2016年2月29日月曜日

トランポリンの間違った遊び方

そうなんです。トランポリン買ったんですよ。大人でも楽しめる耐荷重110Kgのがセールされていたんで。



最大の懸念は「マンションでアリなのか?」という1点でしたが、結論的には全くノー問題。念のためプレイマットを敷いていますが、大人が飛んでも無振動、無騒音。妻に飛んでもらって僕が床に耳つけて振動等確かめましたが全く感じられませんでした。少なくともうちのマンションでは大丈夫そうです。

そんなトランポリンの楽しさ、効能、効果については別途書き途中のブログがあるので後日ご紹介したいと思っているのですが(と思いつつもう2週間以上寝かせてある状態…)、さしあたり今日作ったYouTube動画があるのでご紹介(^_^;)。

題して「トランポリンの間違った遊び方」です。ちょっとBGMの音が大きすぎたかも知れませんのでご注意…。



プラレールがいい感じで走るんですよね。ではまた!

2016年2月25日木曜日

インフルエンザに感染…保育園に行けません

昨日から保育園をお休みしている息子ちゃん。インフルエンザにかかってしまいました…。

家でずっとYouTubeを見てるらしい息子

昨日の朝、体温をはかってみると38.5度。それまで特に前兆は見えていなかったので驚きましたが、とにかく保育園には行けません。(保育園ではまず体温を計測し、37.5度以上だと預かってもらえません。)その日はハーマイオニーさん(奥様=魔女)が急遽会社を休んで1日面倒を見てくれました。

日中メッセンジャーで僕のもとに飛んでくる息子ちゃん情報。昼前には39.2度に、そしてついに39.8度。さすがの息子ちゃんもぐったりして妻ちゃんのもとを離れないようです。

この辺で「もしかして噂のインフルちゃんかも…」との疑念というか半ば確信が。インフルの場合、発熱が始まってから12時間程度たたないと正確な検査ができないそうなので、病院に行くとしたら夜ということになります。

僕はこの日ちょうど会社の飲み会だったのですが、飲みたかったお酒も飲まず(^_^;)、途中1時間で切り上げて帰宅。帰宅後、妻子を車にのせいつもの病院に直行です。この時点でも体温は39.2度。下がってません。

検査の結果はバッチリ陽性\(^o^)/。インフルエンザA型ということでした。

当直の女医さんの机には使い捨てトレイに乗ったインフル検査セットがいくつも重ねて置いてありました。きっとそれだけ流行っているということなのでしょう。ちなみにインフル検査は10cmほどの細長くて柔らかい棒のようなものを、鼻の穴から無慈悲につっこんで、先端についた何かを調べるもののようです。見るからに痛そう。当然息子も大泣きです。が、まぁそういうのは一瞬のことなので(僕は)大して心は痛みません。

薬は例のタミフルです。異常行動との関連性が一時話題になりました。内心ちょっとビビります。(一度ついてしまったイメージは困ったものですね。)幼児用なので粉薬なのですが、どうやらとっても苦いようで、アイスに混ぜたりイチゴミルクに混ぜたりとハーマイオニーさん(奥様=魔女)が苦労して飲ませてくれています。

今日になっても熱はなかなか下がらず。昼ごろにいったん38.0くらいまで下がったそうですが、その後また夜になって39.2度に。ちなみにさっき寝る前は38.5度でした。徐々には下がってきているのでしょうか。

わかりやすいもので熱が少し下がってくると子どもは急に元気を取り戻します。が、上がるとまたグッタリしてきます。今日の場合だとその境目が39度ぐらいだったようです。

しばらくは保育園もお休み、外出もアウトということなので、先ほど帰りがけにビックカメラ有楽町でこれを買ってきてみました。アンパンマンの「おしゃべり動物図鑑」です。ペンでタッチすると説明の音声が流れます。

ページ数も多くたっぷり楽しめます

こういうのiPadのアプリでも持ってるのですが、息子が最近とにかくYouTubeの幼児向け動画を見まくるので(放っておくと1時間でも2時間でもずーっと見てる)、脱iPhone、脱iPadを目指すべくあえてこれを買いました。

