2013年7月29日月曜日

i.softbank.jpとGmail

ソフトバンクのiPhoneをお持ちの方ならみんな持ってるi.softbank.jpのメールアドレス。発売当初はキャリアメールはおろかSMS、MMSにも対応していなかったiPhoneに、それっぽいメールアドレスを持たせるためソフトバンクが(苦し紛れで?)対応した結果生み出されたアドレスです。

その経緯からも分かる通り、i.softbank.jpのメールアドレスはいわゆるWEBメールと同じ仕組み。iPhone以外からの送受信も可能なのです、実は。受信はPOP3、送信はSMTPなので、ちょっと検索すれば全ての設定が公開されています。例えばGmailからの送信ならば、Gmailの設定画面からアカウントでメールアドレスを追加してID、パスワードを入れれば簡単に実現可能です。(受信はGmail単体では仕様上不可。PCで受信して転送などの手段はあります)



そんなわけで、このi.softbank.jpというメールアドレスはちょっと特殊な立ち位置。いわゆるケータイメールとしての役割を持ちながら、実はWEBメールでもある。あいのこ、イノブタ、ハイブリッドちゃんなわけです。

これが役に立つのが「PCからのメールは受信拒否」としてる人へのメール送信。最近は迷惑メール対策の一つとして、携帯電話キャリアメールでこの設定をONにしている人がけっこう多いようです。

つまり「PCからのメールは受信拒否」としているAさんのドコモ携帯電話からGmailにメールをもらったとしても、こちらからGmailでAさんのドコモメールに返信はできない=拒否られるわけです。

そんなときにはi.softbank.jpメールです

GmailでもPCのメールソフトでも何でもいいですが、i.softbank.jpからメールを送信すれば、Aさんのドコモ携帯電話にはメールが届きます。

いきなり知らないメールが来てAさんがビックリするというのなら、事前にSMS(電話番号で送れるショートメッセージ)で、「オレだけど今からsoftbankのメールで返信するから」と言っておけばOKでしょう。

ん?だったらSMSだけ使ってたらいいじゃないかって?SMSはタイトルも付けられないし、文字数にも制限があるし、ちゃんとしたメールを書くには物足りないじゃないですか。

それにしても今の時代、携帯電話会社のキャリアメールはいろいろと諸悪の根源になっています。それを打破すべくキャリアメールをWEBメール化する(つまりdocomo.ne.jp等のメールをインターネットから送受信できるようにする)とドコモもauもソフトバンクも数年前から言ってますが、やるやる詐欺で未だに実現していません。ドコモはこないだついに始まるかと思いきや、また延期されてしまいました。これすると自社のパケットを全く使わない自社ユーザーが増えちゃうことがイヤなんでしょうね。て言うか、もう誰もキャリアにサービスは期待していないのに…。

立派な土管屋を目指して欲しいと思っているのは、僕だけではないでしょう。とか書くと各優良通信会社にお勤めの僕の先輩後輩友人知人が怒るでしょうね(^_^;)。スミマセン。

0 件のコメント :

コメントを投稿