2012年8月16日木曜日

変わらないもの美しいものすべてそこにある

夏っていいですよね。僕、夏って大好きです。だって水泳部だったから。

夏と言えば山下達郎さんですが(って古い?)、最近の曲では映画「サマーウォーズ」の主題歌として作られた「僕らの夏の夢」が素晴らしい。僕、この映画にはさほど思い入れ無いものの、この曲は特別好きです。

出だしの歌詞、それだけでやられました。とりあえずお聞きください。こういう YouTubeの是非は置いといて。



あの丘の向こうに 僕らの夏がある
変わらないもの 美しいもの すべてそこにある

なんて、なんて良い歌詞なんだ…。この歌詞とこのメロディー一発で、1万枚の小説に劣らないほどの「物語」が込められているように感じます。

人それぞれ思い描くものは違うのでしょうが、僕はやはり夏のプールを思い出さないわけにはいきません。あのプールは無くなってしまったけど、変わらないもの、美しいものは、すべて「そこ」にあるはずです。

1999年の市内大会

実はこの曲、先日あった後輩の結婚披露宴でエンドロール映像に使われていたんですよ。水泳部の後輩君ね。夫婦してこの曲をチョイスして採用したそうなのですが、本当に良い選曲でした。

もしかしたら「あの丘の向こうに 僕らの夏がある」と思える人生ほど幸せなものはないかも知れません。だってそれは、心を寄せられる、帰れる場所があるということだから。

どんなに落ちぶれても、人生どん底でも、美しい思い出があれば僕らは生きていけるのかも知れません。いや、絶対にそうです。

人それぞれにある、あの丘の向こうに大事にとってある、美しい思い出が一生汚されることのないよう、そこだけは注意して人生を歩んでいきたいものです。ではまた。


0 件のコメント :

コメントを投稿