2016年7月25日月曜日

ポケモンGOにはバンカーリング必須でしょ!

話題にのっかってポケモンGOをはじめてみました。ポケモンには何の思い入れもない僕ではありますが、ここまで社会現象になっているのにスルーするのは流儀に反します(^_^;)。

都心だといろいろ捗るのか普通に帰宅しただけ(片道)で22匹のポケモンGetだぜ!ちなみに最初の3匹を無視してしばらく歩くとピカチューを1番にゲットできるという裏技を見たので試してみたらちゃんとピカチューゲットできました。

なんか嬉しい(^_^;)

またうちのマンションがポケストップになっていてボールが補給できるので、何だか便利そうです(^_^;)。

完全に歩きスマホ増産機


やってみるとわかりますが、歩きスマホしたくなりますね、これ。マップ上にあらわれるスポットに行きたいと思った時に、いちいち道を覚えてスマホを全く見ずに歩く人はほぼいないでしょう。

でもそれ、やっぱりマズイです。

歩く際や電車の乗る際など、スマホを持った手は一度下に降ろすようにしてもらいたいと強く思います。ポケモンGOに限った話ではなく、歩きながら画面見るのは本当にやめてほしい。今朝も息子がスマホ凝視通勤野郎にぶつかりそうになりました。息子が前をよく見ず走っていたということもありますが、以前に比べて確実に危険は増しています。

バッテリーセーバーは必ず設定しようぜ


デフォルトではOFFになっていますがバッテリーセーバーはONにすべきです。ONにするとスマホを下に向けている間、画面が真っ黒になってバッテリーが節約できます。



さらにこれは歩きスマホの抑止になるので、これは強制的に、ゲーム利用上のマナーとしてどうにか定着させて欲しいところです。

実際使うと心理的にもラクになります。ずっとポケモンの画面を表示させながら歩くのはアホっぽくて気が引けますが、画面真っ黒なら気になりません。

スマホを下向きにして歩くならバンカーリング!


最近のサイズの大きなスマホを下向きにして歩くのは、なかなか危険かも知れません。ストラップを付けられない機種も多いですし、常に握力を使って持っているのも面倒なもの。

そこでこれ、バンカーリングです!



以前も紹介したことありますが、スマホの背面に貼り付けられるリングです。スタンド代わりにもなりますし、何より画面の隅々まで親指が届くようになるので非常に非常に便利です。僕やハーマイオニーさん(奥様=魔女)は、もはやバンカーリングなしの生活は考えられません(^_^;)。

これを使うことで、手を下に降ろした状態でスマホをキープするのが劇的にラクになります。落下防止に、今のうちに是非装備しておきましょう!


ところでさっき報道ステーションで、ポケモンGOの画面ショット撮影した女性が盗撮したと勘違いされ男性から殴られるみたいな事件がおきたと言ってましたが、ポケモン捕まえる際の画面ショットはアプリ内のカメラを使えばシャッター音出ないから必ずアプリ内のカメラを使うようにしましょうね。ARがONだと使えます。ではまた!

うちにいた何か 

■過去記事
カモノハシ通信3: iPhone 6 Plus 便利グッズ(1) バンカーリング

2016年7月24日日曜日

2歳の息子とカートデビュー!

こちらからの続きです。
カモノハシ通信3: 雄叫びで駆け抜けたストライダー準決勝

富士スピードウェイ内にあるレンタルカート場では2人乗りカートに乗ることができます。助手席には身長80cm以上から乗れるということで、先日ストライダー大会のついでに息子連れカートデビューをしてきました!

息子のハンドルはダミー

こちら動画です(^_^;)。



ちゃんとしたレーシングカートなので、遊園地のゴーカートとはスピード感が全く異なります。れっきとしたモータースポーツですので生半可な気持ちではやらない方が良いとは思いますが……楽しい!!ですよ(^_^;)。

通常の1人乗りカートだと7周で1,500円。2人乗りカートだと7周で2,000円です。営業日であれば予約しなくても行ってすぐ乗れます。初心者の場合、事前にちゃんとレクチャーしてくれるのでさほど恐れる必要はありません。グローブやヘルメットも無料で貸してくれます。

たまに貸し切りしてたり営業してない日もあるので、必ず事前に営業日は確認しておきましょう!先日のスーパーフォーミュラ開催時は営業してましたが、今度8月のスーパーGT開催日は営業しないようです。

富士スピードウェイカートコース公式サイト

子連れカートの注意点


身長80cmからOKとのことなので、2歳児でも助手席に乗せることが可能です。ですが、もし走行中に転げ落ちたりなんかしたら大変です。命の危険があります。なのでそれ相応の対策が必要。

