2016年4月18日月曜日

コンビニおにぎりと手巻きはどちらが得か?

この積年の疑問を晴らすべく僕はついに重い腰をあげて行ってきましたよローソンに。(ホントは毎日行ってますけど)

今回比較するのはこの2つ。おにぎり版と手巻き版のエビ・マヨネーズ。僕はどちらかというとエビマヨは手巻き版を贔屓にしております。


おにぎり版は税込み125円、手巻き版は135円手巻き版の方が10円もお高い!実は僕知りませんでした。知らぬ間にそんな贅沢をしていただなんて…。

ならば手巻き版の方が量が多いのでは、って普通思いますよね。ところがどっこい。まずは成分表示を比較。

上がおにぎり版、下が手巻き版

おにぎり版が190kcal、手巻き版が187kcalと、なんとおにぎり版の方がカロリー高いじゃないですか!

ならば重さはと言うと

おにぎり版は105g

手巻き版は91g
なんとこちらも、おにぎり版の方が重い。しかも14gも!

つまり、手巻き版は

・カロリーも(3kcal)低いし
・重量も(14gも)軽いのに
・10円も高い!

という、極悪非道な事実が浮かび上がってしまいました!

手巻き派はさぞショックを受けておられることでしょう…。心中お察しいたします…。

手巻き版を全面的に擁護する


しかし皆さん、大事なことを忘れていませんか?おにぎり版と手巻き版の最大の違い、それは

手巻き版は、手巻き寿司だ!

ということです。寿司ですよ、寿司。寿司といえば日本の高級料理、我々庶民がそうそう食べられるものではありません。ないのです!

成分表示をもう一度見返してください。手巻き版の原材料1つ目は「昆布だし酢飯(国産米使用)」。どうですこの高級感!かたやおにぎり版を見てください「塩飯」!カーッ、庶民、庶民すぎるよ!

何より食べればすぐにわかります。

まずはおにぎり版。具のエビマヨにたどり着くまでに少なくとも2口はかかります。なんとも貧乏臭い!



それに対して手巻き版。一口目から確実にエビマヨを堪能できます。またこの酢飯の酸味がエビマヨの甘味とよく合う!塩飯とは違うのだよ、塩飯とは!



そんなわけで結論


おにぎり版と手巻き版、お得なのはどちらか?

結論:手巻き版の方がお得!
理由:たった10円の差でリッチな気分が味わえるから

どうです、異論は認めます(^_^;)

そんな贅沢三昧な僕ですので、贅沢カップヌードルと合わせて平日お昼のランチとさせていただきましたとさ。(先日の夜勤明け帰宅後に食べました。)


本編とは関係ないですがこのリッチ・カップヌードル超おいしかったです。こんな美味しいインスタントラーメンはこれまでに無かった、人生ナンバー1かもと思うくらい。高校時代に初めてラ王食べたときのあの衝撃を超えましたね。ではまた!

2016年4月17日日曜日

ダイソン壁掛け手順

掃除機をダイソンに乗り換えました。さよならエレクトロラックス。あれだけエレクトロラックスをPushしてたのに申し訳ありません…。(カモノハシ通信3: エレクトロラックスの掃除機

コードレスタイプのV6 fluffy(フラッフィー)にしてみました。スミっこに強そうだったので。



電気屋さんだとたいてい壁掛けブラケットに装着して展示されています。うちでもこれを真似て壁掛けすることに。見えているところにあって、いつでも手軽にサッと使えるというのはものすごく大きなメリットなのです。