カモノハシをタッチするとカレーパンマンが「足の爪に毒を持っているんだってさ!」とコメントするのだけが唯一残念です。もっとポジティブ情報を!(^_^;)


インフルエンザにかかると発熱した日から最低6日間、平熱に戻ってからも4日間は保育園を休ませないといけません。もし明日25日に熱が下がったら、25,26,27,28で29日月曜日から園に復帰できます。が、明日平熱に戻るようなイメージは今のところ持てないですね…。ちなみに今週金曜日まではハーマイオニーさんに会社を休んでもらいます(かわりに土曜日に出勤)。来週月曜日にかかった場合には、僕が休まざるをえない状況です。なかなかツライ感じですね。

それよりハーマイオニーさんや僕がインフル感染しないようにすることが何より大事かも。幸いうちにはシャープのプラズマクラスター(笑)付き加湿空気清浄機器があるので、これをフル稼働させてしのぎます!プラズマクラスター信じてますので!(というのは半分冗談ですが、加湿することが非常に効果的なのは事実とのことです。)

ちなみに予防接種ですがハーマイオニーさんだけが受けていて僕と息子は受けていませんでした…。諸説ガヤガヤありますが僕は受けようと思っていたので、こんなことになってしまい大反省です。来シーズンは必ず受けたいと思います。(近所の小児科で、より効果の確実なミストタイプを扱っているところがあるので次こそ予約する!今シーズンは出遅れて予約できなかったので)

とにかく大流行しているみたいなので、みなさまも是非お気をつけ下さい。ではまた。

2016年2月22日月曜日

今日は猫の日2016 過去の写真を猫検索

これ書いてるの実は2月23日になっちゃってるんですが、気にせず2月22日扱いで投稿しちゃいます。なぜなら2月22日こそがニャンニャンニャンで猫の日だからです\(^o^)/。この数年、なるべく忘れないようにこの日は猫の日フォトをブログにアップしています。誰のためでもなくただ自分のために(^_^;)。

寝てる息子ちゃんの横に我家の猫「甚五郎」を置いて強引に撮ってみました(^_^;)。



ちなみに普段の甚五郎さんはこんな感じ。


着ているのは息子ちゃんが1歳前ぐらいのときに着ていた無印良品のシャツとズボンです。

カモノハシ通信3: 息子の髪型

妻実家でも今年からまた新たに猫ちゃんを飼い始めましたし、私実家のネオも幸いまだまだ元気なようです(Skypeで見せてもらいます)。両家の(本物の)猫ちゃんたちにはこれからも元気でいてほしいものです。

猫写真検索


ところで最近は技術の進歩により自分で撮影した過去の猫写真を探すのが随分便利になりました。例えばこちらのFlickr。catで自動分類されています。


186枚とありますが実際はもっとあるはず。この後紹介するGoogleに比べると検索精度は落ちるということでしょうか?もしかしたらより厳密に確実に猫!というものだけをチョイスしているのかもしれません。(その割になぜか臍の緒の写真が1枚混じっています…)

Flickr以前からずっと写真を貯め続けているGoogleの場合は…


全部で5014枚!けっこうな枚数です(^_^;)。実家が猫を飼いはじめたのが2004年からなので、そこから猫写真大量アップロードが始まっています。

が、その前にあるこちらの写真。当時、妙に気に入って勝手に雑誌からスキャンして年賀状にも採用した1枚がこちら。


これはJAFの機関誌、JAFMATEの表紙を飾っていた写真です。すみません、2004年のものとは言え勝手に使っちゃいまして(^_^;)。

でもこの猫。なんともいい表情だと思いませんか?

猫写真っていいものですね。ではまた!