1.「大人も初めて」は危険かも

運転する大人側がカート初めてというのは危険かもです。せめてまず1回は1人乗りカートに乗って、カートがどういうものか体感しておきましょう。

ブレーキが左足だったり、ステアリングが想像を超えて重かったり、なにより意外とスピード感を感じることにビックリするかも知れません。

ちなみに僕はレンタル専門の素人ですが、カート大好きで結構いろんなカート場で走ったりレースやったりしてます。実は2人乗りカートも以前ここでハーマイオニーさん(奥様=魔女)を載せて体験してたりします。結婚前に。(女性を載せる場合はスカートに気をつけて!ズボンの方がいいです)

2.シートベルトは基本無い

そうなんです。カートにシートベルトはありません。助手席に申し訳程度にヒモが付いてたり付いてなかったりしますが、いずれにしても意味ありません。

幼児用にサイズを合わせたシートを付けてくれます

2歳児なんて気を抜けばいつでもスルっと抜け出し可能なのです!深く腰掛けるカゴみたいなシートなので、そうそう抜けることはありませんが、例えば本人が全力で脱出しようとしちゃうと超絶危険です。

なので(これは当日教わったのですが)、幼児を乗せる際は大人が「手でシートベルト」する必要があります!左手で助手席の外側をつかむんです、ずっと。



しかしこれ、カート経験者ならわかってもらえると思いますが、非常に疲れます(^_^;)。まず重たいステアリングを右手一本で操作するのはかなりの重労働。それをやりつつ左手に常に神経を巡らせておく必要があるわけで、気が抜けません。

3.たぶん怖がる

カートなので結構な横Gがかかります。カートに慣れてる人は「この程度なら余裕」と思っても、そうでない人は「ひえー!ひっくり返るんじゃないの、コレ!」ってたぶん思ってます。まして幼児にはとんでもないスピードだし、周りにガードはほとんどありません。あるのは僕の手だけ(^_^;)。

実際うちの子も途中怖がって「もうやめる〜」と言い出しました。上の動画にも入ってますが、仕方ないのでそこで一度スピードを緩めて停止。そして全力で励ましました!(ここでやめてピットインするという育て方を僕は選択しません(^_^;)。)

親:もうちょっと頑張ろっか!楽しいよ!

子:…うん。

親子の会話として正しいかどうか良くわかりませんが、その後も走行中必死に励ましながら最後まで走りました。

まぁでも最終的には楽しかったようで、「車乗って速かったね〜」などとポジティブに話していたので良かったです。たぶん。

なかなか珍しい?親子レジャーとしておすすめです


いろいろ注意する点はありますが、親子レジャーとして挑戦してみるのもありかと思います。別に子供をレーサーにしたい!なんて全く思っていなくとも、子供は乗り物が大好きなので好きな子はきっと気に入るはずです。

そして親(きっと男親?)も楽しい。

中盤の1周をかなり本気で走ってみたところタイムは47秒台でした。両手が使えてもっと攻められれば、あとまだ5秒位は縮められるのではないでしょうか?僕は1人乗りレンタルカートで以前36秒台を出したことがあるので、まだまだこの日の走りには満足してませんよ〜。

何と言ってもここのカート場は広いから安全です!エスケープゾーンが広くてタイヤバリアまでの距離がかなりあります。安心。

ただ夏場は熱いので熱中症に注意して、とにかく水分補給してくださいね!また必ず行きたいです!ではまた。

2016年7月22日金曜日

ストライダー大会の写真をゲットだぜ!

先日のストライダーエンジョイカップ富士スピードウェイステージですが、大会当日はプロカメラマンの方による撮影が入っていました。撮影された写真はネットから閲覧・購入ができる仕組みです。

これはその1枚。毎回スタートダッシュだけは良い(^_^;)

当日は一眼レフを構えて撮影なんてできる余裕ありませんし、これは大変ありがたいサービスです。プロカメラマンなので写真の質もかなり良いです。

しかし(これ言っちゃうと元も子もないですが)高い!

例えば上の写真。もっとも安い2L版プリントでいくらだと思いますか?1,600円ですよ!今回息子ちゃんが写ってる写真は全部で50枚くらいあったので、全部買ったら8万円!ひえ〜!買えるわけないよぉ〜。ちなみにデータだと1枚2,500円くらい。より買えない!

ただしこの会社の場合、ゼッケン番号でヒットする写真全部をまとめて8,000円でダウンロードできる「お得セット」なるものもありまして、もちろんそちらを購入。て言うかほぼ全員このセット購入するんじゃないでしょうか?

