2012年10月26日金曜日

ピアノトリオの夕べ

今日はたまたま縁あってピアニスト岡田美和さんのコンサートに行ってきました。バイオリンにN響コンサートマスターの山口裕之さん、チェロにサイトウキネンでも活躍してる北本秀樹さんという豪華ゲストを迎えてのピアノ・トリオコンサートでした。ちなみに岡田さんはハーマイオニーさん(奥様=魔女)と同じ川口市出身とのこと。

岡田美和さん

場所は新宿オペラシティのリサイタルホール。サブウェイとかロッテリアがあるからコンサート前の軽食に困らないのがここの良い所。

さて今日のコンサート。実は室内楽ってめったに聞かないので、正直行く前は「うーん寝不足だからなぁ…。眠くなったらどうしよう」とか思っていたのですが、その心配は杞憂に。極めて素晴らしいコンサートでした!ピアノトリオにちょっと目覚めたくらい。

特にドビュッシーのピアノ三重奏曲が超絶気に入りました。


バイオリンとチェロのちょっと独特だけど美しいメロディを包み込むかのような縦横無尽のピアノ。ドビュッシーと言えば「ベルガマスク組曲」や「喜びの島」と言ったピアノ曲や交響詩「海」などで有名。そういやのだめにも「喜びの島」出てきますよね、のだめの国内でのコンクール課題曲として。ハリセンの奥様がのだめに「喜びの島」はすっごい愛の曲なのよ!とかそんな感じでアドバイスしたりとかして。とても音のバリエーションが豊富で、キラキラした感じの曲が多い(と思う)ドビュッシーさん。よく解説とかで「色彩感豊かな音楽」とか書かれてますが、聞くと納得します。

で、そのドビュッシー作曲のピアノ三重奏曲を、今日のお三方はすごく楽しげに&美しく弾ききってくださいました。本当に多彩な音を奏でるチェロの音色に、これぞアンサンブル!と素人ながらに思わせてもらえた名手のバイオリン。そしてそれらとまるで一体化してるかのような完璧なピアノ。素晴らしかったです。

他にモーツァルトとメンデルスゾーンのピアノ三重奏曲も演奏されましたが、どれも素晴らしかったです。全く退屈せずに楽しめました。

アンコールはなんとモーツァルトとドビュッシーをお客さんの拍手投票でその場でチョイス。結果ドビュッシーが演奏されましたが、そういう趣向は面白いですよね。そういうの初めてでしたよ。

ドビュッシーのピアノ三重奏曲はCD購入決定。ピアノトリオの室内楽コンサートには今後また行ってみたいです。ではまた。

0 件のコメント :

コメントを投稿