2014年3月31日月曜日

父と母、どちらに似てるか?

いまいち分からないのですよ、どっちに似てるのかが。ハーマイオニーさん(奥様=魔女)か僕か。今までご対面していただいた友人たちからは「パーツはハーマイオニーさんで、雰囲気は僕」と、よく言われます。

今回は両親の赤ちゃん時代の写真と息子ちゃんを比較してみたいと思います。単なる親バカ(バカ親?)ブログですみません(^_^;)。

こちら最新の息子ちゃん。

IMG_5297.JPG

P3253531.JPG

まずはハーマイオニーさん(奥様=魔女)。

mayu_000

mayu_001

そして僕。

naoki_001

Image0003


ここに挙げた写真だけで判定するのは難しいですが、パッと見、僕の赤ちゃん時代の方が似てません(^_^;)?

これから息子ちゃんがどう成長していってくれるか楽しみです。

2014年3月26日水曜日

無法者サービスを批判してみる。Amazonとか

昨今、電子書籍の普及スピードが早まっているように感じられます。日本国内の電子書籍シェアで第1位を走っているのが残念ながらAmazon Kindle。強いです。

今年に入って目につくのがKindlle書籍の大安売り。書籍の再販制度には様々な問題点が指摘されているものの基本的にそれを守り続けてきた国内の本屋さんを尻目に、Amazonは「知ったこっちゃねー」とばかりに安売りを仕掛けてきました。特に角川書店との「悪魔のコンビネーション」によるセールは破壊的すぎます。詳しくは書きませんが50%オフとかざらみたいですね。

紀伊國屋書店やhontoのような書店連合軍は今のところAmazonの真似はできません。せいぜい購入者に次回使えるクーポンをつけたりポイント倍増したりするくらい。本の価格破壊は断じてさせまいという意志が感じられます。楽天ですらクーポン配布しかしてません。

Amazonに負けるのは必至でしょう。

なんと言ってもAmazonは税金を払う必要がないし、日本のルールも守る必要がない(と今のところ思っている)からです。そんな無法者=DQNに勝てる人いませんて。安くて便利なAmazonを使いたい人がほとんどでしょう。

ネットの世界っていつもそうです。

無法者がルールを無視したやり方で一気に市場を席巻します。

例えば食べログ。立ち上げにあたり既存グルメサイトを人海戦術でコピペしまくることで一気にコンテンツを充実させたことは有名です。ルール無視、やったもん勝ちの虚しい世界です。

例えばLINE。まずはiTunes Storeレビュー欄を使った「出会い系アプリ」として一部の人たちに浸透させ(最初期は本当に酷かったですよね。意図してなかった訳ない)、そこからスマートフォンの電話帳情報を(ほぼ勝手に)使ってユーザーを芋づる的に増やすという「普通思いついても実行はしないだろう(さすがに国民性の違いを感じる)」的な薄汚い手段で今日の地位を築きました。

角川書店もひどいですよね。だったらAmazonもhontoもkinoppyも同じ価格にしてみろってんだ。「ぐへへーAmazonさまー」みたいな感じで不気味にへりくだってる悪商人じゃないですか。そりゃ反感もかってトップページを何度もハッキングされますよ。

ではまた。

2014年3月25日火曜日

黄色い線の内側に

突然ですが駅でよく聞くアナウンス「黄色い線の内側をお歩きください」って違和感ありませんか?どちらが内側で外側なのか、てな話ではありませんよ。

黄色い線って、いわゆる点字ブロック。つまり視覚障害者の方が歩く指標じゃないですか。なので

「目が見えない人に、そんなホームのギリギリを歩かせていいのかよ?」

と思うのです。目の見える人が「黄色い線の内側」を歩いて、目の見えない人がより線路に近い「黄色い線の上」を歩くなんてどう考えてもおかしい!危ないじゃん!

と、中1の頃からずーっと思っていたのですが、先日ついに疑問が解決しました。

僕が間違ってました。

あの黄色い線は視覚障害者の方が「その上を歩くためのもの」ではないのです!

「そこから先は危険だよ」とお知らせするためのラインだったのです!

なるほど!当たり前といえば当たり前ですね。

どうも黄色い点字ブロックの上を白い杖をつきながら歩いている様子をイメージしてしまいがちですが、改めてよく見てみると白い杖をお持ちの皆さんはほとんど、目の見える人にまじってホームの上を普通に歩いておられます。

とは言え


やはり点字ブロックの上に立ち止まったり、荷物を置いたりするのはよろしくありません。駅のホームについては「本来は」上述のとおりなのですが、やはりブロックの上を歩くのがお好きな方もいるようですし、歩道なんかでは多くの方が基本ブロックの上を歩かれるようです。路上駐輪が非常に迷惑な構図は駅前でよく見かけます。

またWikipediaによると、鉄道会社や駅ごとに点字ブロックの形状や配置ポリシーがまちまちで混乱をきたしているそうです。ちゃんと統一してほしいですよね。仕事しろ行政。

視覚障害者誘導用ブロック - Wikipedia

都内では多くの駅でホームドアが設置され始めていますし、点字ブロックの役割もまた変わってきつつあるようですが、とりあえずは長年の疑問が解決してよかったです(^_^;)。

2014年3月24日月曜日

雑談トピ・赤ちゃんネタ

息子ちゃんも無事生後半年を過ぎ日々すくすくと育っております。いっときの「モロ二重あご」状態はいくぶん解消してきました。歩き出したりすると、さらにスリムになるのかな?

髪の毛もちょっと増えてきました。


奥様はドラゴンクエスト


今日は以前からのお友達奥様がうちに遊びにきてくれていました。(僕は会社なのでお会いできませんでしたが。)お友達奥様にも生まれて5ヶ月の息子さんがいるのですが、なんと2人してベビーカーを押して、電車に乗って新宿まで行ってきたそうな。

なにこれ、羨ましい!

なんでもスクウェア・エニックスのカフェ?があるのだとか。普段は平日でも混雑してるそうですが、今日は3連休直後の平日ということで特別に空いていたようです。

それにしてもこのスライムホットケーキ、いいじゃないですか!特にプレート部分。これ食べないで持ってかえってきてほしかった!