大会に参加した子供が全部で400人ちょいだったので、そのうち半分の200人だけでも買ったらそれだけで160万円の売上!すごい!なんてボロイ商売だ〜、って正直思っちゃいます(^_^;;;)。

ちなみに当日カメラマンはもう1社出ていて、そちらは完全個人商売みたいだったのですが、こちらは最安1枚800円。ただしお得なセットなんて無いので15枚買ったら1万2千円。こちらもかなりの売上でしょう。

なんだかんだ僕も両社あわせて2万円近く支払ってしまいました…。ハーマイオニーさん(奥様=魔女)には言ってませんが
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル。

撮影した写真を取捨選別したり現像したり調整したり整理したりアップしたり入金確認したり送付したりと諸々超大変そうなのはわかりますが、それにしても良い商売ですよね。

比べるのもアレですが


僕も同じような撮影を様々な場所でしていますが、もちろん1枚800円で発売なんてしていません(^_^;)。披露宴カメラマンだと皆さんお礼で3万円とかくれますが、それって大きな声では言えませんがご祝儀と相殺なわけですし(^_^;)、スーツのヒザを擦り切らして300枚位の写真を撮影し、現像して仕上げるわけですから、もし1枚800円なら24万円の売上になるわけで、夢がふくらみます(^_^;)。

保育園の運動会写真なんて1,000枚以上撮影して2週間くらい毎日毎夜写真を編集して…、保育園ではそれらを写真サイトで販売しますが、当然僕は1円ももらっていません。

こないだの夏祭りもそうなのですが、2時間3時間集中してカメラマンやると全身がガタガタになるんですよね、普段からそういうことはやってないから。どうしてもしゃがんでの撮影が多くなるからヒザは痛くなるし、カメラを持つ手の握力は最後ギリギリです。そして翌日訪れる全身の筋肉痛。これ誇張じゃなくて本当にすごいんですから。フトモモが一番つらくて、あと二の腕、肩、etc…。モーラステープ貼りまくりです。(次回も頑張ります!)

だから僕はカメラマンの方の大変さはよーくわかってるつもりです。

ですが、やっぱり言います!羨ましい!(正直)

クオリティはさすがプロ

以上、心の叫びでした。あれ?ではまた!

行け!オレのポケモン、GO!

Pokemon GO!すごいですね。職場でこうも話題になるゲームなんて後にも先にもありませんよね、きっと。何人かはさっそくダウンロードしてました。

僕はまだダウンロードしてません。

なぜなら僕はもうポケモン持ってますから(^_^)/

行け!オレのポケモン!

南国風
そして、GO!


GO!GO!と叫びながら走る息子(字幕あり)

これが本当のポケモンGO!ってわけないですね(^_^;)。

ではまた。

2016年7月20日水曜日

雄叫びで駆け抜けたストライダー準決勝

ストライダーエンジョイカップ富士スピードウェイステージの準々決勝。奇跡的に予選を突破した息子ちゃんですが、今回は今までになくやる気に満ち溢れた走りを見せてくれました。

こちらからの続きです。
カモノハシ通信3: ストライダーカップ出場!またまた奇跡の予選通過

前回参加した大会では予選通過後、眠たくなってやる気が落ちてしまったという反省を活かし、今回は対策を練って臨みました。朝ごはんをちゃんと食べさせる、糖分入りのジュースを意識して飲ませる、何より言葉の力でやる気を出させるなどなど。



その成果が出てか、準決勝開始のタイミングでいい感じでテンションが上ってくれた息子ちゃん。ハーマイオニーさん(奥様=魔女)の「頑張っちゃおうか?」の問いかけに「頑張っちゃおっか!!」と元気にこたえていざレーススタートです。(動画の頭にいれてます)

動画ご覧いただくとわかりますが、途中「GO!GO!」と雄叫びをあげながら走っています。親バカですが、大変微笑ましいです(^_^;)。字幕入れてます。

雄叫びはヘルメットカメラのおかげで気づきました。外からの撮影では気付かなかったことでしょう。これだけでもAS50買ったかいがありました\(^o^)/

富士スピードウェイステージ2歳児準決勝第2組です。


目線映像はヘルメットにつけたソニーHDR-AS50で撮影したものです。外からのiPhone映像とあわせどちらもフルHDの60Pで撮影しています。すごい時代だ。

そんなわけで、結果は惨敗だったのですが、一生懸命走る姿にかなり感動いたしました。

「なぜ毎回そこで止まっちゃうんだ〜!」と思わないわけにはいかないのですが(^_^;)、それもまぁ振り返れば面白い思い出です。

今回のレースについて


前回と違い今回はストライダー社オフィシャル、いわば公式戦の1つです。スタッフの方たちも充実していて素晴らしい運営でした。ありがとうございます。

ただ今回ホンダのイベントとの同時開催であったため、とにかく人が多く、駐車場からシャトルバスに乗るのも大変でした。もし選べるなら今後は何かのイベントとの同時開催のケースは避けたいと思います。

富士スピードウェイという場所は良かったです。Super Formulaなどのレースも開催されていたため、それを間近で見ることもできましたし(最初はものすごい爆音に驚いていたようですが)、食べ物屋さん(屋台)や自動販売機、そして休憩スペース(スタンドが使える。屋根もある)も充実しているからです。サーキットいくとステーキ串を食べたくなるのは何故だろう(^_^;)。

