2015年2月26日木曜日

5,000円の枕にしてみた結果

先日、枕(まくら)を買い替えました。

本文と関係ないですが、1年前の今頃の写真。

近所のショッピングセンターで「あなたに最適な枕を診断します!」的なのがあったのでそちらを利用。無数の枝が平行についた器具を頭の後ろにあてると、枝部分がスライドして後頭部の形状が見て取れる的な道具を使ってまずは測定。

こんな道具。拾い画像です(僕じゃないです)

ハーマイオニーさん(奥様=魔女)は特に何も言われなかったのですが、僕は「かなり珍しい形ですね」と言われました…。極度の猫背ですからね…。(息子ちゃんにはそうなってほしくないものです…)

基本的にオーダー枕は2種類。より細かいカスタマイズが可能な2万円のものと、そこまでではない1万円のもの。

2万円のものだと枕を9つのパートにわけ、それぞれの箇所の硬さや中身の量を調節し、自分にあった最適な枕を作り上げることができます。中身の具材もそばがらやワタ、プラスチック・パイルをはじめ7種類ぐらいから選ぶことができるようです。

1万円のものは中身の具材チョイスが3種類に限定され、パート分割も3つのみとなります。

実際にいろいろ試させてもらったところ、我々の結論的には1万円のもので十分快適ということがわかりました。

ハーマイオニーさんは肩が凝りやすい+寝ながら授乳するために(通常はあまりしない)横向き寝をしてしまうことが多いことから、枕の両サイドに少しボリュームをもたし且つ真ん中をいい感じで柔らかく落としこむことで最適な高さの枕を作ることができました。

僕は基本横向き寝。それまでも硬め&高さが高めの枕を使っていたのですが、それでも高さが足りないと感じること多々で、よく枕を半分に折って使ったりしていました。それだと上を向いて寝てるときには高すぎるので困ったものだ…と感じていたわけですが、それにも完璧に対応する枕を作り上げてもらうことに成功。横で寝るときも十分な高さがあり、上向きでも寝られるような。素晴らしい!

しかし…こんな良い出来合い製品が!


8割がた1万円カスタマイズ枕を買おうとしていた我々ですが、ある商品が目に止まりました。お値段5,000円。普段なら「高い〜」となるお値段も、2万円や1万円を検討していたその時の我々には「安い〜」となるこのマジック(^_^;)。

カスタマイズ枕と同じメーカー(西川産業)なので、店員さんも快くお試しさせてくれました(たぶん)。

結果…、いろいろカスタマイズ頑張ってくれたのに申し訳なかったのですが5,000円の枕を買ってしまいました(^_^;)。いやー2つですからね。2つ合わせると1万円差、はやっぱり大きいですよ。

こちらです。パッケージ。



ハーマイオニーさんは「もっと肩楽寝」、僕は「もっと横楽寝」です。

名前からして我々にピッタリ!

こんな枕があったんですね。いろいろ説明が書いてあるので詳しくはホームページ等御覧ください(^_^;)。

その結果…


枕を変えたのは大正解\(^o^)/。少なくとも僕は大満足です。横向きで寝るときでも十分な高さがあるので、枕を折らなくてもすむようになりました!かなり硬めではありますが、硬すぎることはありません。硬め好きの皆様には自信を持ってオススメできます。

ハーマイオニーさん(奥様=魔女)も満足しているようです。内心は「あの2万円のがやっぱり良かったわ」とか思ってるような気がしないでもないですが、そんな高いの買えるか〜!ですよね。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

オーダー枕も「肩楽寝」「横楽寝」もいずれもオススメです。睡眠は健康の源です。枕は自分にあったものを使いましょう!ではまた。



0 件のコメント :

コメントを投稿