赤子に興味津々、自分も赤子なのに(^_^;)

迷っています、ジャンパー遊具


福満しげゆきさんの漫画で知って以来気になっていたのが、こちらの遊具。フィッシャーマンプライスのジャンパルー。


対してこういうのもあります。ジョリージャンパー!


どっちかと言うと機能的にシンプルなジョリージャンパーがいいかなぁと思っているのですが…。鴨居に引っ掛けて使うのですが、専用のスタンド付きも売ってます。


オススメがあれば教えてほしいです。(持ってる人はそうはいない??)ちなみに先日赤ちゃん本舗でジャンパルーの方を体験できましたが、なかなかいい感じで気に入っているようでした。



今後のブログ記事予定


赤ちゃんネタはたくさんあります。アイディアのストックは十分にあるのですが、なかなか書けていません。赤ちゃんネタを書くとなると、ちょっとは調べないといけない部分もあって通常より少しだけ時間がかかるのです。

なので今後書きたいと思っているネタをあげておきます。

・赤ちゃんベッド(おむつ台)
・赤ちゃんベッド(ファルスカのベッドinベッド)
・肌荒れにはこれしかない
・寝返り特訓中
・はじめてのお食事
・はじめてのポカリスウェット
・お食い初め食器を買った
・エルゴベビー抱っこひも
・ベビーカーを改めてレビュー
・5月人形
・厚さ20mmのフロアマット

今週はなるべくブログ書きます!ではまた!

2014年3月20日木曜日

LINE電話に楽天電話。一番お得な音声通話サービスはどれか比較してみた。

楽天電話にLINE電話と最近は電話アプリでも競争が激しくなってきました。いずれも売りは安い音声通話料金。昨今携帯電話のプランを通話料が高く無料分もない月額最低料金で契約する人が増えているだけに(僕もそうです)、通話は専用アプリを使った方が得なようです。



以下、色々と比較してみました。通話料など将来的に変動するのでご注意ください。

比較の観点はこちら
・月額料金がかかるか
・国内の固定電話・携帯電話への通話料金
・番号通知できるか

比較の観点としていないのはこちら
・国際電話料金
・音声品質
・同種サービス間・アプリ間での無料通話
・スマートフォンの電池消耗度合い
これらも結構重要ではありますけどね。

ではまずは携帯電話キャリア業者から。ちなみにドコモは月額が734円で通話料は同じです。

ソフトバンク(ホワイトプラン)
au(LTEプラン)

月額利用料:934円
固定電話に発信:40円/分 ※課金は30秒単位
携帯電話に発信:40円/分 ※課金は30秒単位
(携帯電話に5分で200円です)

電話番号:あり
番号通知:可
留守番電話:あり(無料/有料)
着信転送:可(無料)

改めて見ると通話料高いですね。一昔前はみんな無料通話分を持ったりしていたのでしょうが…。

スカイプ


スカイプ・クレジットなるものを、あらかじめ購入しておく必要があります。1,500円分ぐらいから購入できるようです。ホームページ上には「クレジットに期限はありません」と書いてありますが、180日間未使用だと勝手に無効化されるそうなので注意が必要。月額プランもあります。

料金ですが2014年2月に改定され、以前より安くなりました。

固定電話に発信:2.26円/分+接続料4.82円
携帯電話に発信:10.81円/分+接続料8.75円
(携帯電話に5分で62.8円です)

電話番号:なし
番号通知:不可
着信待ち受け:不可

FUSION IP-Phone SMART


月額0円で050電話番号がもらえる上に多彩な留守電や着信転送など機能が充実しているFUSIONのサービス。僕も開始当初から利用しています。

固定電話に発信:16.8円/分 ※課金は30秒単位
携帯電話に発信:16.8円/分 ※課金は30秒単位
(携帯電話に5分で84円です)

電話番号:あり
番号通知:可
着信待ち受け:可
留守番電話:あり(無料)
着信転送:可(無料)

050 Plus


月額315円かかりますが050電話番号がもらえるサービス。信頼のNTT Communications製サービスです。

固定電話に発信:2.8円/分 ※課金は3分単位(8.4円)
携帯電話に発信:16.8円/分
(携帯電話に5分で84円です)

電話番号:あり
番号通知:可
着信待ち受け:可
留守番電話:あり(無料)
着信転送:なし

楽天電話


IP電話ではなく従来の音声回線を使った割引電話発信サービス。昔あった「頭に00xxつけると安くなる」のと同じ仕組みです。なのでガラケーでも使えます。月額0円、番号そのまま。運営は上と同じくFUSIONです。

固定電話に発信:21円/分 ※課金は30秒単位
携帯電話に発信:21円/分 ※課金は30秒単位
(携帯電話に5分で105円です)

電話番号:なし(元の番号を利用)
番号通知:可
着信待ち受け:なし

LINE電話


かなり意欲的なIP電話サービス。実はスカイプに似てるのですが「LINEに登録済みの電話番号を使う」という危険な手法で番号通知(対ドコモ以外)を実現していて、そのため電話番号偽装問題が早くも露見しています。ドコモはめずらしくまともな対応ですね。

コールクレジットなるものを、あらかじめ購入しておく必要があります。100円から購入できるようです。また月額プランもあります。

固定電話に発信:3円/分
携帯電話に発信:14円/分
(携帯電話に5分で70円です)

電話番号:なし(元の番号を利用)
番号通知:可(対ドコモのみ不可)
着信待ち受け:なし

Google+ ハングアウト


いまいち日本のGoogleのやる気が見えないのですが一応あります。事前のクレジット購入が必要で、10ドルから購入できるようです。地味に最安なんですよね。

アメリカ国内では通話無料!に加え、複数台の自端末に同じ番号で待受させたりなど先進の機能が増えてっているようですが…。日本ではどうでしょうか?

