2013年5月3日金曜日

ビックカメラSuicaビューカードの弱点

限度額が40万円…。マックスで。誰でも。

ご利用可能枠:ビューカード



つい先日病院代で31万円かかったのでビックカメラSuicaで払おうとしたらダメだったんですよ。おかしいなーと思って調べて見ると、通勤の定期券を買ったりして、そこまでの当月利用が12万円。合わせると40万円オーバーでアウト、というわけです。残念。

先月は35万円の病院代支払いをハーマイオニーさん(奥様=魔女)のビックカメラSuicaで行ったのですが、そのときは月内利用額が40万円以内に収まっていたらしくOKでした。

今月末にまた35万円の病院代支払いがあるので、今度こそ僕のビックカメラSuicaが使えるように計算しとかないと…。て言うかお金がもうない。(ここまでの話、つまりは愚痴です(^_^;))

何が残念ってポイントがです。


仮に30万円で、ビックカメラポイントが1,500円分、ビューポイントが1,500円分の合計3,000円分のポイントがもらえていたわけですよ。

これが今回は仕方なく以前から使っていた三井住友VISAを使わざるを得なかったため、1,500円分のポイントにしかなりませんでした。半分です。

ちなみに(ポイントの付き方)


ビックカメラSuicaカードの場合、

1.ビックカメラで使った場合
2.JR東日本関連で使った場合
3.その他

で、使用時のポイントの付き方が異なります。

1のビックカメラで使った場合は、もらえるポイント全てがビックカメラポイントに。(とは言え、ビックカメラで使う場合Suicaにチャージして使った方がポイント総数が多くなるので、ダイレクトに使うケースはあまりありませんが)

2のJR東日本(例えば定期購入)の場合は、もらえるポイント全てがビューポイントに。

3.その他ではビックカメラポイントとビューポイントが仲良く半分ずつに。

また2で定期券購入の場合、もらえるポイントが通常より多い1.5%分となります。この辺もこのカードの大きな魅力の1つです。定期代が8万円だとすると1,200円分得するわけですから!(カイシャのお金で買ったものにつくポイントは本来的にカイシャのものだそうですので、その辺はご注意ください。まず問題ないでしょうけど。カイシャの出張で貯めたマイルとかと同じ話ですね。)

0 件のコメント :

コメントを投稿