後ろのメインストレートをSFが走ってます。


なによりレンタルカート場があります!レース開催日でも普通に営業していました。いきなり行って誰でも気軽にレーシングカートを楽しむことができるので、これはかなりオススメ。7周で1,500円です。なんと身長80cm以上であれば2人乗りカートの助手席に乗せることもできます!(2人乗りカートは7週で2,000円。)乗ればわかりますが、7周というのは十分ボリュームのある周回数ですし、初めての人だと逆に疲れちゃうかも知れませんね。

富士スピードウェイカートコース公式サイト

今回、息子ちゃんと2人乗りカートデビューしましたので、その話をまた今度書きたいと思います。ではまた!

(後日追記)書きました!
カモノハシ通信3: 2歳の息子とカートデビュー!

■関連記事
カモノハシ通信3: ストライダー大会初参戦!奇跡の予選突破
カモノハシ通信3: ストライダー大会 準々決勝
カモノハシ通信3: ストライダーカップ出場!またまた奇跡の予選通過

・・・

息子がつけていた手袋はこれです。おすすめ。

2016年7月19日火曜日

運転のお供にクリップ式サングラスはイイ

運転中サングラスをかけたくとも、普段メガネ使いの人は度付きサングラスを用意したり、わざわざコンタクトをつけたりとなかなかハードルが高いのが実情。メガネの上からつけられるオーバーサングラスなんてのもありますが、実際使ってみると、あれイマイチなんですよね。鼻の所がずり落ちてきちゃって。

そんな悩めるメガネ男子ドライバーに朗報。こんなものがあったんです。もっと早くに気づきたかった。

クリップ式サングラスです!


ピンキリあるようですが、僕は有楽町ビックカメラにて900円程度で購入。ちゃんと偏光レンズになっています。

クリップ部分が操作しやすいものをチョイスしました。製品によって扱いやすさはまちまちです。なるべくスムーズに付けられて且つメガネにダメージがないものを選ばないとね。


ごらんのとおり薄茶色なのでキツイ直射日光には弱いのですが、曇りや雨の日にも使えて、使うと目が楽になるのが良い所。

そう、偏光サングラスだと本当に目が楽なんですよね。

視界に入ってくる無駄な反射光をカットしてくれるのが偏光レンズ。なので日中運転していると視界に入っているフロントガラスの映り込みや白い反射光が消えます。さらに路面や前方車・対向車からの反射光も抑えられるので、クリアに前方の情報を見やすいのです。その結果、目が超ラク。

例えばこれなんかおすすめです。でもなるべくは実物見て選んだほうが良いかもですね。ではまた!

2016年7月18日月曜日

黒龍しずく、花の舞、エビス・マイスター、そして愚痴

最近ゲットしたお酒たちを少しだけ紹介

黒龍しずく


黒龍しずくの抽選販売に当選しました、ハーマイオニーさん(奥様=魔女)が!

アンティーク風の四合瓶

僕が最も愛好する日本酒ブランドのうちの1つ黒龍。もともと自分と名前が似ているため妻が勘違いして「黒滝ってお酒ある!」と見つけたのが我々にとっての最初。福井県の永平寺町にある酒蔵直営店にも行ったことがあります。

とは言え普段は黒龍のような高級酒をそうそうは飲めるものでもなく、たまーに近所の質の良い酒屋さん(杉玉かざってるような)で吟醸酒や純米吟醸を買ってたしなむ程度。でも家に黒龍があるときは、仕事帰りの道すがらいつもより楽しい気持ちの自分がいることに気が付きます。まさにご褒美。僕にとってはそういうお酒です。

その黒龍のまた限定生産品である「しずく」。「石田家」とか「仁左衛門」に比べるとそこまでの価格・価値のものではありませんが、それでもかなりの逸品。年に2回の売り出しはすぐに完売してしまうため、酒屋による抽選販売の体を取っているケースが多々あります。今回はたまたま妻が「まぁ当たらないだろうけど」と適当にオファーしていたものが見事当選しちゃいました(^_^;)。

化粧箱も豪華!

味と香りの格が違います。

極めて上品ながらも舌の奥に広がる確実な旨味。黒龍はどれも上品で美しい味が特徴ですが、この「しずく」はそれが純粋により高次元にまで高められているのを感じます。香りも最高です。これを書いていてまた飲みたくなってきました(^_^;)。

冷蔵庫から出して少しだけ嗜みました(^_^;)。「フルーティな香り」などと凡庸な表現をするのは憚られるのですが、本当にメロンの様な香気が鼻の奥に広がります。

とにかく「味がいい」!超スッキリしてるのに旨いんです!これはすごい!おーいしー!

