2013年4月9日火曜日

ぼくとアニメ 聖闘士星矢

特にアニメおたくではないのですが、ここ数年は毎年1作品くらい新作をシーズン通しで見ることが多い、ライトおたくな僕です。録画やDVDやネットで見たりするのでリアルタイムではない場合があります。

2007年…おおきく振りかぶって
2008年…電脳コイル
2009年…かんなぎ?(ただ特に思い入れはなし)
2010年…おおきく振りかぶって第2期
2011年…特になし
2012年…聖闘士星矢Ω、シュタインズゲート

聖闘士星矢Ω


1年分、全部見終わりましたよ!そして先日の2年目の第1話も見ました。ぜんっぜん面白くないんだけど、見てしまうこの不思議。

原作にはあった深みの様なものが全く存在しない、まるでプリキュアみたいな(プリキュア知らないけどイメージ)しょぼしょぼアニメでしたが、やはり題材が聖闘士星矢ということで見てしまいました。途中あまりに面白くなかったので半年ほど放置していましたが、こないだ意を決して撮りためた分を見始めると後半の12宮突破のところがちょっとだけ面白かった。

特に聖矢や瞬、氷河と言った旧キャラが出てくるのが嬉しいんですよね。それだけが楽しみで最後まで見た感じ。一輝がまぁ最後までアレでしたが…。ちなみに僕、新作に出てくる新キャラ君は一輝の息子だと思ってるのですがどうでしょうか?

これ貴鬼くんです。ムウの弟子だった。アリエスの黄金聖闘士になりました。

以前はこんなだったのに成長しました。

僕、聖闘士星矢がむちゃくちゃ大好きでしたね、子供の頃。小学生の頃はコミックスを買って、好きなキャラを模写とかしてました。だからクロス書くのとか上手です、僕、たぶん今でも。キグナスなら何も見ずにかけるかも。あと小学校の渡り廊下で縄跳び使って聖闘士星矢ごっこしましたよねぇ。ネビュラチェーン!とか言って(^_^)。

ただテレビアニメは一切見てないのです。塾の時間にかぶっていたから。だから原作にないオリジナル設定(氷河の師匠がカミュじゃないとか)は知りません。でもカミュが氷河の師匠じゃないとしたら12宮での戦いはどういう描写になっていたんでしょうかね?

たまに何かの具合でアニメの場面をチラッと見たときは興奮したなぁ…。ビデオに録画しても見られなかったんですよね、当時。そんな時間なかったから。レンタルビデオ屋さんでドラえもんとかアニメ映画を借りてきても、勉強勉強で見る時間が本当になく、そのまま見ずに返却したことが数回。1週間の中でそんな時間すらとれなかったとか驚きですよね。って話が別方向へ…(^_^;)。

そんなこんなでアニメ聖闘士星矢には特別な思い入れがあったのかも知れません。

ただ2年目シーズンを全部見るかは微妙。でも新キャラが一輝の息子だったとしたらなぁ…、見ちゃうなぁ。

ちなみにハーマイオニーさん(奥様=魔女=同い年)も聖闘士星矢が好きなので、今回も全話一緒に見ました。

次回はシュタインズ・ゲートについて書こうかな。アニメってかゲームだけど。ではまた。

0 件のコメント :

コメントを投稿