カモノハシ通信3: 今日は猫の日2015




2016年2月12日金曜日

オムロンのWiFi体重計を買った

オムロンの無線LAN機能付き体重計HBF-253W-BKを買ってみました!発売から1年以上経って価格もこなれてきてますよ。


ライバル機種がいくつかあって少し悩みましたが、総合的に見てこれ以外の選択肢はありませんでした。

ライバル①【日本正規代理店品】 Withings ネットワーク対応 体重計 Smart Body Analyzer WS-50 ( Bluetooth Wi-Fi 機能搭載 / 超薄型 / 体重 / 体脂肪 / 心拍数 / 室内環境 ) ブラック 70023101

ライバル②タニタ 体組成計 インナースキャンデュアル RD-901-BK(ブラック) iPhoneアプリで健康管理/最小表示50g

ライバルたちと比べてオムロンが良いと思った理由は以下の3点です。

1.わずか4秒で測定完了!

ライバル①Withings社のものだと30秒かかるそうです。朝の貴重な時間、30秒間じっとしてるのは耐えられそうにありません(^_^;)。

2.測定結果を自動でネットにアップロード

自動というのが良い所。意外やライバル②などタニタの機種には自動アップロード機能を持ったものが存在しません。まずは手元のiPhoneアプリに転送する仕様です。

またオムロンの他機種でもあるのですが、NFC対応のAndroid端末を体重計にピッと近づけてデータ通信するケースもあるようです。いずれにしても一度スマートフォンに入れてから、だなんてどう考えても面倒くさすぎます。絶対続かない(個人的に(^_^;))。

3.充実した基本性能

日本製ということで測定精度には信頼感が持てます。ライバル①の最大の欠点は体重が200g単位でしか測定できないところ。今回買ったオムロンのは50g単位です。なおタニタの上位機種はより高精度に体脂肪や筋肉量が測れるデュアルスキャンと言った機能があるようで、そこにはちょっと惹かれていました、ハーマイオニーさん(奥様=魔女)が。

また当然のように

・体重計に乗ると自動で電源ON
・誰が乗ってるかを自動で判別
・一定時間経つと自動で電源OFF

と言った、今どきの機能はついております。

ネットで測定結果が確認できて便利です


専用アプリもありますが、それでなくても普通にネットから見られるのが良い所。こんな感じです。

グラフ。見たい項目を選択できます。あとメモも見られる。

こちら記録されている全項目。

結果はファイルに出力してダウンロードもできるようです。CSV形式なのでエクセルで開くと便利です。

3週間使ってみての感想


まずは良い点から。

とにかく4秒計測というのが非常に良いです。ホント一瞬。以前使っていたタニタのだと10秒ちょっとかかっていたのですが、その差は心理的面倒くささの溝を埋めるに十分意味のある差です。(別にタニタが嫌いなわけではありませんので!)

そして結果をいつでもネットで確認できるのは素晴らしい。

当然ですが、ハーマイオニーさん(奥様=魔女)の測定結果は僕には見られないようになっていますよ。

そして悪い点、というか是非改善をお願いしたい点。

ネット上のサービスが超絶分かりづらい。ドコモのサービスである「わたしムーブ」の会員にならないとオムロン独自の「ウェルネスリンク」が使えないのがかなり難解。そしてそのあたりの説明は外箱にちょろっとしか書いていない(しかも外箱の情報は古く今とサービスの名前が異なる。その辺含め取扱説明書では見た感じ全然触れられていない)。

そして「ウェルネスリンク」では無料だと6ヶ月間しかデータを保管してくれないということが、何処にも書いてない。ネット上にしかない「有料プレミアム版」の説明を見てはじめて「ありゃ?無料じゃなかったの!?」と気づく。騙されたような気になります。これはかなり心象悪いです。気をつけないとマクドナルドみたいになりますよ。

これは瑣末なことですが今どきフラッシュでグラフ書くのはやめませんか?iPhoneから見られないのは悲しい。(iPhoneアプリの「からだグラフ」から見ればいいって?だったら6/6s Plus画面対応くらいしましょうよ。未だにやってないのはやる気ないからですよね…。)