※表現力が足りないため最後雑になってしまいました。

また機会があれば買いたいです。

花の舞 純米吟醸手づくり限定酒




ハーマイオニーお母様からいただいたお酒です。ご実家が浜松でそこにグランハーマイオニーさんもいらっしゃるので、我々もよく行くのですが、浜松を代表する酒造が花の舞酒造。東京の酒屋でもけっこう見かけます。

宮口にある酒蔵直営店にも何度か行ったことがありますし、浜松に行くたびにグランハーマイオニーさんが買ってくださるので、今では花の舞の大ファンとなった僕がいます。

先日はかつおのたたきと一緒にいただきました。これ最強の組み合わせですよね。思い出すとまた食べ&飲みたくなります。

こういうのこそ家飲みの醍醐味と言うか、至高のときをお値段お安くゲットできちゃうんですからコスパ最高です。

ハーマイオニーお母様、ありがとうございました!

銀座ライオンで特賞ゲットしたエビスマイスター


先日、銀座7丁目にある銀座ライオンに行きまして、みごとくじ引きで特賞をゲット。そしてもらったのがエビス・マイスターです。

大ジョッキ1杯で1回くじが引けます

最近愛用のグラスはローソンのリラックマ(^_^;)

銀座ライオンのビールはそれはもう美味しかったのですが、この缶ビールであるところのエビス・マイスターも相当美味しかったです。こういう美味しいのは責任もって永続的にスーパーに並べておいてほしいものです!

ちなみに銀座ラインでは1等も当たって、そちらは「次回銀座ライオンで使えるビール券」だったのですが、特賞の缶ビール約300円相当に対し、次回使えるビール券は(お店なので)約600円。これ、1等の方が得じゃない?(もちろんお店にいかないとただの紙切れなので純粋に比較はできませんが(^_^;))

そんな感じで日々家飲みを楽しむ僕です。

(すみません、以下ちょっとだけグチです)
こう見えて家ではいろいろやることあるんですよ。今日だって息子の靴洗いやりましたし、食器だってもちろん洗いました。寝室のクーラーを分解清掃しましたし、ついでに掃除機もかけました。何より頼まれ仕事が3つ貯まっていて、(1)保育園の写真仕上げ、(2)後輩の消えた写真の復元、(3)実家用のiPad修復と、どれもまだ完了できていません(保育園のは今日中に仕上げる!)。そんな中、新しい仕事の勉強もしたいし(国債決済短縮化、銘柄後決めGCレポ!)、ウクレレだって練習したい。珍しく子育て本買ったから読みたいし(下にリンク貼ってます)、マンガだって読まないといけません(^_^;)。その隙間をぬってストライダーの動画を2本と、もう1本の動画をiMovie使って完成させたり、こうやってブログを買いたりしています。そうそうピアノも練習したいんですよ、すごく。

3連休はあっと言う間に過ぎていきます(^_^;)。ではまた!

あの「グリとグラ」の作者で、元保母さんだった中川李枝子さん著ということで買ってみました。宮﨑駿さんが帯に推薦文だしてるのも、ちょっといい感じ。ショートエッセイ風で読みやすいですし、愛あふれる文章に心癒されます。

ストライダーカップ出場!またまた奇跡の予選通過

ストライダーエンジョイカップに初出場!場所は富士スピードウェイの特設コース。練習の様子を見て「こりゃだめだ」と思っていた親の予想を覆し見事予選突破です\(^o^)/

これは練習時。本番では写真撮る余裕ありません(^_^;)

上位4名が準決勝に進出できます。ご覧いただくとわかりますが最後かなりギリギリでした(^_^;) (ちなみに予選5位以下でも敗者復活戦でもう1レース走れる仕組みです。)



果たして準決勝の結果やいかに!?ではまた。

つづきです→カモノハシ通信3: 雄叫びで駆け抜けたストライダー準決勝

過去の記事
カモノハシ通信3: ストライダー大会初参戦!奇跡の予選突破
カモノハシ通信3: ストライダー大会 準々決勝

2016年7月14日木曜日

満を持して銀河鉄道999を息子に見せた日

最近、機関車トーマス関連のYouTube動画ばかりを見る息子。何と言ってもお気に入りは「Accidents Will Happen(事故はおこるよ)」という劇中挿入歌。世界各国大勢の方がこの曲の動画を作っています。

この歌がまたやたらと耳に残る印象的な歌でして、多くの人の心をつかむのは納得なのですが、その話はまた今度にしまして…

ついに息子が銀河鉄道999に興味を持ってきました\(^o^)/というお話。

きっかけはトーマス動画にゲスト的に出ていた999号。機体をみた息子はなぜか「まーくんの機関車!」と言って興奮。そして坂を登り切った後そのまま空を飛んで行く999号に特別な何かを感じたようで「もう一度!」とせがみます。

キタコレ!これはチャンス!