壁掛け用ブラケットは付属しているのですが、取り付けのネジ等は付属していません。自分で用意する必要があります。以下、誰かの参考になれば幸いです。

石膏ボード用アンカーなるものを買う


うちはマンション持ち家。取り付けようとしてる壁面は石膏ボードです。普通の木ねじだとあまり抵抗なくスルスルと石膏ボードに入っていってしまうため強度が出せません。

そこで今回は石膏ボード用アンカーを買って使ってみました。これは石膏ボードにガッチリとネジを打ち込むための土台のようなもの。これです。


木ねじはこちらを使いました。


まずは位置決め


位置決めって大事ですよね。実際にブラケットを取り付けたい場所にあててみて大凡の位置を決めます。

ダイソンの取説に従うと、ブラケット下側の穴を床から120cmの位置にセットするのが正しいとのこと。ですがこれ、結局全体が宙に浮く形になるので、130cmでも140cmでも全くノー問題。逆に低くする場合は掃除機がツッかえるかも知れないのでご注意を。

カーテンフックがあるので少し左目に
床から120cmのところに印を付けます
印をつけた所は右に寄りすぎでした
少し左にずらして穴の位置をエンピツでマーク

アンカーを壁にねじ込む!


いよいよG4アンカーをねじ込みます。最初にプラスドライバーを壁にぐいっと差し込んで窪みを付けておくと作業しやすいようです。

取り返しつかない感がハンパありません。
電動ドライバーだと入り過ぎちゃうとかで手作業推奨とのこと

G4アンカーはけっこう力入れてねじ込む必要があります。大きめのプラスドライバーで押し込みながら回す感じです。思ったよりも壁面に対し平面(ツライチ)になりました。アンカーが原因でブラケットがグラつくことはなさそうです。

あとはブラケットをかぶせて、アンカーの中央に木ねじをねじ込みます。

そうそうブラケットには先に電源コードを取り付けておきましょう!後からはできません。要注意です。

ネジ穴は大きめなので微調整するだけの遊びがあります
なんちゃって水平機キーホルダー。これ結構役に立ってます(^_^;)
石膏カスはもちろんダイソンで吸い取ります

できあがり!


掃除機本体をガツンと取り付ければ完成です\(^o^)/


G4アンカーのおかげでグラつきもなく強固に壁付けできています。単に木ねじを打っただけだとこうはなりません。たぶん。

これ普段はカーテンの中に隠しておくという作戦です。電源コードはケーブルカバー等駆使して今後目立たなくするつもり。

「ダイソン 壁掛け ネジ」で検索すると似たようなエントリーがいっぱいあったので便乗で書いてみました。ではまた!

2016年4月15日金曜日

小山酒造「東京盛」純米大吟醸、本日発売

僕が愛好する日本酒、丸眞正宗の小山酒造から新しい純米大吟醸酒が本日発売になりました。その名も「東京盛」。東京23区内唯一の酒蔵らしいストレートなネーミングですね。東京オリンピック狙いなのかも知れません(^_^;)。

丸眞正宗 蔵日記 : 「東京盛 純米大吟醸」パッケージ紹介

「丸眞正宗 蔵日記」というブログを僕はいつも読ませてもらっているのですが、ビックカメラ有楽町でも取り扱うという予定を見てこりゃラッキー!とウキウキしながら今日の仕事帰りにゲットしてきた次第です。残り2本だったので危なかったですが…。


ローソンでもらったグラスなんかでスミマセン。でもこのグラス意外と口当たり良くてイイんですよ。後ろの徳利は丸眞正宗グッズということで置いてみました。今回特に熱燗にしたりはしてません(^_^;)。

さてお味の方ですが、第一印象は「太くなった」です。以前の丸眞正宗との共通点としてスッキリさや透明感は感じるのですが、味的には少し「引っかかり」ができた印象。雑味ではなく甘味、旨味、コク、それらが増したように思います。

贔屓目が入ってますが(^_^;)…、美味しい!

