2013年5月13日月曜日

World Car Design Award 2013

マツダのアテンザがCMで「世界で最も美しい車TOP3に入りました」って言ってるじゃないですか。たしかにアテンザは美しいデザインだと思います。ではTOP3の他の2台は何なんだろうって調べてみました。(ただサイトを見ただけですが…)

優勝:ジャガー F-Type

準優勝:アストン・マーチン・ヴァンキッシュ
準優勝:マツダ・アテンザ

ということのようです。

http://www.wcoty.com/web/eligible_vehicles.asp?year=2013&cat=2

ジャガー F-Typeはこんな車。確かに美しいですよね。

画像はオフィシャルでしょうか。




フロントが最終形のセリカとマセラッティを混ぜたように感じるのは僕だけでしょうか。(*'▽')というわけでこれが今年度の世界一というのには僕はちょっと納得しかねます…。NBロードスターの方が美しいと思うのですが…。

こちらはアストン・マーチン。



色はともかくカッコいいですよね。DB9とどこが違うのか僕にはあまりよくわかりませんが、とにかくスポーティです。

日本だといずれも軽く1,000万円は超えてきそうな両車に対してマツダ・アテンザは非常に良心的なプライス。僕は心から良いと思いますよ。デザインも、その存在感も。



乗ったことがないので性能面や乗り心地は知りませんが、内装が上質ならばBMWの3シリーズよりも、何かといいんじゃないかとか思っちゃいます。

僕、いっときマツダ車オーナーだったこともあり(FC3S RX-7)、マツダは好きなんです。CX-5も好調みたいで最近は街中で見かける機会も非常に多いです。

来年か再来年にはアルファロメオと共同開発の新型ロードスターもそれぞれ両社から発売されるみたいですし、今後も非常に楽しみです。

0 件のコメント :

コメントを投稿