固定電話に発信:3セント/分 ※約3円
携帯電話に発信:11セント/分 ※約11円
(携帯電話に5分で55円です)

電話番号:なし
番号通知:不可
着信待ち受け:なし

まとめ・携帯電話との5分間通話料金


1位 Google+ ハングアウト 55円
2位 スカイプ 62.8円
3位 LINE電話 70円
4位 FUSION IP-Phone SMART 84円
5位 050 Plus 84円
6位 楽天電話 105円
7位 キャリア 200円

1位のGoogleは居酒屋の予約とかそういうときにのみ使うという割り切りが必要でしょう。番号通知不可ですので…。

2位のスカイプはLINE電話等の参入を見越してか先日の料金改定でかなり安くなりました。ですが、より安いハングアウトがある今、番号通知不可なのは痛いです。僕もスカイプ・クレジットを使い切ったら次はGoogleハングアウトかなぁ…。

LINE電話も結局は対ドコモで番号通知不可ということで片手落ちです。他2社宛の番号通知もいずれ非対応になるやも知れませんし。もともとLINEで繋がってる人たちはLINEの無料通話を使えばいいわけで、そういう人たちが番号通知されない発信を使うかは微妙かと。

なのでやっぱりFUSIONのIP-Phone SMARTはおすすめできますね。僕は親の携帯電話にFUSIONの050番号も登録してあるので、基本それでかけます。折り返しを受ける際も、IP電話アプリは常時起動させていませんが無料の着信転送機能により、通常の電話番号にかかってくるので全く問題ありません。月額無料なのが信じられないくらいです。

てなところでしょうか?

iPhoneだとFacetimeオーディオもありますし、スカイプにせよLINEにせよ、同一アプリ間での無料通話を駆使すれば、今どき知り合いへの電話代はそうはかからないかも知れません。Facebookも無料通話あるみたいです(使ったことないですが)。

が、電池消費の観点から待ち受けアプリの常時起動が嫌な人は多いですし、スカイプやらLINEやらを使わない人だって世の中にはまだまだたくさんいます。そう考えると、やはり普通に電話番号を使って電話をかけるスタイルはまだまだ無くなりそうにはありませんね。

ご自分にあったお得なサービスを使ってみてはいかがでしょうか?ではまた!

2014年3月19日水曜日

インバル都響マーラー9番

※先に書いときますが、実質的な感想はほんの少しだけで、あとは思い出話となります(^_^;)。

ハーマイオニーさん(奥様=魔女)の妊娠・出産のため2013年3月をもって都響の定期会員は辞しておりますが、それでも「このコンサートだけは何としても聴きににいかねば!」ということで、その1年前のタイミングから予約してチケットをゲットしておいたのが昨日の公演。マーラー9番。エリアフ・インバルさんの都響プリンシパル・コンダクターとしての最後の定期であり、2年にわたって続けられてきた新・マーラーチクルスの最終回であります。



思えば僕とハーマイオニーさんが都響の定期会員として初めて聴いたのがインバルさんのプリンシパル・コンダクターお披露目公演であるマーラー8番「千人交響曲」でした。忘れもしません2008年4月30日です。

(以前にもブログに書きましたが)その日、偶然、1年ぶりに出会ったハーマイオニーさんと僕。定期会員としておさえていた座席はなんと隣どうしの3列目13番と14番。こんな偶然ってあります(^_^;)?これをきっかけに僕たちは結婚して今にいたります。先日息子ちゃんも生まれました。

カモノハシ通信3: 明日は最後の都響定期・結婚のきっかけ

インバルさんと僕。2010年懇親会で。ハーマイオニーさんはNG出ました…

マーラー・チクルス


もともとマーラーという作曲家の作品に馴染みのなかったクラシック初心者の僕なので、最初のうちは「なんかゴチャゴチャしてよく分からん」てな感じであまり「大好き!」にはなれなかったマーラー作品。ですがあれは2009年だったか、インバルさんのマーラー4番を聴いて「なんかいいな」と思い、そして翌2010年のマーラー3番を聴いて衝撃を受けました。「すごい!すごい!これはすごいー!」。この時のインバル都響のマーラー3番はライブ録音でCD化されており、僕はこれを何度も聞き込みました。第1楽章だけで30分以上あるのですが(なんと全曲通じての演奏時間は100分!)、かなりの部分を覚えましたもの。スポーツクラブの「歩くプール」で歩きながら妻と一緒に口ずさんでいました。変な夫婦ですね(^_^;)。

この2010年の演奏・CDも素晴らしかったのですが、その後2012年に再度「新・マーラーチクルス」として再演されたときの3番は、それはもう、本当に素晴らしかった!!特に第3楽章のポスト・ホルンの音色は今でも耳に残っているくらいです。今知ったのですが、2012年時のライブCDが去年発売されていました!これは買わないと!

今思えばあの3番のときにこそ「人生初のスタンディング・オベーション」をやればよかったなと(^_^;)。心から震えて、感動したのに。もちろんブラボーは叫びましたよ…。あれはチャンスだった…。(昨日の9番は最後静かに終わるので、演奏直後にそういう雰囲気にはならないのです。)

結局「新・マーラーチクルス」で聴いたのは2013年3月の5番まで。その後の6番7番8番は残念ながら聞くことができませんでした。

毎回撮影してきたインバルパネルのコンプリートはなりませんでした…。

全然フィットしていない…

何回やっても自然な感じにならない…

これ以外にも写真はありますよ。コンプリートした人はいるのだろうか…。

ちなみに先に言うと昨日の演奏会でもこのパネルは置いてあったのですが痛恨の撮影し忘れ!しまったー。(もしそこまでコンプリートしていたなら、都響に電話して後日どうにか撮影させてもらっていたことでしょうが(^_^;))

そしてマーラー9番


生まれて半年の息子を母に預け1年ぶりのサントリーホールへ。マーラーのときは特に男子トイレが混むのですが、それはいつもと同じでした(^_^;)。

なんと僕が大好きなコンサートマスターの矢部さんが急病のため欠場。コンサートマスターは(こちらも大好きな)山本友重さんが急遽?つとめられました。

山本さんと僕。同じく2010年懇親会で。

素人なりに感想を書きます。

素晴らしかった!