あと本体の物理ボタンが小さすぎて押しづらいです。特許がらみの制約なのかなと勘ぐったりもしますが、特に電源OFFボタン。もうちょっと足の指で自然に押せるようにしてほしい。放っておいても電源切れるのはわかりますが、電池もったいないじゃないですか。

それに無線LANでネットに接続するのは電源OFFのタイミングなので、たまに通信に失敗してエラーになった場合は手で再度電源入れてデータ再送させたいので、その意味でもさっさと電源OFFにしたいのです。(うちの洗面所は無線LANの届きがギリギリなのでたまに通信に失敗してエラーになる。再送信するとだいたい成功する。ちなみに本体内で20回分くらいはデータを貯めておいてくれて仮に通信失敗しても次回以降まとめて送ってくれるという機能があり、ありがたい。)

それにしても


タニタにしてもオムロンにしても、インターネット社会への意識がここまで低くて今後大丈夫かなと勝手ながら心配になります。せっかく信頼性のある魅力的な製品群も、今後インターネットにつながっていかなければ「不便さ」によってきっと競争に負けてしまいます。体重計なんてまさに典型的だと思うんですよね。

フランスのWithings社が無線LAN体重計を出してから3年以上たちますが、これまでの間、そういうイノベーティブな製品が日本の会社から出てきていないのが本当に心配です。タニタやオムロンのようにベースの技術がしっかりしている企業からすれば、見渡すかぎりのブルーオーシャンなんじゃないかと素人目には見えるんですがどうなんでしょうかね?もったいない。

何にせよ、もうちょっと頑張ってほしいところです。とりあえずクラウド上のデータにアクセスできるAPIを公開して野良技術者に面白いサービスを開発してもらったらどうでしょう?

とにかく


そんなわけでこちらの体重計、自信をもってオススメできます。レコーディング・ダイエットなんって空虚な言葉も最近流行っているようなので(毎日測るだけではやっぱりやせない(^_^;))、そういう意味でもいいんじゃないでしょうかね。ではまた!

2016年2月9日火曜日

赤ちゃん言葉賛成派です

僕びっくりしたんですが「赤ちゃんに赤ちゃん言葉を使うのは良くない!」って考えの人が一定数いるらしいですね。

代表的なところだと、ご飯を「まんま」、足を「あんよ」、車を「ぶっぶー」などなど。こういった赤ちゃん言葉=幼児語は僕にとっては全く自然で普通のことです。僕の親も使っていたと思いますし、ハーマイオニーさん(奥様=魔女)のご実家でもそうだったはず。ハーマイオニーさんも積極的に赤ちゃん言葉を使っています。



ところがこういう幼児語は「成長したときに言葉を新たに覚え直す必要があるので無駄」「子どもは大人の言葉を学ぶので大人が幼児語を使うのはNG」といった考えの人もいるそうです。

色んな考え方の人がいるものですね。

もちろん何が正解かなんて僕は知りませんが、僕はまず僕の肌感覚において赤ちゃん言葉は良いものだと感じています。あえて言葉にすると赤ちゃん言葉の良い点は以下の3点。

1.早い時期からコミュニケーションが活性化できる
2.その結果として語彙力が増える
3.脳に関連性のシナプスを構築できる、と思う

赤ちゃんにとって「自分が発音した音声」は、大人がそれをリピートして目を見て理解を示すことによってはじめてその子にとっての「言葉」になるのではないでしょうか。

赤ちゃんが(想像上(^_^;))勇気を出して発声した「アンヨ」という言葉に対し、大人が足をとって「アンヨだね〜!」と笑顔で返してあげてはじめて「あ、オレの体のこの部分は『アンヨ』で正解なんだ」と思うと思うのです。

逆に赤ちゃんがアニメか何かの猫を見て「ニャーニャー」と言ってるのに、大人が「あれは猫よ」と言ったって赤ちゃんには意味不明ですし、せっかく自分の中にできかけた「あの生き物=ニャーニャー」という関連性の正否が確認できず自信が持てないのではないでしょうか?

