2015年12月24日木曜日

横浜ベイスターズからのプレゼント

息子が今日、保育園でこんなものを貰ってきました。横浜ベイスターズの野球帽です!



先日こんなニュースがあったことを野球ファンの皆様なら覚えていらっしゃると思います。(それか神奈川ローカルかも(^_^;))

DeNAサンタが神奈川の子供たち72万人に野球帽 - 野球 : 日刊スポーツ

神奈川全域の幼稚園、小学校、特別支援学校、認証保育園はもちろん認定こども園や私設保育施設まで含めた全72万人の子どもたち全員に配ったそうです。

素晴らしい!

同封のパンフには球団社長名でこんなメッセージが。

そんな由緒ある古き良き「横濱」があるこの場所を、
世界に名の轟く「YOKOHAMAのボールパーク」にしていきたいのです。
そんな中、子どもたちが野球キャップをかぶり走り回る光景は、
元気で幸せな時代と時間のひとつの象徴であると考えます。
サッカーでも、テニスでも、どんなスポーツでもいいので、子どもたちの成長過程で、
何かスポーツに触れてもらいたい。もちろん野球もその選択肢のひとつであり続けたく、
その野球が子どもたち同士や、保護者と子どもなど世代を超えて人と人を繋ぐ
きっかけてあって欲しいとも思います。

素晴らしい!

正直運営会社がDeNAにかわったとき、根拠もなく「ケッ」て思っていましたが、今回の件で見直しました。これは素晴らしい。「上手なマーケティングだね」以上の熱い思いが感じられます。

同封のパンフがまたいいんですよ。選手名鑑はもちろん、野球のルールや投球フォームが写真つきで子供向けに解説されていたりして、なんともウキウキする内容なのです。

各ポジションの主な選手。センターは荒波選手。よかったね。

これうちの息子(2歳)にはまださすがに早すぎて意味が薄いかも知れませんが、3歳以上のお子さんにはかなりの効果があるのではないでしょうか?

何より僕がかなりウキウキしています(^_^;)。

近鉄バファローズが消滅して以来、固定の贔屓チームを持てないでいる僕ですが、この際ベイスターズファンとして生きていくこともアリなのではないか…。そんな気すらしています\(^o^)/

横浜は阿波野投手が最後に活躍させてもらったチームでもありますしね。

少なくとも今後、横浜ベイスターズを見る目は変わりましたし、球場に行きたいなとも思いました。せっかく近いし。

来シーズンが楽しみです\(^o^)/。ではまた!



0 件のコメント :

コメントを投稿