ドーン!素人らしい感想です。なんと言っても昨日の演奏会は「特別」だったのですよ。まずお客さんの雰囲気からして違いました。というかお客さんが昨日は本当に素晴らしかった。

第1楽章演奏開始時のあの息を飲むような静寂。あれは意外となかなかありませんよ。全編を通じて客席にも独特の緊張感があったように思います。

そして誰もが感動したと思うのですが、最後の最後の最後のアレ。マーラー9番というのは最後「死に絶えるように」静かに静かに終わります。鈴木さんのヴィオラの音が消え、余韻が消えても、インバルさんはまだ指揮棒を下ろしません。あんなインバルさんを見たのは初めてでした。音が消え、余韻が消え、空気が下へと沈んでいくような感覚。その間、客席にいる2,000人は文字通り息を止めてインバルさんを見つめていました。あれは客席まで含めての真の芸術であったと思います。

僕は最後の瞬間ずっと腕を組んでいたのですが、拍手の用意のために腕を外すことすらはばかられる、そんな雰囲気でした。

タクトが降ろされたあとは温かい拍手。その後、渦のような大きな拍手に。たくさんのブラボーが飛んでいました。

僕的にはやはり第4楽章ですね。「大地の歌」からの引用だと勝手に思っているのですが、途中ハープが「ティントンティントンティントン…」って2音を続けて奏でるところ、あそこからが僕は特に好きです。「終わりの始まり」みたいな雰囲気を感じて荘厳な気持ちになります。

最後の最後の「死に絶え」パート、あれはもう一種の儀式です。ああいうお葬式ならあってもいいかなと思います(^_^;)。

本当に素晴らしかったです…。

そんなわけで、またしばらくコンサートはおあずけです。サントリホール近所にも託児所はあるんですが3時間預けるのと駐車代を合わせると1万円コースなのでそうは使えません。7月のマーラー10番(未完成の最終作品)にはたぶん行かないと思います。

もしインバル都響でマーラー3番や「大地の歌」を再演してくれる日が来たならば、僕は万難を排してコンサート会場へと向かうことでしょうが…。

いつかまた夫婦して定期会員に戻れる日がくればいいなと思います。僕はやはり都響が、都響の演奏や雰囲気が好きです。ではまた!

2014年3月17日月曜日

シャープXL9来た!モスアイの実力

念願の新しいテレビがうちに来ました!シャープのXL9シリーズという「去年のフラグシップモデル」。46型です。

ここからの続きです。カモノハシ通信3: テレビの選定ポイント

最大の特徴はモスアイ・パネル。他のパネルと比べて光の反射を抑えてくれています。例えば室内の照明とか窓からの日光とか、真っ黒な画面になると反射して白く映っている部分がかなり抑えられています。

実際にはこんな感じ。室内の照明がバッチリ映っちゃってますが、色味が白ではないところに注目。照明の元の色は真っ白です。それをこういう風に色を落としてくれていることが、画面の見やすさに大いにつながってくるようです。


モスアイ以外で気に入ったのは音質。2005年製のと比べるともう天と地ほどの差があります。一応2.1chということでウーハーとツイーターが下部に内蔵されており、これが特に人の声の聞き取りやすさに大いに役立っています。

正直「ふつうの人ならこの音質で十分に満足できるはずだ」などと(妙に上から目線なのが我ながらどうかと思いますが)思いました。

ただし標準のチューニングでは人の声の聞きやすさを重視してセッティングされているように感じられ、BGMや楽器の音は「まぁまぁ」と言ったレベルです。例えば「空気感を表現する」なんてレベルではありません。デジタル出力をデジタルアンプ経由で外部スピーカーから出力した音と比べると明確な差はあります。

が、それでも十分にいい音です。大変に歯切れの良いシャキッとした音なのは、左右に設置したツイーターの恩恵かと思います。

まだあまり使い込んでないので、機能的な面のレビューはできませんが、1点。

「取り扱い説明書がしょぼすぎる…」

なんと詳細は電子版を見てね、というスタンス。せめてどういう機能があるのかを一覧または目次形式で印刷したものを付けといてほしかった。

息子にもピントを合わせました(^_^;)

もうそろそろXL9は在庫がなくなってきているようで、これから買う人はXL10ということになると思いますが、僕としてはおすすめできるテレビではないかと思います。ではまた。




2014年3月14日金曜日

加湿フィルターとAg+カートリッジ取り替え

2010年に買ったシャープの加湿空気清浄機KC-Z45ですが、最近フィルターを洗っても洗っても匂いが取れなくなっていたため、取り替えることにしました。完全に水カビの匂いがするのです。



ついでにAg+イオンカートリッジなる意味があるのか無いのかよくわからんようなブツも取り付けてみることにしました。

加湿フィルターですがお値段2,500円ほど。説明書には「10年使える」と書いていますが、たぶん無理です。Amazonのレビュー等見ても「もって3年」とのこと。たしかに!なので匂いが気になったら買い替えたほうがよいです。僕はケチって洗ったりしてたんですが、労多くして得るもの無しでしたから…。


この色の差は恐ろしいですね。左のような状態のものを使っていたのかと思うと、ちょっとガクゼンとします。これでも何度も何度もつけ置き洗いしてたんですがね…。重曹とか、洗剤とかで…。

さらにはこちらのカートリッジFZ-AG01K1。お値段900円ほど。


実は僕これてっきり本体の「プラズマクラスター」発生部分の交換パーツだと勘違いしていました。違います。ではどこにつけるのか?

それは給水タンクのフタにです!


つまりこれは、給水する水をあらかじめAg+イオンで綺麗にしておこう!というオプション商品だったのです。そんなオプションが存在するなんて知らなかったよ!