僕からすると「あれは猫よ」と否定で入るのはちょっとイヤです。コミュニケーションは楽しくいきましょうよ、と。

赤ちゃんの発声しやすい赤ちゃん言葉を使うことで、赤ちゃん言葉を使わない場合よりも、コミュニケーションは明らかに円滑に進むはずです。その分たくさんの語彙を身につけることができることでしょう。語彙が増えればコミュニケーションも活性化しますし良循環です。

これについてはワシントン大学とコネチカット大学が26人の1歳児に対して実施した調査結果で明らかになっています。去年か一昨年に日本語のニュースサイトでも紹介されていました。
Baby talk helps infants learn language faster - Telegraph
いい感じで日本語で紹介してるのがこちら
語彙力が3倍に!? 子供に“赤ちゃん言葉”で話しかけるメリット | パピマミ

要は2歳になったタイミングで比較して赤ちゃん言葉を使って育てたグループの方がそうじゃない方よりも語彙力が3倍だったという研究結果です。

僕が調べた範囲では同様の調査結果が2005年にカーネギーメロン大学からも出ているようです。
Baby Talk May Help Infants Learn Faster

ところで「parantense」という赤ちゃん言葉を意味する造語?は面白いですね。親センテンス、的な。(センテンス・スプリングとは全然関係ない)

去年の節分。本文とはあまり関係無し(^_^;)

脳に関連性のシナプスを


僕は専門家ではないので単なるイメージで話しているのですが、脳の活性化にとって大事なのは様々な事象を結ぶ関連性や多様性なんじゃないでしょうか?

大人の我々だって、頭の中で新たな「関連性」を作れた時に「そうか!そういうことだったのか!」と頭が良くなったように感じるはず。何かと何かが結びつくことで理解は生まれます。

幼児の時に「ニャーニャー」と覚えたその生き物の名前が「猫」だと知った時、それは脳の中に関連性のシナプスが生まれた瞬間です。(あくまでイメージですが(^_^;))「ニャーニャー」を覚えることが無駄だっただなんて、僕の素人考えでは全く思えません。

シノニム(類語)が豊富でメタファー(例え)が巧みな人は例外なく頭がいいんじゃないかと僕は思います。脳の引き出しをスパっと開けて適切な表現を見つけたり、相手に合わせて言い直しをできる人は優秀です。そういう人は脳の中の関連性のシナプスが人より多いのかも知れません。

脳の中の関連性の繋がりは無限の森のように広がっていくはず。幼児のうちからその基礎を作ってあげたいと僕は思います。スタート地点をなるべく高めに持って行ってあげたい。低めの球よりも高めの球を打った方がホームランになりやすいんですから(^_^;)。

最後に本音


「赤ちゃん言葉は良くない」派の人って、本当は大人の自分が赤ちゃん言葉を使うことがハズカシイだけなんじゃないでしょうか?だとしたら…ちょっともったいないですよね。

以上、僕の素人考えでした。皆さんはどう思いますか?ではまた!

2016年2月7日日曜日

きんかん・読書・車検・タイヤ

雑談です。最近我が家は早寝早起き体制のため、なかなかブログを書く時間がとれません。夜も9時を過ぎると「そろそろ寝ようかな〜」なんて自然と思い始めるくらいですから。

きんかんシロップ


ハーマイオニーさん(奥様=魔女)が作ってくれたきんかんシロップときんかんのハチミツ漬けです。


左がきんかんシロップで、熱湯に溶かして飲むと甘酸っぱくて超おいしいです。右のはちみつ漬けもなかなかグッド。皮の食感と苦味がちゃんと残っています。種とってくれてるのが素晴らしい!いずれも栄養があって体にも良さそうです。

ハーマイオニーさんはこういうのをマメに作ってくれる感じではないのですが、たまに材料が余った時なんかに(今回はきんかんを大量にいただいたので)こうやって作ってくれます。大変ありがたいです。

