2013年2月12日火曜日

金山寺味噌をつくる

ハーマイオニーさん(奥様=魔女)のお祖母さまことグラン・ハーマイオニーさんから金山寺味噌のつくりかたを教わって参りました!

金山寺味噌って美味しいですよね。キュウリに付けてポリポリやると止まらなくなります。かなり甘いのですが、ご飯にも合うし、もちろん日本酒にもウイスキーにも合います。

こうじ屋さんへ


というわけで、まずは麹(こうじ)屋さんへ。人生初の麹屋さんは、浜松駅からほど近い、その名も「しにせ通り」にある「林糀製造所」です。漫画「もやしもん」で言うところの「もやし屋」さんですよね(^_^)。

こちらで麦こうじと豆こうじを購入しました。

林糀製造所とグラン・ハーマイオニー様
木の枠から麦麹をボロボロと落としてくれます

あと水飴と塩なすも購入。他にスーパーでニンジンと生姜も購入済みです。

いざ仕込み!


水と醤油と水飴と塩を混ぜて汁?を作ります。かなりの量の水飴を投入。味見させてもらいましたが、美味しい!あの金山寺味噌の味です。ここで決まるのですね。



カメに、麦こうじと豆こうじ、そして短い千切りにしたニンジンとショウガを放りこみ、作った汁を投入します。見た目は既に金山寺味噌です。


しばらくしたらかき混ぜ。フタをして初日はこれで終了です。

うちに持ち帰り


塩なすは水につけて十分に塩抜きした上でみじん切りにしてカメに投入しました。

さすがにこれ全部を持って帰るわけにもいかず、半分ほどを別のカメに移し、ミト君にのせて川崎まで持って参りました!

現状こんな感じです。美味しそう!


あとはラップして重しをして1ヶ月以上放置したら完成とのことです。楽しみ!

完成したら金山寺味噌パーティでもしますか(^_^;)。ではまた。


0 件のコメント :

コメントを投稿