なんでも最近の機種だと標準装備されているそうですが、それが2010年製のKC-Zシリーズでも使えるということは意外と知られてないのではないでしょうか?ちょっと古めのシャープの空気清浄機を使ってる人は、一度調べてみましょう。下のリンクの商品説明からも見られますよ。ではまた。

2014年3月12日水曜日

お風呂用メガネは意外と良い

1ヶ月ほど前に日経新聞等で紹介され一時的に店舗から在庫がなくなるほどの人気を博したらしい愛眼のお風呂用メガネ「FOR ゆ」。気まぐれで買ってみたら、なかなか良かったのでご紹介します。
かれこれ3週間以上ほぼ毎日使っていますが、買った意味があるかと言われると「ある」と即答できます。

例えばお風呂の中で本を読んだりする場合や、息子と一緒にお風呂に入る場合、僕はメガネを外すことができません。僕の目はかなり悪いので、メガネがないと危ないのです。

僕の乳首は隠しました(^_^;)

お風呂でメガネをしていると、どうしてもプラスチックレンズへのお湯の影響や、湿度や汗による「つる」部分のサビ・腐敗等が気になってしまいます。正確なところは分かりませんが、メガネにとって良い環境では決してないでしょう。

ですが、この「FOR ゆ」なら、その辺を全く気にする必要がありません!

だってお値段1,280円!安い!

性能的には

確かに曇りにくい。100%ではありませんが十分な性能です。

割れる恐れがなさそう

錆びるおそれはない。

ということで満足しています。

それ以外に僕が考える長所はこちら。

目の悪い人向けの度数ラインナップ。僕は裸眼視力0.05とかですが、それでまずまず合う度数(マイナス4.0)が用意されていました。より強力な度数も用意されています。こういうの使う人って基本相当目が悪いから、ってことでしょうね。

いざというときのバックアップになるのではないか?製品として「お風呂以外での利用」は禁じられていますが、何かしらの災害の際の貴重なバックアップめがねになりうると思います。もう1本買って避難グッズの中に入れておいてもいいくらい。

とにもかくにも1,280円というのが大きいです。気になってる人は試しに買ってみてはいかがでしょうか?



2014年3月11日火曜日

エレクトロラックスの掃除機

うちはスウェーデンの家電メーカー、エレクトロラックス社の掃除機エルゴ・パワープラスZB5012を使っています。買って数ヶ月たったので簡単にレビューしてみます。



コードレスのスティックタイプに決めて色々と比較してみた結果、こちらの製品となりました。

エルゴ・パワープラスの長所


1.吸い込みパワーが強い

2.バッテリー持続時間が長い

3.自立できる

4.スタンドに立てて充電できる

5.髪の毛カッター機能がついてる

パワーで言うとダイソンの同タイプの方が若干上らしいのですが、その他のスティックタイプや同じくエレクトロラックスのエルゴ・ラピードよりはかなり強いようです。またバッテリーが大きいので気兼ねせずフルパワーで使うことができます。こういうワイヤレスタイプで「連続○○分稼働」って書いてるのはあれ、パワーを小か中程度にして使った場合の時間ですからね。フルパワーにすると連続5分とかになるのもあるそうですから、ご注意ください。このエルゴ・パワーはフルパワーにしても20分は確実に持ちます。(カタログでは60分と書いてありますが、それはパワー小の場合です)

またこんな感じで自立できるのが非常にポイント高いです。実際にとても便利。


ダイソンじゃなくこっちを選んだ最大の理由がスタンドの有無です。ダイソンだと基本、壁掛け式の充電スタンドなので設置が大変そう。対してこちらは床置きのスタンドがついてるので、どこにでも設置することができます。またデザイン的にダイソンのは(僕的にはカッコいいと思うのですが)若干無骨すぎて部屋のインテリアに合いませんが、こっちだと部屋の隅に常設してもあまりイヤな感じはしません。



あとブラシ部分に絡まった髪の毛を切断する髪の毛カッターなる機能が備わってます。ぐるぐる回るブラシにカッターの刃みたいのをあててるだけなのですが、これはまぁ便利かもしれません。手で取るの大変ですからね、あれ。

あと長所には上げてませんが、スティックタイプならではの走行性能や使い勝手の良さ、またヘッド部分にライトがついてるのが地味に便利だったりもします。

エルゴ・パワープラスの短所


1.ちょっと重い

2.細かいところに使えない

3.臭くなった

他製品に比べ若干重いです。ハーマイオニーさん(奥様=魔女)もそう言ってるので、世の多くの日本の奥様も間違いなくそう思うでしょう。片手でらくらく持ち上げられる重量ではありますが、例えば電気コードをまたぐために一瞬持ち上げようとした時に「もうちょっと軽ければ」と思うようです。

あと吸い込み部分を細いホース状のに取り替えて使う、とかそういうことが一切できません。なので車の車内清掃には全く使えないですね、悲しいことに。

そこを重視する人はエルゴ・ラピードがお勧めです。本体からハンディタイプの掃除機が分離できるからです。(そっちにしておけばよかったと、若干思っている僕がいます)

あと最近になって排気がやたら匂うようになって往生しています。ゴミカゴやフィルターはもちろん外して洗浄できるのですが、どうもモーター部分が臭くなってしまったらしく雑巾っぽい匂いがとれません(T_T)。ハーマイオニーさんと「納豆でも吸ってしまったのかしら」て話してたくらいです…。

モーター部分ですからファブリーズ吸わすわけにもいきませんし…。とりあえずゴミカゴ部分に備長炭でも入れて長時間カラ運転させてみようかと思いますが果たしてどうか…。

でも僕は気に入ってます


まずデザインが良い。カッコいいです。国産の掃除機いろいろ見てはみたものの、デザインがどれも納得できませんでした。

なんでもこのエルゴ・パワープラスのデザイナーは日本人だったそうで「夫が掃除したくなるデザイン」なのだそうです。確かにこのデザインは女性よりも男性に受けるのかも。

【そこが知りたい家電の新技術】エレクトロラックスの日本人デザイナーに聞く 家電のデザインに大切なこと ~“デザインとは無償の愛” - 家電 Watch

ただ問題は、あまり、そこまで、僕は掃除していないこと(^_^;)。たまたま先週、今週と週末は僕が掃除機かけましたが、普段はと言うと…。すみません(^_^;)。

赤ちゃんいる家庭にもおすすめできます


ウチはもともと掃除機をかける習慣があまりありませんでした。夫婦共働きですし。掃除機の代わりにクイックルワイパーやダスキンモップでささっと床をはいて、ダスキンのモップクリーナーにギュワーっと吸わせる程度。(カモノハシ通信3: 吸い取りマシーンでフローリング掃除らくらく!

