に出るために座ったままポケットから取り出す際あやまってポトリ。距離にして20cm程の距離を落下してコツン。たったそれだけでヒビが!相当打ちどころが悪かったのか、運がない…。

ジェットブラックとiPhoneの美しさを最大限活かすためケースなし(バンカーリングのみ)で使っていたのですが、それがアダとなりました…。

でも大丈夫!Apple Care+に入ってるから!


入っててよかったApple Care+。今回のiPhone 7から内容がアップデートされ、画面のヒビ割れなら3,400円(税別)で修理可能です。以前は問答無用で1万円ちょっとだったので、内容改訂され大変助かります。(もしかして割れやすくなったから、それに対応したのかも…、なんてことはないと思いますが…)

配送修理だと修理期間中の代替品がもらえないようなので、正規プロバイダー修理さんに持っていくことに。渋谷ヒカリエのキタムラを予約しました。その場修理または交換、最悪代替機があれば良いのですが…。

そんなわけで皆さん、iPhone買うならApple Careは必須ですよ!あと今後はバンパーケース装着します。修理完了したらまたご報告します。ではまた!

2016年10月11日火曜日

iPhons 7 Plusのケースとステレオスピーカー問題

iPhoneが7になってようやくステレオスピーカーを装備。音量もずいぶんあがったし、お風呂でも使えるようになったことからiPhone単体で音楽を鳴らす機会が増えました。

しかしここで問題が。僕のお気に入りのiPhoneケースが、ステレオスピーカーに対応してないのです。(いや実は問題なかったのですが、最初そう思い込んでいたのです。)

僕のお気に入りケースはCAZE社のThinEdge Frame。いわゆるバンパー。ところがまだ7 Plus用にアップデートされておらず、現時点で買えるのは6s Plus用。7 Plusと6s Plusはサイズが全く同じなので、流用することは可能。しかし

ステレオスピーカー用の穴が空いてない!

なので、古いケースだとせっかく新設されたスピーカー穴を塞いでしまって性能半減してしまう!嫌だ!と、そういうわけです。

しかしこれは杞憂でした。僕が7 Plusになってスピーカーが新設されたと思っていた箇所は、実はスピーカーではありませんでした!



新しいiPhoneになって、下面左右にスピーカーらしき穴が空いていたので、てっきり向かって左側もスピーカーだと思ってたんですが、違います。耳を近づけても音は鳴っていませんでした。

Appleにもこんな絵がありました。たしかに下面左側はスピーカーと書いてない。

じゃあこの穴は何かというと、どうも内部の気圧を調整するベンド穴のようです。防水になったから必要なんですね。海外のiPhone分解屋さんがそう紹介していました。

旧6s Plus用ケースでも幸いイヤホンジャック用の穴が空いてますし、おそらく大丈夫でしょう。

これに気づいて僕は安心してCAZE社のケースを装着。一件落着です。

と、言いつつやっぱりケースつけないで使おうかなとも考えている僕です。迷ってます…。


2016年10月7日金曜日

iPhone 6 6s 7のカメラを低照度で比較

カメラの性能を測る指針の1つに低照度下でどれくらい綺麗な写真が撮れるか、というものがあります。夜の暗い室内を撮るにはかなりの性能が必要なのです。

まずは感光性能。ISO値と呼んだりします。数値が高いほど暗さに強くなりますが(暗くても写るようになる)、その分画質が落ちます。高いISO値が使えるカメラ、もしくはISOの数値を高くしても良い画質をキープできるカメラが、性能が高いカメラです。

手ブレ補正性能も重要。シャッタースピードを遅くするとたくさん光りを取り込めるのですが、その分ブレに弱くなります。例えばシャッタースピードを1秒に設定すると、1秒間もの間ずーっと光りを取り込めるので明るく写せるのですが、その間じーっとブレないようにカメラを固定しておかなければなりません。手持ちでは不可能です。そこで手ぶれ補正機能。これがあれば(焦点距離やカメラの性能によりますが)例えば0.5秒くらいなら、手持ちでもブレなく撮れたりします。左右のブレ、上下のブレ、前後のブレ、さまざまなブレに対応しているカメラや、大きなブレ量を補正できるカメラが、性能が高いカメラと言えます。

では実際に写真を見てみましょう。3機種ともまったく同じシチュエーションで撮影しています。

iPhone 6 Plus


iPhone 6s Plus


iPhone 7 Plus


ひと目見てわかる通り、最後の7 Plusになって飛躍的に写真が明るくなりました。肌色なんかも比較的出ていてスゴイの一言です。

しかし実際のリアルな状況に最も近いのは最初のiPhone 6 Plus。目視ではこのくらいの暗さだったのです。以前も書きましたが、iPhone 6 Plusは見た目の明るさよりも、リアルさ重視。ISOが500に抑えられていることからも分かる通り、むやみにISO上げて画質を落とすよりも、美しい写真を残すことを選択しているわけですね。(当時はソニーのXperiaがむやみにISO上げ系の写真を得意げにアピールしていたので、それとは対極でした)

ですが6sになって若干見た目重視の方向にシフトしてきます。普通に考えてそっちの方が一般受けは良いですよね(^_^;)。ただしISO2000だけあって画質は厳しい。

