2016年3月8日火曜日

銀座小夏で買った山中塗こども椀の修理

銀座で偶然見つけ夫婦して一目惚れし買い揃えた山中塗の子ども椀。欠けて修理に出していた楽皿とスープカップが出来上がってきました。修理を依頼したのは銀座小夏さんです。



素晴らしい出来上がり\(^o^)/。修理に出す前よりも漆の艶やかさがアップしています。それもそのはず全体的に漆の塗り直しをしてもらい、猫の絵柄も再度描いてもらったからです。(正確には漆→絵柄→漆の3工程を経てるそうです)。今回修理に出さなかった器たちもいつか漆の塗り直しをお願いしようと決意しました。

見事に接合されています。

左が修理あがり。明らかに艶やかさアップ!

他に汁椀やお箸もあります

デザイン、柄、質感、すべて非常に気に入っております。幼児が使うにあたっては、軽いということ、熱が伝わりにくいことも利点です。

もともと山中塗りというのは大衆的な漆器であり、決して一部嗜好品的な高級品ではない、というのも好きになった理由かも。庶民の味方!でありつつも昨今貴重な「手作りの良さ」が伝わる温かみのある素晴らしい食器です。

ちなみに修理に出したのは今回が2回目(^_^;)。いずれも銀座小夏さんでお願いしました。料金は大変お安いのですが、修理は職人さんに出されるということで出来上がるまでに3ヶ月〜半年ほどかかります。気長に待ちましょう…。

銀座小夏さんに行くと在庫があるので、実際に手にとって見ることができます。その他にも可愛くて質の高い子供用のお箸や食器が所狭しと並んでいてとても楽しいお店です。気になる方は是非一度行ってみてはいかがですか?WEBで通販もやってるみたいです。

銀座小夏さんのHPへ

なるべく普段使いで良い食器を使いたいなと思っていますが、実際はプラスチックのコップを使わせがちな我が家だったりもします(^_^;)。幼児持ちのご家庭ならわかっていただけるかと思いますが…。

とは言え壊れたらまた修理に出せば良いわけで、なるべく良い食器を普段から使っていきたいところ。ではまた!

カモノハシ通信3: 赤ちゃんグッズ(13) お食い初め食器

0 件のコメント :

コメントを投稿