2014年9月2日火曜日

おうちで絶品チキン南蛮!甘めに作ってもらった

前回(カモノハシ通信3: 豊洲チキン南蛮案内)からの続きです。

ということでハーマイオニーさん(奥様=魔女)に作ってもらいました!

マンガきっかけです


事の始まりは、ハーマイオニーさんが借りてきた「ひまわりっ~健一レジェンド~」という東村アキコさんのマンガ。我が家では現在、東村アキコさんブームが巻き起こっており、その件は別途ご報告いたします(^_^;)。

これは主に宮崎を舞台とした東村アキコさんの自伝的ギャグマンガ(一応ラブコメ?)。はっきり言って面白いので是非ご一読を。チキン南蛮は宮崎料理ということで、このマンガでもかなり重要なアイテムとなっています。(終盤の緊迫したドタバタの中、チキン南蛮のモモ派・ムネ派をめぐる攻防がなんともウザ楽しい。あのスピード感!東村アキコさんは天才だと思います。)

で、7巻にこんなシーンがあったんですよ。これ見てもう食べずにはいられなくなっちゃいました。相変わらずシンプルに影響されやすい我々です。

東村アキコさん「ひまわりっ~健一レジェンド~」第7巻です

これは東村アキコさんの弟のタクマくん(なんとこの人もマンガ家。「となりの関くん」の人)が大学時代、母親直伝のチキン南蛮を友達にふるまうシーン。

注目すべきはタルタルソースのレシピ。ゆで卵、マヨネーズ等は良いとして「練乳」と書かれています!これは相当甘くなる!期待大!

あと残念ながら東京では「チキン南蛮のタレ」は売っていなかったため、クックパッドを参考にお酢と醤油と砂糖で作ってもらいました。

甘いは旨い


宮崎・鹿児島あたりの人はとにかく甘い味付けが大好きなようです。かくいう僕も母が鹿児島生まれなためか甘めの味付けを好みます。て言うか東京に出てきて、醤油が甘くないことにかなり驚きましたもの。

ハーマイオニーさんは埼玉生まれ埼玉育ちな人なので、甘い味付けを僕ほどには好みません。どちらかと言えば酸味のある味付けを好みます。ですので今回僕は妻に

「練乳ちゃんと入れてよ!」
「甘め!とにかく甘めにね!」
「甘いは旨い、旨いは甘い。旨味イコール甘味だからね!」

と何度も何度もお願いしておきました。(若干ウザがられた)

マンガでもその重要ポイントは強調されていましたし(^_^;)。

東村アキコさん「ひまわりっ~健一レジェンド~」第7巻です。

おかげで「これカロリーとんでもないことになってるよ」と妻が恐れおののくほどのタルタルソースがたっぷり出来上がりました。ありがとうハーマイオニーさん。

出来上がりがこちらです!

これ1人前です(^_^;) 全部平らげました…

なかなか美味そうでしょ!少なくとも豊洲のお店のニセチキン南蛮とは比べ物になりません!!

鶏肉はモモとムネを両方用意。結論的にはハーマイオニーさん(奥様=魔女)はムネを、僕はモモを気に入りました。

タルタルソースは非常に美味しくできました。練乳の味まではしませんが、いい感じの甘味がたっぷりと感じられ、そこに刻んだピクルスとラッキョウが爽やかなアクセントとなって、ご飯何杯でもいけそうです!

自作のタレもなかなかグッド。この甘酸っぱさがなければチキン南蛮ではあり得ません。揚げたての鶏肉をタレにドップリと漬けたのも良かったです。お店みたいにチャラっと上からかけただけでは、まったくもって物足りませんから。後ろのキャベツにまでタレが染み渡っているのが良いのです!

というわけで

大変おいしかった\(^o^)/

お店で食べたのとは大違いでした。

しかしチキン南蛮の美味しいお店探しに終わりはありません(^_^;)。ネットで評判のお店を狙ってまた食べにいってみたいと思います。ではまた。

0 件のコメント :

コメントを投稿