2012年9月13日木曜日

雑談トピ・東京ガスライフバルの愚行

いよいよですね。あと数時間後にAppleからiPhone5が発表される、らしい。もし出たら、僕はすぐにゲットしちゃう予定です。

本文と関係なし。実家のネオ様。

そういや聞いて下さいよ、東京ガス。「気配る、頑張る、ライフバル」の(笑)。愚行の数々。単純に列挙していきます。

1.時間にルーズその1


上階の漏水により浴室暖房乾燥機が故障したのでライフバルに電話しきてもらうことに。ハーマイオニーさん(奥様=魔女)が休みをとっていた平日の17:00でお願いしていたのですが…

14:30頃に電話で「(前の仕事が早く片付いたので)今からお伺いしてもよいですか」との連絡。これはまぁOKです。

で、来たのが16:00

おいおい。

2.約束を守らない


換気ファンモーターが壊れてるので部品交換が必要とのこと。「部品が入り次第、連絡します。たぶん2,3日で入りますので。」これはOK。ハーマイオニーさんは「平日は仕事してるので携帯電話に連絡してください。」として電話番号をお伝え。

…。連絡が来ない。

5日後にこちらから電話してみました、ライフバル武蔵小杉さんに。そしたら「家の方に何度か電話したのですが、出られなかったんでぇ〜」とイケシャーシャーと。

だったら携帯電話に電話しろ、って言うかそもそもそういう約束だっただろうが(怒)。妻のも僕のも携帯電話番号は伝え済みなんだから。

3.電話口ではタメ口


担当はイシワタさん(仮名)という男性だったのですが、電話口での応対がもうやたら慣れ慣れしいのです。良く言えばフレンドリー、悪く言えばアホ。30秒会話するとムカっときます。

4.時間にルーズその2


で、交換部品を持って修理に来ていただくことに。ハーマイオニーさんがいる平日13:00で約束しました。その際に僕からは「こちらに来られる前に、私の携帯電話に連絡をください」と依頼。もちろん了解されました。

で、当日13:00、ちゃんと僕に電話が来ました。「これから向かいますので」「ではウチに着くのは13:30頃でしょうか?」「いえ20分くらいで着くと思いますので」

来たのは14:00。なぜ?

5.修理失敗


修理してくれたのですが、僕が帰宅してみると明らかに音が大きい。ウチのは24時間換気という機能がついていて、浴室・トイレ・洗面所にて常時換気が稼働しているのですが、異常にウルサイ。ハーマイオニーさんも「やっぱ音大きいよね」とのこと。

部品交換した直後だからかな?とか思って2日間様子を見ましたが、一向に収まらず。

それどころかトイレの換気口からお風呂場の熱気が入ってきてるように感じます。夏なので確信はもてないのですが、それでもトイレの換気口のところ(空気吸うところ)にティッシュを近づけてみると、どうみても吸ってなくて、逆に吐いてる。おいおい。

て言うか確認ひとつしてないのかよ

再修理をお願いしました。僕はもうすでにご立腹なので、あくまでジェントルに、「イシワタさん以外の方をよこしてください。」とイシワタさんに伝えました。

6.時間にルーズその3


でまた平日13:00に来てもらうことに。それが今日だったのですが。もちろん電話で「午後1時でお願いします。来る直前に僕の携帯電話に連絡をください」と伝えてあります。

ところが13:00になっても電話がこない。もちろん家にも来てない。家ではハーマイオニーさんがまたまた平日休みをとって待ち構えています。

13:15の時点で僕から東京ガス・ライフバル・武蔵小杉に電話。受付の女性の方が調べてくれたのですが、どうやら僕の「予約」は、「午後1時から3時の間に訪問」となっているという…。

そんな話は聞いてない。

工事の都合とかあるだろうから、元々そういうことならいいんですよ。「午後1時から3時の間に伺います。伺う前には電話でご連絡しますので」って感じで。でも電話ではそんな話、全然でてません。午後1時に来て下さい、とお願いし、わかりました、と言われてました。

結局14:00に来て修理してくれました。たぶん、治ったと思います。

7.修理詐欺するつもりだったの?


再修理をお願いした際、イシワタさんから「漏水を起こした会社から、修理代の請求書を出すように言われているのですが、今度の修理をしてからの方がいいですよね」と言われました。僕は呆れたのでその場では「はいそうですね」と言ったのですが

・まず、なぜそんなことを僕に聞く。

・再修理するハメになったのはお前の責任なのに、それも請求するつもりか?

・そうやって何回も再修理に持ち込めば、東京ガス・ライフバル儲かりまくりじゃないか。そして被害を被るのはウチと請求される会社だ。それって詐欺じゃないか。

ですよね。

結局、本日念押しで「再修理が発生したのはおたくの責任なのに、それを請求書に含めるのはどう考えてもスジ違いですよね?本日の再修理の分の修理費、出張費等は請求しないでください」と伝えました。当たり前ですよね。了解してました。

8.修理記録等一切なし


これは修理時に僕が家にいなかったので失敗したなぁと思うのですが、最初の修理時も今日の修理時にも、何の書類も残してないのですよ、彼らは。

浴室暖房乾燥機には故障時マニュアルが現物に貼り付けてあって、そこに「修理記録」を書く欄があるのですが、無記入。

モーターの設定値等、どういう設定を施したのか、どの部品を交換したのか、など一切ありません。こういうのどうなんでしょ?本当に修理したのか?と言われないんですかね?

今度何かあっても絶対にライフバル武蔵小杉には頼みません。東京ガスの修理を行える代理店は他にあるからです。

漏水関係では、あとはテレビのブースターのみです。今はテレビ普通に映ってますが、漏水直後は一時見られなくなってましたので、交換してもらいます。

クレーマーで失礼しました(^o^;)。ではまた。


1 件のコメント :

  1. ライフバルの修理担当者へ不信感を抱き、ネットで苦情等を検索しているうちに、貴ブログへたどり着きました。こちらに書かれていらっしゃること、想像しながら拝見しました。マンションの浴室乾燥機能付きの給湯器、マンション築年数からしてそろそろ替え時・・とはわかっておりますが、出来るだけ全交換しないで使いたいと考えておりますが、先月6月初旬、また今月・・一か月前に修理したはずなのに、お湯が出なかったり出たりと不安定です。
    クレーマーさんではないと思います。修理担当者は、技術的なことをわかりっこない、と思って、私たち利用者を軽んじているのかもしれません。
    初めて訪問させて頂いたカモノハシさんのブログに長文コメント申し訳ありません。
    お話、参考にさせて頂きます。ありがとう存じます。

    返信削除