2014年7月30日水曜日

ぱぱ・まま・まんま、赤ちゃん言葉について

うちの息子ちゃんも10ヶ月(修正月齢8.5ヶ月)をこえ、いろいろと赤ちゃん言葉を発するようになってきました。

スライムにむかって「ぱーぱーぱー」と言う息子。

面白いもので、一切教えたことがないにも関わらず

ぱぱ・まま・まんま

この3つはたびたび発音します\(^o^)/。もっともうちでは「お父さん」「お母さん」で通しているため「ぱぱ」「まま」と言われて感動はありません(^_^;)。ただの偶然でしょうが、それにしてはかなりの頻度で「ぱぱぱぱぱ」とか「まま」とか「まんままんま」と繰り返し発音しております。やはり発音しやすい単語なのでしょうね。発音しやすい単語を赤ちゃんにとってもっとも重要な父・母・ご飯に結びつけたのは、ある意味とても賢い作戦だと思います。

ご飯のことを「まんま」とは教えてないのですが、見ていると何かしらの欲求が発生したときに「まんまんまんま…」と発声していることが最近わかってきました。例えば僕らがよそ見をしているとき。自分に注目を集めたい気持ちが高まると「まんまんま」と言います。そのほか飲み物を欲しがるとき、そして離乳食を欲しがるときも「まんまんま」と言っているような気がします。面白いものです。

あと最近身につけてしまったのが超音波。赤ちゃん・子供特有のあの耳をつんざくようなキーキー声です。なにか要求が通らないことがあるときや、その他気分が高まった時などにもすぐ「キャー」と超音波攻撃を繰り出してきます。

超音波発生中(^_^;)

それを「ダメ!」と抑えつけることはしませんが、最近はあまりに回数が多くなってきたので「しー!」と指を口にたてて制することはあります。目を見て真面目に「しー」ってやると、けっこう伝わるものです。

はやく言葉のコミュニケーションがとれるようになりたいものです(^_^)。

0 件のコメント :

コメントを投稿