とばかりにYouTube動画をリピート再生させつつ、銀河鉄道999のDVDボックス(映画3本)をいそいそと棚から取り出し再生しましたよ。「さよなら銀河鉄道999」を。



見せたのはもちろん地球から旅立つあのシーン。

崩れ落ちる線路と陸橋の上を999号がギリギリ登っていくあのシーン。息子も口をアンガと開けたまま(^_^;)集中して見てくれました。

画質があれですがこの場面です。開始3分30秒ほどのところから。



YouTubeじゃこの興奮の1%も伝わらないような気がしますがが、これ、僕の中ではラピュタの「最後のチャンスだ、すりぬけながらかっさらえ!」と並ぶ最高のスペクタクルシーンです。いま見ても、胸の奥から何かが湧いてくるのをリアルに、物理的に感じますもの。(ゲロではなく)

なにより音楽が、素晴らしすぎる…。インディ・ジョーンズも、スター・ウォーズも、音楽ではこのシーンに勝てません。生のオーケストラで聞いてみたいい。(エレクトーン4台の合奏では聞いたことあります!カモノハシ通信3: さよなら銀河鉄道999エレクトーンコンサート

息子ちゃんは999号が行くこのシーンはしっかり見てくれたものの、途中ラーメタル星に到着していろいろあってメーテルと再会する(これまた僕の中で最も好きな映画音楽のシーン)頃にはすっかり興味を失ってどっか行っちゃいました(^_^;)

いつかこのシーンの良さが分かるよう、何よりもそれを目標に教育を施していく所存であります!

そしてピアノを聞かせる!(ヘタピを披露)



ではまた!

プラレール999↓ ごめん、買えない…涙

2016年7月11日月曜日

純米大吟醸「そして伝説へ」。チャラララーン

「そして伝説へ」と聞いて

♪チャラララーン(ジャジャジャジャンジャン!)

と脳内再生されない方にはさほど興味が無いと思われすが、こんな日本酒をゲットしてみました。

※メタルキングは付属していません。3にいないし。
じゃーん!ドラゴンクエスト30週年記念のお酒「そして伝説へ」です!青い化粧箱にはロトの剣がプリントされていてカッコいい!セットの木枡もいい感じです。

まだ飲んでいませんが、これを飲む際のBGMはこれ以外考えられません。



ちなみにハーマイオニーさん(奥様=魔女)と僕は、すぎやまこういちさん指揮、都響の演奏でこの曲を生試聴してるんですよね。しかもサントリーホールで。いいでしょ(^_^;)

その時のコンサートは映像化されてますので必ず購入しましょう。


それにしても30周年


そりゃ僕も40歳になるわけですよ(^_^;)。はじめてドラゴンクエストに触れたのは確かに小4くらいでした。小5でドラゴンクエスト2に感動したものの、中学受験のためドラゴンクエスト3にはリアルタイムで触れられず。これまでもブログで何度か書きましたが、今の僕がオーケストラを好きなのは小学生の頃にドラゴンクエストのサントラを聞きまくっていたことと無関係ではないはずです。ピアノの楽譜も買ってよく練習しました。

約30年のときを経て世に出たその成果がこちらです(^_^;)



純米大吟醸「そして伝説へ」はスクウェア・エニックスさんの公式ページもしくは以下の福光屋HPより購入できますよ。売り切れてたらスミマセン!

飲んだ感想はそのうちアップするかも。(まだ飲んでないので。)ではまた!


【福光屋】ドラゴンクエスト30周年「純米大吟醸 そして伝説へ…」│ 福光屋オンライン特設サイト

胸のカメラは誰からも突っ込みなし!

昨日の保育園夏祭りで僕は胸にビデオカメラをつけてのぞみましたが、誰からも突っ込まれませんでした(^_^;)。先生方も、他の保護者の皆さんも、誰からも何も触れられませんでした。



「この人ちょっとヤバイんじゃないの…」

的な雰囲気でなかったと信じたい今日このごろです。

ハーマイオニーさん(奥様=魔女)は「気づかなかった」と言ってたので、もしかしたらそうなのかも。

一眼レフを常に構えていて、腕には「写真係」の腕章。なかなか皆さん僕の胸になんて着目しませんよね。


けっこう飛び出てはいます

肝心の撮影は…


人が多かったこともあり、胸カメラはあまり役に立ちませんでした。基本うちの息子の前でのみ撮影ONとしていましたが、カメラマンやってる以上ずっと息子のそばにはいられないのでほとんど撮影はできませんでした。残念。

カメラはソニーのAS50ですが、手ぶれ補正が優秀なのでこうやって撮影した動画でも十分に「見られ」ます。あまり人が多くない野外のイベントなんかでは十分使える撮影すたいるではないでしょうか?

どうやって胸につけているのか


こちらのセットに含まれているグッズをそのまま使いました。


ではまた!

