2012年11月15日木曜日

雑談トピ・選挙のポイント

雑談トピの連投です。ブログでこういうの書くのはちょっと怖いんですけどね。

選挙のこと

来月衆議院の選挙があるわけですが、若者の皆様は是非選挙に行きましょう。100%意見が合致する政党・政治家がいなくとも、ポイントポイントで賛同できる要素のある候補がきっといるはずです。

僕のポイントは以下。

・今このタイミングで政党を移ってる人には絶対に投票しない。
 だって義理も人情もあったもんじゃないじゃないですか。皆さんもその辺考えて、そういう人には投票しないでほしいなぁ。

・少子化対策重視。
 とにかくお願いしますよ。若い会社員が普通に働けばそれなりに貯金も出来て結婚も出来て子供も2〜3人生めるような社会を取り戻してほしい。とにかく人口減をくいとどめないと日本の国力は落ちるばかりですよ。もちろん子育て支援も合わせてね。

・パチンコ議員には投票しない。
 パチンコ議員とは「自民党遊技業振興議員連盟」とか「民主党娯楽産業健全育成研究会」とかその他色々な形でパチンコを適法化しようと頑張っている人たちです。僕は個人的にパチンコは違法であると思っているし、そんなパチンコ業界に20兆円もの売り上げが流れている現在の日本の状況はおかしいと感じています。小沢一郎さんが李明博韓国大統領から「同胞のパチンコ屋が苦労してるみたいだから保護してくれ」的なお願いをされたことが2008年にありましたが、皆さんご存じでしょうか?韓国では既にパチンコは全廃されています。パチンコは違法とされキッチリ線が引かれているのです。素晴らしい。
 ちょっと検索すれば出てくるので是非投票前にはチェックしてみてください。



以上、非常にシンプルです。難しい話は皆無。政治的なポイントとしては2番目の少子化対策のみと言ってもよいぐらい。なので税金を上げることで少子化対策が捗るなら僕はそれを支持します。(基本的には税金が上がると我々サラリーマン会社員を直撃するので単純な意味では少子化対策にも逆行すると思いますが、そこは「富の再配分」という政治の役割を実直に実行して何らかの補助や手当て、社会体制を作ってくれるのなら僕はそれを支持するという意味です。)

議員定数削減とか、地方への税源移譲(消費税含む)、金融政策、震災復興などなど色々な争点はあり、興味もありますが、まずはやはり少子化対策です。

というわけで、どういう人が候補者として出てくるのか、どういうマニュフェストや政権公約が各党から出てくるのか楽しみです。ではまた。

0 件のコメント :

コメントを投稿