「このお酒があるから帰宅するのが楽しみだ!」と感じられるお酒は世の中にそうはありませんが、東京盛は丸眞正宗に引き続きそのポジションをキープしてくれそうです。

小山酒造を知ったキッカケ


ハーマイオニーさん(奥様=魔女)の実家が埼玉県なのですが、都内から埼玉にわたる橋の手前にあるのが小山酒造とその酒店。23区唯一の酒蔵として、埼玉人の妻もその存在は知っていたようです。僕と結婚して前の道を車でよく通ることになり「そういえばここ酒蔵あるのよ」と、当時日本酒にハマり始めていた僕にある日教えてくれたことがきっかけ。いざ買って飲んでみると、その飲みやすさスッキリさ味の良さに僕はファンになりました。

値段が安いのもいいんですよね。安くて助かるってことももちろんあるんですが、変にエラそぶってないというか、そういう心持ちが好きなんです。今回の東京盛 純米大吟醸だって3,000円ですからね。なんと良心的か!

丸眞正宗の純米大吟醸は販売終了…


東京盛と入れ替わりで、これまでの丸眞正宗 純米大吟醸は販売終了になってしまいました。僕は自分の結婚披露宴の引き出物として一部の方に丸眞正宗 純米大吟醸の青い瓶をさし上げたこともある位だったので、この事実は少々悲しいです。(ちなみに引き出物に酒類を入れるのは結構ハードル高いです。式場が酒類を「提供」ではなく「販売」してるとみなされるとか何とかで免許が必要だとか。僕らは「じゃあ自分たちで買って入れたことにします」と言って、式場さん協力のもと半ば強引に引き出物袋に入れちゃいました。)

お値段の都合で(^_^;)、僕が主に買うのは純米吟醸か吟醸酒ですが、これらはこれからも存続するとのことで一安心です。

これはリニューアル前のラベルですね。2011年頃。

リニューアル後。

そういえば以前、Facebookでミニ樽酒に当選したこともありました。その節はありがとうございました。

カモノハシ通信3: 丸眞正宗のミニ樽酒があたりました!

そんな小山酒造の東京盛ですが、なんとオンラインでは完売したそうで店舗分もきっと残りわずかかも。こんなことならビックカメラ有楽町でもう1本買っておくんだった!次回販売は2017年との表記もあるので、今回飲みそびれた方は是非来年どうぞ(^_^;)。それまでの間は丸眞正宗を飲んで楽しくお過ごしください!ではまた。

2016年4月12日火曜日

ブラック企業ではないけど深夜勤務してました

かなり珍しいことなんですが昨日今日とかなり変則的な勤務でした。月曜日は朝4:00出社で、今日は…というか昨日なんですが深夜23:30に再度出社。一度家に帰って1日に2度出社したのは初めてです。さきほど朝7:00に仕事をあがって家に帰ってきました。眠いっす。

月曜の出社時。さすがに誰も歩いていない。

仕事(水道管の組み換え工事的な)が大詰めを迎えていて誰かが24時間見張ってないといけないためにこんな感じです。めったにあることではありません。当然ブラック企業でもありません(^_^;)。

ずっと前、とある現場で24時間体制で見張りが必要だったときは、ほとんど自分一人しかおらず、アウェー(敵地)でなかなか大変な思いをしたものでした。今回は幸いな事に優秀な仲間の皆さんがたくさんいらっしゃるので、僕は局所的な見張りですんでいます。仲間っていいものですね。ありがたいです。

月曜日は朝3:00に家を出て車に揺られて現場にむかったのですが、車内ではヤナーチェクのシンフォニエッタを聞いておりました。ただでさえそうなのに、ヤナーチェクのシンフォニエッタをかけながら首都高速を走っていると非日常感が何倍にも増します。ハンパないです。到着した時、そこが本当に僕の知っている世界なのか半信半疑になりましたが、幸いなことに月が1つしかない普通の世界でした。首都高の途中で降車し高架から非常ハシゴで降りてくるべきだったかも。(よく分かんない人は村上春樹さんの1Q84読んでみて。)ある特別なシチュエーションでしか感じ得ない特別な何かって、ありますよね。

試聴できます。No.6〜です。


深夜僕しかいないデスクではiPhoneでマーラー3番をかけながら仕事をしていました。もちろんインバル都響の録音。こういう非日常も好き。

なんにせよ工事(的な)が無事に完了して良かったです。ではまた。