ですが息子ちゃんが生まれたことで、もっと真剣に掃除をせねばいかん!と思い、エルゴ・パワーを購入しました。なんと言ってもワイヤレスだし、常に部屋のすみにスタンバイしているので、いつでも気軽にささっと使うことができます。(長時間使うときは排気のこともあり、息子ちゃんを別室に退避させた上で窓を開けるといった対応が必要となりますが。)以前よりも頻繁に掃除機を使うようになったので、家の中のほこりの絶対量は確実に減った感じがします。

「掃除機を納戸から引っ張り出してきて、かがんでコンセントを入れてスイッチオン」からすると「スタンドから外してスイッチオン」なのはかなりの負担減。心理的ハードルは大幅に下がりました。

こういう「生活がかわる」買い物っていいですよね。良い買い物だったと思います。

それにしても日本メーカーもっと頑張ってくれ…。デザインを…。

雑談トピ・生まれて半年・テレビ・カティサークストーム

雑談トピです。

ハーフバースデー


早いもので息子がうまれて約半年。最近では「ハーフバースデー」なんて言って祝う風潮もあるようですが、そういう商業主義的な潮流からは一歩離れたところで見つつ結局は乗ってしまう我々です。

予定日より1ヶ月半以上早く生まれた早産で、1ヶ月近くNICUに入院していたことを考えると、その後の成長は大変に順調。体重も8キロ近くまで増えました。重いっす。

寝返りはもうあと少し!

今のところまだ風邪や熱や発疹などの経験はありませんが、母体から授かった免疫が無くなってしまうのがこの時期だそうで、これからが色々と大変になるのでしょう。

空飛ぶ息子

テレビ買いました!


結構ギリギリの選択だったのですが、無事ハーマイオニーさん(奥様=魔女)からの決裁がおりましたので購入しました。土曜日に届きますっ!

買ったのはシャープのアクオス、XL9の46型です。決め手はやはりモスアイ・パネル。映り込みの少なさは視聴時のストレスを大いに低減してくれると思ったのです。在庫の投げ売りが始まっていて大変お買い得だったということもあります。

ちなみに今日有楽町ビックカメラで見てきた値札は19万8千円でしたが、僕らは川崎ビックカメラで14万9千円でした。有楽町高すぎです。値引き交渉の余地はあるのでしょうが…。

ちなみに有楽町ビックカメラのアウトレットには各サイズのXL9が大量に出品されています。ちょっと迷ったのはXL9の52型で12万9800円。複数台ありました。1年間展示されていた品なので使用感は否めませんが、これはかなりお買い得かと。(ただしモスアイ・パネルは汚れにとても弱く、展示品はその点でかなり不利です。)

パナソニックも最後まで迷ったのですが、どうも今期の業績はかなり回復したということと(ベースアップに、ボーナスカット分の還元までされちゃあ同情心は薄れます(^_^;))、あと液晶パネルがLG製ということで今回は見送りました。ちなみに東芝はLGもしくはシャープ製のようです。

価格.comの口コミ等見てるとシャープはかなりボロカスに言われてますが、それでも唯一国産パネルで頑張ってるのは立派かと。国内の雇用を守る意味でもシャープにしました。

届くのが楽しみです!

カティーサーク・ストーム


大学時代に村上春樹さんの「ねじまき鳥クロニクル」を読んで以来、スコッチ・ウイスキーといえばカティーサーク。「1Q84」でも出てきますよね。飲みやすく美味しくて、何より安い!ジョニー・ウォーカーの黒には味で負けますが、赤には買ってます。なので僕の日常使いウイスキーは基本カティーサークの緑ビン。デザインも良いしね。

ところが先日、有楽町ビックカメラで(どれだけ行ってるねん)見かけたのがこちらのカティーサーク・ストーム。なんでもマッカランなどの有名シングルモルトをより多くブレンドした一品とのこと。それでもお値段1,500円ほどと大変良心的。確かに美味しいです。

ノーマル・カティーサークよりも「味が良い」気がします。ドライな感じが減って甘味が増していると言うか…。今度飲み比べてみようかな。


ではまた。

2014年3月10日月曜日

今日はミトの日

3月10日はミトの日です。2つのミト様について。

アルファロメオ・ミト


うちのミトちゃんは車検を終えめでたく4年目に入りました。あ、車検の結果をブログに書くの忘れてた。予定よりかなりお金かかっちゃったんですよね(T_T)。とは言え特に不調も故障もなく元気です。



この写真は息子ちゃんの退院時。もっと笑えよ僕、と思いますが、初めてお外で抱っこして緊張してるのだと思います(自己フォロー)。

先日、マイナーチェンジされ、お値段かなり下がりました(^_^;)。だってゴルフをあの値段で出されたら、ゴルフよりも(デザイン以外)あらゆる面で劣る、しかも2ドアのミトくんはどうにも太刀打ちできませんよ。

ところで車のマイナーチェンジのことを雑誌等で「フェイスリフト」と表現してるのをよく見かけます。「フェイスリフト」って言うくらいだから僕ずっと「そうか正面のヘッドライトやグリルの位置を少し上に上げたのか。昨今の衝突安全基準に対応するためかな?」とか思っていたのですが、そうじゃありません。ヘッドライトの位置はそのままでも、単に外見上何かしらの小修正が施された場合に、整形手術の用語に例えて「フェイスリフト」と言ってるだけだそうです。今回のミトの場合は、正面逆三角形グリルに銀色の縁取りがなされたそうで、それだけでも「フェイスリフト」となるそうです。ふーん。

