2014年10月17日金曜日

500円の意味はあるのか

ベネッセから個人情報漏洩のお詫びが届きました。500円分の電子マネーまたはクーポンあるいは図書券をもらうか、ベネッセに寄付するかできるとのことです。ベネッセへの寄付の是非は置いておいて、今回うちは僕名義とハーマイオニーさん(奥様=魔女)名義の2通届いたので、合計1000円分ゲットということになります。

電子マネーで選べるのはnanacoとedy、クーポンはAmazonギフト券です。nanacoとedyは16桁番号の入力が必要で面倒だったのでAmazonギフト券をチョイスしました。やってみて思ったのは「これはたどり着けない人がかなりいるな。サポート電話鳴りっぱなしだろうな」ということ。細かい指摘はいくらでもできますが疲れるのでやめときます。



そもそもこの500円は本当に必要だったんですかね?仮に500円送られてこなかったからと言って、その後のベネッセとの付き合いに何かしらの変化はあるでしょうか?僕はこの事件のはるか以前からベネッセさんは「う〜ん」だったので、今更何とも思いません。情報漏洩についても「もともと漏れてなかったわけがないし」「今回個人情報消したって、そんなんウソに決まってるやろ」と思ってますから(^_^;)。

パンパースおむつのノーマルバージョン(緑色)の絵柄がトラジロウなのがあまりに残念です。パンパースは好きなのに買う気になれないという…。ちなみに「はじめての肌へのシリーズ(紫色)」はベネッセ無関係の絵柄なので、そちらを使っています。

このもらった1,000円で何買おうかな?ではまた。


0 件のコメント :

コメントを投稿