2016年7月9日土曜日

写真は宝物、だと思う

今日は保育園の夏祭り。僕はいつものように園のオフィシャルカメラマンということでたくさんの写真を撮影しました。



500枚ほど撮影した写真の取捨選択作業を先ほどまでやっていたのですが、いつも思うことがあります。

写真は宝物、だなって(^_^)

親子の笑顔の写真、園の先生方と笑顔の園児たち。自分で言うのもなんですが本当に素晴らしい笑顔の写真がたくさん撮れていて、(深夜にウイスキーを飲みながら1人作業してるんですが)1枚1枚を見ながら自然に笑顔になってしまいます。槇原敬之さんの歌を聞きながら作業してると感極まって泣けてくるくらいです(^_^;)

聞いてたのはこれ↓


写真をここで紹介できないのがちょっと残念(^_^;)。

そうそう。結婚式もそうですし園の行事でもそうですが、僕は昔から「写真を撮ってる人も入れて写真を撮る」ことが結構好きだったりします。

例えばおじいさんが笑顔でシャッターを切るその先にはもちろん笑顔のお孫さん。それは疑いようのない幸せな瞬間です。いつか大人になったとき、自分の笑顔の写真にあわせて、それを撮ってくれた笑顔のおじいさんを思い出してくれれば、なんかいいじゃないですか(^_^;)。

保育園の先生方も、皆さん本当に一生懸命で、いつも本当に本当にありがとうございます。後から写真で見ていても本当に感動します。いつかお別れの日が来たときには、個人的に心をこめたプレゼントと便箋10枚分の感謝の手紙と(^_^;;)、そしてもちろん良い写真を差し上げたいと思っちゃうくらいです。

一生懸命は人の心を動かします。

てなわけで315枚まで絞り込んだ写真たちを、これからまた1枚1枚調整して仕上げていきます\(^o^)/。でも今日はさすがにもう寝ます。おやすみなさい…。ではまた!


過去記事
カモノハシ通信3: 写真が好きなんです
カモノハシ通信3: 保育園夏祭りでカメラマン
カモノハシ通信3: 写真は心のしおりです

2016年7月7日木曜日

ダブルカメラドクターイエローに先駆けプラレール動画撮影

今秋カメラを内蔵したプラレール車両が発売されるそうじゃないですか(後ほどリンクを紹介)。リアルタイムでスマートフォンから映像が見られるだとか。走るプラレールから見える景色がどんなだか考えると大人でもちょっとワクワクしますよね。しません?

そんなわけで公式に先駆けて僕が独自にプラレール車載動画を撮影してみましたので大公開。輪ゴムを使って(^_^;)、成田エクスプレスにソニーのアクションカムAS50を取り付け。

この写真の真ん中ちょい右に見える赤白の成田エクスプレスがそれです。拡大するとわかりますが、左右で重さのバランスを取るために右側にカメラ、左側にはスプーンを取り付けてます(^_^;)。


動画がこちら!ドクターイエローやジェームスとの迫力のすれ違いや並走をお楽しみください(^_^;)。



思ったより迫力の映像となりました\(^o^)/ 邪魔されないよう子供が寝た後に一生懸命工夫してレイアウトを考えたかいがありましたが、部屋の片付けまでは完遂できてないのがバレバレですね。皆さんもご注意ください(^_^;)。

10月に発売される「プラレール スマホで運転!  ダブルカメラ ドクターイエロー」はカメラが2つ内蔵されていて、前面と側面と2種類の映像が見られるそうです。しかもスマートフォンから運転もできるそうなので、まるで本当に運転席にすわって運転している感覚を味わえるのかも。すごいですね。ただちょっとお値段がアレですかね…。

☆10月発売なのでお間違いなく!Amazonなら予約できるようです。

いずれにしても親側の購買意欲をくすぐる商品です。特には男親かな?うちは買うかどうかまだ決めてませんが、もしハーマイオニーさん(奥様=魔女)が「いいんじゃない?」とか言えばすぐにでもクリックする準備はできています(^_^;)。ではまた!

2016年7月6日水曜日

雑談 サントリーオールド・選挙・決断

帰りが遅くなったときほどブログを書きたくなるのは昔からですが、書きたかったネタを書くほどの気力が伴わないのでただの雑談です。

サントリー・オールド


生まれて初めてサントリー・オールドを買って飲んでいます。SUNTORY OLDと書くよりもカタカナの方がそれっぽい感じしませんか?かのオールドパーと関係あるのかしらと思ったらスペルが違いました。Old Parr。あれ?スペル違い関係ないや(酔ってる)

僕の先入観によるものかも知れませんが、サントリー・オールドはまったりと飲める大人の味。美味しいです。これでいいじゃん。お値段的にもジョニー・ウォーカー黒ラベルと迷うところですね。そちらも好きなので。