若干のそういうお化粧直しはあったようですが、オリジナルのデザインは全く変わっていません。変える必要がないくらい素晴らしいデザインだと僕も思いますもの。

願わくば日本車でこういう素敵なデザインのコンパクトカーが出てくれればいいのですが。パクリではなく…。

3月10日生まれのミト様


ハーマイオニーさん(奥様=魔女)の曾祖母(ひいおばあちゃん)は3月10日生まれの、その名もミトさん。残念ながらすでにお亡くなりなので、うちの息子ちゃんとの5世代共演はなりませんでしたが、ハーマイオニーさんの弟くん夫婦が長男を産んだタイミングで5世代共演成ったそうです。写真も見せてもらいました。長男視点で言うと、1長男、2父、3祖母、4曾祖母、5高祖母(ひいひいおばあちゃん!)とういことで5世代。すごいですよね!ちなみに曾祖母(ひいおばあちゃん)は元気にご健在で、うちの息子ちゃんとも近々ご対面いただけることでしょう。

そのミトさんとハーマイオニーさん(奥様=魔女)との2ショットがこちら。良い写真です。



ハーマイオニーさんはおそらく生後数ヶ月といったところかな?とても綺麗なお召し物を着てらっしゃいます(^_^)。うちに生まれたのが娘だったら、こういうのを再利用できたのに…と一族皆様でおっしゃっておられます(^_^;;;)。(弟くんの子供も男2人なのです)

どうでしょう?息子ちゃんとハーマイオニーさん、似てますかねぇ?今度、僕の赤ちゃん時代の写真とも合わせてよくよく検証してみたいと思います(^_^;)。ではまた。

2014年3月9日日曜日

大変おめでたい!

※内輪ネタです。

先日、中高大&水泳部の後輩であるイナダくんがウチまで遊びにきてくれました。

中3時。緑色のメガホンがイナダ専用だったことを今思い出しました!

僕が大学生のときの中学生なのですが、そんな彼ももうすぐ30歳。いいお年ごろです。うちに遊びにくるということで、そろそろ素敵なお話があるのかもと思っていましたが…。

そうそう、プレゼントしてもらったこちらのガラガラは坊っちゃんに大変好評です。持ち手の部分がちょうどカミカミしやすい形状になっていて、とても役立っています。イナダ君のチョイスではないかもしれませんが、ありがとう!(他にも色々いただきました!)



そんなイナダくんからの重大発表が近々あるかも知れませんね。皆さん、楽しみにお待ちください。一応こういう思わせぶりなブログを書くことは本人了承を得ておりますので(^_^;)。

坊っちゃんの視線の先が気になりますね。

また是非遊びにきてください!

トトロのシュークリーム

バイオリン教室でいっしょだったウメちゃんから、こんな素晴らしいシュークリームをちょうだいしました!



以前テレビで見て存在は知っていましたが、ジブリ公認のトトロ・シュークリームたちです。本物にお目にかかれるとは思ってませんでした。思っていたよりもトトロっぽい!

お子様がいらっしゃる家庭はもとよりジブリ好きの方にあげれば大喜びされること間違いなしの一品ですね。事実、僕は大喜びです(^_^;)。

今日はバイオリン教室の先生と2人でうちに遊びに来てくれました。お二方ともありがとうございました!

食べるにはこうするしかないですよね(^_^;)




2014年3月8日土曜日

ブルーレイとDVDを作るのにこんな手間取るとは

MacのiMovieの不調やブルーレイ化などいくつかの未体験ファクターがあったために結構苦労しました。おかげで色々とノウハウも習得できたので、今回の手順をメモがてら書いてみます。

これの続きです→カモノハシ通信3: iMovie起動しない→起動した

かなり特殊なやり方なので最適解でないことは間違いありません(^_^;)。こういう手もあるぜ!という参考に。

EOSの動画をブルーレイ・DVDに焼く


最新の動画編集ソフトならEOSの動画(MOVファイル)も楽勝で扱えるのでしょうが、そんな有料ソフトを買うお金がない貧乏父さんである僕。時間を買うお金がないのです。

今回はデジタル一眼であるEOSで撮影した動画と、デジタルビデオカメラで撮影した動画を1枚のブルーレイおよびDVDに収めるというミッションでした。デジタルビデオカメラで撮影した方の動画はAVCHD形式なので、SDカードをブルーレイレコーダーに入れれば取り込みは完了。問題はEOSの方です。

手順1:iPhotoに取り込み

SDカード入れて普通に読み込み。

手順2:iMovieでmp4に変換

iMovie上のiPhotoライブラリから読み込んでムービーを作成。と、言っても特に編集作業はせず、単にドラッグ&ドロップでプロジェクトに追加するくらい。

そして共有メニューからファイルを選択すれば、指定の場所にmp4が出来上がります。

ちなみにiMovieから直接MOVファイルの読み込みは出来ませんでした。

手順3:WindowsのNeroでAVCHD化

ここで何故かWindowsが登場(^_^;)。僕はParallelesという仮想化ソフト上で動くWindows7を使っていますが、以前から持っているNeroという動画編集ソフトを使ってmp4からAVCHDフォルダを書き出します。

手順1&2以外の方法で作ったファイルだと、どうしても正常なAVCHDが出来上がりませんでした。音が出なかったり云々。

昨今はNero以外でもAVCHDを吐き出してくれるツールはいろいろあるようですので(ペガシスさんが出してるのとか)、本当はそちらの方がよいでしょう。

手順4:AVCHDをSDカードにコピーし、ブルーレイレコーダーに取り込み

SDカードは事前にデジタルビデオカメラでフォーマットしておきます。するとウチのCanonの場合、トップにPRIVATEというフォルダがあって、その下にAVCHDフォルダができますので、作成したAVCHDフォルダをそこに上書き更新。

そのSDカードをブルーレイレコーダー(うちのはパナソニックのケーブルテレビチューナー兼用のやつですが)に差し込みます。うまく出来ていると動画を見たり、取り込んだりできるはずです。HDDに取り込みましょう。

