2013年12月23日月曜日

フィギュア日本代表、落選者を思う

決まりましたね、日本代表。日本選手権は本当にすごい試合でした。

個人的に、というかハーマイオニーさん(奥様=魔女)ともども応援していた、織田君、小塚君、安藤美姫さんが選に漏れてしまったのはとても悲しいです。ですが、みなさん最後まで諦めずに魂の演技を見せてくれたことが本当に素晴らしいことだったと思います。

織田君はショートが痛かった…。しかしフリーの4回転・3回転を意地で成功させたのは見事な姿でした。小塚君もショート、フリーとも素晴らしい演技。男子フリー最終組の6分間練習直前、前の組の選手の演技に対し小さく拍手していたのが立派だと思いました。

安藤美姫さんは今回特にハーマイオニーさんが感情移入して応援していました。「母ならば全員応援するはず」と言ってましたもの。最後のフリー、まずは3回転ルッツ(ルッツというのが最も高難度のジャンプなのです)からのコンビネーションを入れるあたりに意地とプライドが感じられましたし、本人のインタビューによると失敗してしまったサルコーのところにはサルコーからの3回転・3回転を予定していたそうで、その辺の勝負を捨てない最後まで諦めない強い姿勢がとても感動的でした。

最近は、今回の宮原選手なんかも飛んでましたが3回転ルッツからのコンビネーションで高得点を得る選手が世界トップレベルでは多くなってきました。バンクーバーでキムヨナさんがやってから流行しだした?のでしょうが、もともとルッツからのコンビネーションと言えば安藤美姫さん。全盛期を彷彿とさせる演技構成だったと言えるかも知れません。

それぞれの、人生をかけた最高の演技だったと思います。

あーでも小塚君、残念だなぁ。髙橋大輔君の選考には全く異議はありませんが…。異議があるとすればむしろ…、とか言うのはやめときますかね。家の中ではハーマイオニーさんともども散々言いまくってましたけど(^_^;)。

フジテレビのアナウンサーはいつもどおり最悪でしたが、試合はとても感動的でした。ではまた!

0 件のコメント :

コメントを投稿