僕にとって(もしかしたら僕ら世代にとって)ウイスキーはもはや家で飲むもの。小洒落たバーでいいお値段を払ってグラスを傾ける時間とお金があればいいのですが…。

若者はどこでもいいから投票したらいい


参議院選挙、あんまり盛り上がってないですね。心配です。とにかく若い人の投票率があがらないと、政治家の目が若い人に向いてきません。どこでもいい、なんて語弊があるのは重々承知の上で「とにかく投票せい!なんのために義務教育受けさせてもろたんや!」と思う今日このごろ。

ちなみにうちはもう投票済み。期日前投票の方が何から何まで便利ですもん。区役所の駐車場も使えるし。最近は出口調査に答えることも多いです。武蔵小杉は効率よく人数がかせげるのでしょうね。

迷ったけどやらせるという選択


最近の息子ちゃんですが、予想もしないことをしでかして僕らがレスポンスに困ることがたまにあります。例えばこれ。


うちが生協でまとめ買いしている炭酸水のボトルを1本1本取り出してきてはトランポリンの上に並べて…

ドーン!


これ、しかるべきか、褒めるべきか迷いました。飲み物をこんな風におもちゃ替わりにするなんて普通はアウトです。でも思いついたアイディアを実行に移す行動力や、自分なりに工夫して遊ぼうとするその姿勢は、僕からすると大変喜ばしいこと。大げさですが「日常の中に新しい楽しさや面白みを発見すること」は僕の人生テーマのひとつでありますし、息子にもそんな好奇心ある人間になってほしいと思っているからです。

なのでしからずに、笑って見守りました(^_^;)。

本人は大喜びで、ジャンプしたり、そこに寝転がったりと、何度も何度もボトルを立て直して繰り返し遊んでおりました。ちなみにハーマイオニーさん(奥様=魔女)も僕と同じ考えだったようです。



まぁでも迷いますね。最近は怒ることも多くなってきましたし。

「怒る」じゃなくて「しかる」とかどうでもいいです。感情的に怒ることはしませんが、怒っていることを伝えることも大事だと思います。

そんなわけでではまた。

僕の子育ての教科書になりつつあるのがこちら(^_^;)




2016年7月4日月曜日

息子の耳と英語の発音と日本の教育

いつの間にか機関車トーマスが大好きなうちの息子ちゃん。気づけばトーマス・エドワード・ヘンリー・ゴードン・ジェームス・パーシー・トビー、それにエミリーやスペンサー、ハロルドやクランキーなど余裕で名前が分かるレベルになってます、僕が(^_^;)

トーマス&パーシー。Tシャツもトーマス

先日ジェームスとゴードンのプラレールを大阪の実家に買ってもらったのですが、それを機に僕がゴードンを英語風にGordon(ゴァドゥン的な)と発音して教えこんだ結果、あっという間に息子の発音もGordonになりました。

さすが幼児。驚きの耳コピ能力です。


それ以来息子はずっとGordon, Gordon言ってます。ビックリするくらい自然です。

逆にジェームスについては「じぇーむす」と語尾を日本風の「す」で教えちゃったものだから完全に日本語読み。

これ、どっちがいいのか微妙なところですよね。

保育園のうちはいいですけど、小学校に上がった時ぐらいに1人だけやたら英語っぽくGordonとか言ってたら、ヘタすると異物扱いされちゃうかもじゃないですか。先生だって失笑しちゃうかも。そうなると最悪のパターンです。悲しいかなこれがザ・日本ですもんね。

異物扱いされないためには圧倒的に勉強ができるとか運動ができるとかピアノが弾けるとかで周りからの尊敬を集めないとだめだなぁとかいろいろ考えるのですが、それはまぁ別の話ですな。

最近だと他にパーシーをあえてPercyと発音して聞かせると、それも真似てPercyと発音するように。もう完全に「しー」ではなく「C」と発音してますからね。

幼児期の今こそ正しい英語の発音を聴かせる&習得させるべきのような気はします。恥ずかしがることもなく、素直に、まるで砂地のように吸収してくれるからです。Thomasだって自然に発音できるようになるかも知れません。

ただ聴ける分にはいいのですが発音となると先ほどの「異物扱い」の件が心配になってしまいます。こんな余計な心配をしなくてすむような学校に行かせることができればいいのですが…。「くだらない外野からの声が聴こえない位『強い心』を持った子になってくれれば」とも思いますし、それはそれでまた別のリスクがあるしなぁとか。

幼児期でなければ英語の耳や発音が育たないわけでもないですしね。きっと。ただ僕自身は昔、幼児英語教室に通わせてもらっていたので、そのせいで今でもTOEICのリスニングパートだけは良い点が取れてるのかもしれないので何とも言えないところです。

余計な心配でしょうかね?ではまた。

これ↓素晴らしいおもちゃです。おすすめ(^_^)