手順5:ビデオカメラで撮影済みの動画と混ぜて1つの作品に

あとはレコーダーの編集機能を使って動画の順番を整えます。必要に応じて動画を切ったり貼ったり。最終的にそれらを混ぜてブルーレイにダビングです。

同じ内容をDVDにもダビング。DVD化する際は劣化変換が必要なので時間がかかります。

MacでDVDを複製


自分で焼いたDVDなのでプロテクトはかかっていません。自由に複製可能です。

今回はBurnというフリーソフトを使いました。(そこに至るまでも、色々な試行錯誤があったのですが省略。)

ていうかMac miniにはDVDドライブ付いてないので、(これのためだけじゃないけど)買いましたよドライブを。ブルーレイも焼けるやつ。

で、パナソニックのブルーレイレコーダーで焼いたDVDをまずはイメージファイル化。これにはBurnのコピー機能を使いました。普通にisoファイルを作成してくれます。

あとはこのisoファイルを使ってひたすら複製です。同じくBurnのコピー機能タブから、作成済みのisoファイルを指定して焼く、焼く、焼く。

時間短縮のためisoファイルをハーマイオニーさん(奥様=魔女)のWindowsマシンにもコピーして、そっちからも焼いてみましたが問題ありませんでした。Windows 8.1なんですが、isoファイルをディスクに焼くのがOS標準機能でできるようになってました。知らんかった。

ちなみにブルーレイの方は、ブルーレイレコーダーで複製しています。DVDと同じようにMacを使ってイメージファイルを作成できるかどうかは試してないので不明です。

で、いま朝の4:30。明日引き渡しなのですが、まだ必要枚数分焼けていません。でも疲れたのでもう寝ます。おやすみなさい。zzz。

2014年3月5日水曜日

テレビの選定ポイント

テレビの買い替えを検討しています。どうせ買うならオリンピック前が良かった(T_T)。



うちのメインTVはシャープのIT-32Mという2005年当時の液晶テレビ。当時は25万円以上したのですが地上波デジタルのチューナーが入っていなければ、もちろんHDMI端子もつなげません。何よりDTCP非対応なので、Apple TV等で著作権保護されたコンテンツを映せないという大弱点があります。そのへんが今回の買い替えの動機です。

以前はDLNAやDTCP-IP対応によりiPadに動画を飛ばせるなどの高機能をテレビに期待しておりましたが、今や結構どうでもいいです。テレビ業界および放送業界の旧態然とした閉塞感にホトホト呆れているので…。そういう意味では2013年夏にアグレッシブな仕様を売りにネットと融合したスマートビエラとして売りだしたものの、放送業界から「けしからん」と言われCM拒否されたパナソニックに若干心が傾いています。

選定ポイント


・画面サイズは46インチ〜50インチ

・お値段10万円くらい

・せめてダブルチューナー

・DR以外の長時間録画モードほしい

・綺麗な液晶

・DTCP-IPダビング対応(外付けHDDに録画した番組をブルーレイ等にダビングできる可能性を持っている)

以下、価格は価格.comの最安値を参考にしています。

候補1 パナソニックのDT60シリーズ47型

お値段:12万円くらい
地デジチューナー:2つ
長時間録画:不可
液晶:IPS液晶
ダビング:可能

バランスのとれた仕様。モデル末期なのでかなりお安くなっています。CM拒否されたというところに男のロマンを感じているので、今のところの第1候補です。TwitterやFacebookも画面に出すことができます。なによりIPS液晶というのが最大の売りかな。

あと3万円出せばFT60シリーズになって、長時間録画が可能になり、さらにiPadでのリアルタイム視聴と録画番組視聴が可能になります。ちょっと心ひかれますが、とりあえず今回はいいっす。

候補2 シャープのXL9シリーズ46型

お値段:13.5万円くらい
地デジチューナー:3つ
長時間録画:可能
液晶:モスアイパネル+クアトロン
ダビング:可能

候補3 シャープのG9シリーズ46型

お値段:12万円くらい
地デジチューナー:2つ
長時間録画:可能
液晶:クアトロン
ダビング:可能

候補の2と3はかなり似てます。XL9はXL10が出たために音が下がっていて買い時。G9も出た当時は高機能を売りにしていましたが、もはやモデル末期のため底値か?

最大の違いはモスアイか否か。モスアイというのは低反射パネルのことで室内の照明の映り込みが少なくなります。出た当時は「すげー!これほしい!」と思っていましたが、改めて考えてみるとウチの今のテレビでそんなに映りこみは気になっていないので不要かな?と。

候補4 シャープのW9シリーズ 46型or52型

お値段:9万円or11万円くらい
地デジチューナー:2つ
長時間録画:△よくわからん
液晶:ふつう
ダビング:不可

安い!値段で心が折れそうになりますよ。機能はかなり劣りますが、それならそれで良い気もしてきます(^_^;)

候補5 東芝のJ8シリーズ47型

お値段:12万円くらい
地デジチューナー:3つ
長時間録画:△よくわからん
液晶:プレミアム2K?
ダビング:可能

パナソニック並に多機能そう。画質にもこだわりが感じられて良いです。迷うなぁ。

その他


ソニーも今や応援してあげたい気持ちでいっぱいなのですが、テレビのモデルを縮小しすぎたために欲しかった帯域が消滅していまいました。HX750の46型とか手頃な価格の4倍速駆動モデルがかなり気になっていたのですがもはや売ってません。売ってても高いです。

オリオン(国産)の50型が有楽町のビックカメラアウトレットで5万円で出てたんですよね。1ヶ月以上前ですが。あれ買っとけばよかった…。

すでに電気屋さんでどれも実機は確認済み。画質的にも結構ハイレベルないい勝負なんですよねー。しいて言うならシャープのG9が一番きれいなのかな?と感じてます。

結論は…まだ出ていません。ではまた!

(後日追記)結論でました!
カモノハシ通信3: 雑談トピ・生まれて半年・テレビ・カティサークストーム
カモノハシ通信3: シャープXL9来た!モスアイの実力


カモノハシ通信3: テレビが変わる、DLNAとDTCP-IPの話
カモノハシ通信3: Diximでケーブルテレビをやめたい
カモノハシ通信3: CATVのSTBでDLNAしたけど駄目だった話
カモノハシ通信3: テレビの売り方はおかしい