7もその方向性で、ISO上げて見た目重視ですが、高ISO時の画質がかなり向上しているため「画質を犠牲にしている」とは言えず、これはこれで技術がもたらした新しい正解。簡単に言うと「スゴイ!」です。

なお3機種ともシャッタースピードは1/4秒。1/4秒って結構長いですよ。これで手ブレせず撮影できる手ぶれ補正性能が、今やスマートフォンに備わってるのですが、カメラやさんは商売あがったりですな(^_^;)。

さらに言うと7ではRAW撮影もできるので現像ソフト次第ではさらなる画質の追求も可能。RAW撮影はサードパーティ製アプリでしか今のところできませんが、今度試してみます。(実は同じタイミングでLightroomでDNG(=RAW)撮影していたのですが、ミスって消してしまっており比較には使えず…(^_^;))

それにしても本当に7 Plusのカメラはすごい…。ではまた。

2016年10月6日木曜日

スピーカー内蔵LED電球2,899円を買ってみた

たまーにAmazonのタイムセールなんかを覗くと、ついつい買ってしまいがちなダメ消費者であるところの僕です。

先日思わず衝動買いしたのがBluetoothスピーカー内蔵で明かりもiPhoneからコントロールできるという多機能LED電球。けっこう大きくて明るいのにお値段2,500円くらい(タイムセールだったのでちょっと安かった)。普通にLED電球として買ってもお買い得感のある値段です。

実際明るさは十分。光量MAXにするとこんな感じ。とりあえず台所の上につけてみました。



さらにiPhoneアプリから光の色も変えられます。





アプリの画面だとさも65,536色くらい出せそうに見えますが、実際は8色くらい(^_^;)。しかしながら光量の調整ができるから、意外とコントロールの幅は広いかも。てかそもそも青色にしたいタイミングなんて普通ありませんし(^_^;)。

そして写真からは全く分かりませんが(当たり前)このLED電球、なんとスピーカーも内蔵しておりまして、まずまずの音量で音楽が聞けます。

音質的にはラジオ並というか1,000円レベルというか、そんな感じです。ですが音量がしっかりあるのが良いところで、台所で洗い物をしながら聞けるのが気に入ってます。

あと「上から音楽がふってくる」というのが、すごく良いです。カフェ的とでも言いましょうか、目の前にiPhone置いてそこから音楽かけているのとは明らかに違ったリラックス感の様なものがあります。あくまで日常のBGMとして聞けると言うか。これは嬉しい発見でした。

2台使ってステレオスピーカーになれるなんて仕掛けがあれば尚良かったのですが、それはなさそうです。

そんなわけで、このお値段であれば、なかなかオススメできる一品かと。いつもiPhone本体から音楽をかけて聞いている人や、台所仕事中に音楽聞きたい人は是非どうぞ!当然Androidでも使えます。ではまた!

※Amazonにしか置いてないかも…

2016年10月3日月曜日

iPhone 7 Plus ジェットブラックきたー!

ようやく入手しました、新しいiPhone 7 Plus。色は噂のジェットブラック。

キャリアはau。既存ドコモ回線をMNPしました。MNPだと機種変更よりも本体代金が安く設定されていたり月月の割引も多め。今回はさらに「オプションつけたら更にお値引き!」もあったので(これは事前に把握していなかったので純粋にラッキー)、思ったよりお安く本体をGETできました。

昨今「実質0円禁止」だなんて「一体誰が得をするの?」と首を捻らざるをえない施策に総務省が力を入れちゃってますが、結局この「オプションお値引き」があるとiPhone 7の32GBだと確実に「実質0円」になりそう。骨抜きですね(^_^;)。

ジェットブラックだけ箱が黒かったりと、ちょっと特別感のある外装。たしかにピカピカのツルッツルです!

左が6 Plus、右が7 Plus

想像通り、ちょっと触るとすぐに指紋だらけに(^_^;)。これはまぁ仕方ありませんな。あとバンカーリングは当然のごとく装着しました。

指紋が目立つように撮影


ちなみに、同じく背面ピカピカの初代iPod touchが今やこんなです。



最初のiPhone 3Gなんかも裏面が鏡面仕上げでしたが、ピカピカしたものにキズが付くのはあたりまえ。今回のiPhone 7 Plusも僕は保護フィルム貼ったりケースに入れたりはしませんよ!素のデザインの良さを味わいたいと思います。(でもバンパーは付ける予定)

ズボンのポケットに入れたときのダメージが気になりますね。大したことなければいいんだけど。

防水ということで、さっそくお風呂で使ってみました。これは良い。ステレオスピーカーも意外としっかり鳴ってるし、生活が変わる予感。

撮影に使ってる6 Plusを落とすとアウト(^_^;)

ちょっと触った感覚では、さすがに速いです。サクサク。(これはまた別の記事で書きたいのですが)Adobeのサービスを使ってmacとiPhoneのLightroomをクラウドで同期して、いつでもどこでも写真の編集・現像をできる環境を整えたのですが、作業もだいぶ捗りそうです。

カメラの性能も上がってますし、はやくいろいろ試したい。

10月下旬からいよいよSuica対応が始まるらしいし、とっても楽しみです。ではまた!