今年は本を読もうと


この数年、読書量が目に見えて減ってきています。なので今年は意識してたくさん本を読もう!と思っているのですが、なかなか思うように進んでいません。

なんとなく決めたのはひと月の間に「業務系を1冊、技術系を1冊の計2冊を読む」ということ。つまりいずれも仕事がらみということですね。僕の職種はシステム屋さんで担当業種が金融業なのですが、いまだに金融について知らないことが多すぎるので困っています。毎月1冊の読書でどの程度カバーできていくのかはわかりませんが、読まないよりかはマシでしょう。それに読むといろいろ見えてきて面白いんですよね。(というか面白そうな本しか読みません(^_^;))

あとは村上春樹さんとか出たら当然読みます。(ラオスのは電子版で買うもまだ読んでないですが…。あと「村上さんのところ」の電子版もまだまだ読了できてません。あの分量を制覇する人はそんなに多くないのでは(^_^;)。)


オートバックスで車検


自分の車は6台目なのですが(トゥデイ→コペン1号→RX-7(FC3S)→コペン2号→コペン3号→ミト)、一昨年ミトで初めて車検なるものを通しました。

アルファロメオのオフィシャルディーラーにお願いしたのですが、最初の車検でかかった費用は20万円以上。バッテリーもタイヤも、もちろんタイミングベルトも換えずにこのお値段。新車から3万キロ弱しか乗ってなかったのに。とにかく車検について何の知識も持たなかった僕ですが、それでも「高い!」って思いましたもん。どうなんでしょ?

なので今回、5年目の車検は近所のオートバックスにお願いしてみました。結果トータルの車検費用(法定費用込)は10万円弱!安い!

検査の結果、特に傷んでいるところは無かったため、法定費用の他はあらかじめプライスリストに載ってる費用(輸入車コース○万円)くらしかかかりませんでした。バッテリーも問題なし。

ディーラーとオートバックスで検査結果に対する厳しさがこうも違うのかと驚くと同時に、正直一体何を信じて良いものかと若干困惑しました。もちろんディーラーはより高いレベルで安全性を担保するためにいろいろやってくれているのでしょうが…。

しかもオートバックスだと車検の検査場を兼ねているのでその場で1日で全て完了。いちいち車検場に持っていくなんてことはしなくてよいのだそうです。知らなかった…。超便利じゃん…。ちなみに代車も出してくれました。

ついでにタイヤを新品に


車検が思ったより安くあがったので、タイヤを交換しました。車検的には元のタイヤでも十分いけたのですが、以前ディーラーで「サイドウォールに亀裂がいってるので危険です」と言われていたこともあり(僕の目には危険な亀裂には見えなかったのでそこから1年以上乗りましたが)、なにより乗り心地を改善したくて交換に踏み切りました。車検と合わせてだと結構割引してくれたということもあります。

選んだのはダンロップのLE MANS 4。この2月に発売サれたばかりの新型LE MANS 4です。(ちなみに旧型は2011年発売ということで価格.comで見ると超安くなってます。)

ダンロップと言えば僕と顔の似ている福山雅治さんがCMやっているということで、何となく親近感がありました(^_^;)。



※公式CM動画はシェアできませんでした。シェアできるようにすればいいのに。

元のタイヤはコンチネンタル。プレミアム・コンフォートとのことですが乗り心地はかなりアレ。


こちらが新型LE MANS 4。転がり抵抗AAというのが新型の証です。ちなみにウエット・グリップ評価も旧型のCからBに上がっています。


交換後まだあまり走ってないので評価はできません。空気もちょっと多めに入ってますし。

ただ明らかに転がりやすくなったなとの実感はあります。瞬間燃費計を表示しながら走ると、平らな道を一定速度で走らせた時に瞬間燃費がリッター20Kmに達するまでの時間が短くなっています。体感的にも出だしが少し軽い気がします。

もうちょっと走って、空気を少し抜いたら、乗り心地や走行性能について分かると思うのでまたそのときに書きますね。

というわけで雑談は以上です。ではまた。