2014年5月31日土曜日

頭の大きな家族、それは我々

実物の僕を見たことがあるかたはご存知のとおり、僕って頭(あるいは顔)が大きめじゃないですか?物理的に。


中学時代、後輩の中でも特におとなしく絶対に人の悪口なんて言いそうにないウチヤマ君でさえ「クロさんの頭は大きいと思います」って言ってたくらいですから(悪口じゃないけど)、きっと本当にそうなのでしょう。今でも覚えてます(^_^;)。

そして我が妻ことハーマイオニーさん(奥様=魔女)も、ご覧になった方は御存知の通り僕に負けず劣らずビッグヘッドでございます。身長も大きめなのですが、顔もまぁ、大変お目立ちになられると言うか…。



付き合いはじめの頃、僕が駅の改札で待っていて、そこにやってきたハーマイオニーさんの見つけやすさに驚愕した記憶があります(^_^;)。もちろん良い意味で!

そんな2人に生まれた息子ちゃん。そりゃそうなることくらい予測の範疇でしたよ。ええ。

でも!生まれた時はそれはもう小顔でした(^_^;)。もしかして、何かの遺伝子的な手違いで顔の大きさが遺伝されなかったのか!?我々からまさか、安室奈美恵なみの、小池徹平なみの小顔イケメンが生まれちゃったのか!?


そう思っていた時期が我々にもありました(^_^;)。

気づけばこうですわ。

二重あごが最大だった去年の12月頃

さすがにこの写真はアレですので、最近の写真だとこうです。

僕方の祖父母と。勝手に掲載(^_^;)。猫のネオも後ろにいます。
やっぱり頭が大きいような気が…。

そして先日致命的な出来事が!


上の写真にありますように先日、大阪の実家に息子を連れて初めて行ってきたのですが、それは茨木イオン(マイカル?)のコム・サ・イズムで起きました。

うちの母が(おばあちゃんですね)息子ちゃん用の帽子を買ってくれようとしていたんです。以前からコムサの前を通るたび、ディスプレイされている子供服の可愛さに「いつかこんな服を孫に買ってあげられたら」と思っていた(に違いない)母のことですから、それはまさに念願のひとときだったはず。

ところが!

その赤ちゃん用帽子(決して新生児用ではない)を息子ちゃんにかぶせようとしたところ…

帽子が小さすぎて…いや
頭が大きすぎて入らない〜!!

という悲しい事件発生\(ToT)/

帽子はあきらめざるを得ませんでした…。

帽子が頭に入らない、これがいかに悲しい出来事か。僕とハーマイオニーさんは熟知しています。これまでの人生、我々も行く先々の帽子屋さんで、どれほどの辛酸を嘗めてきたことか。頭の小さなあなたには決して分かるまい!(T_T)

…。

そんなわけで、これからは(これからも)頭でっかち家族として、一生懸命生きていきたいと思います。どんなことも〜こえてゆける〜家族に〜なろ〜ぉよ〜。

最近髪の毛が急激に増えました。息子の。
ではまた!

0 件のコメント :

コメントを投稿