2012年7月3日火曜日

雑談トピ

今、テレビに元オウム真理教の上祐史浩さんが出ています。BS11チャンネル。生でしゃべるのを聞くのは久しぶり(たぶん17年ぶり)ではないでしょうか?

当時のあの「熱さ」は感じられませんが、冷静な語りの中にも自分の主義主張を楔のように打ち込むあの話術は健在だなと。

やはり問題なのは、ついつい聞き込んでしまうこと。僕だけなのかな?テレビの中の他の出演者もついつい引き込まれてしまっているように見受けられます。それもそのはずで、当事者に近い位置にいた彼の話はそれ自体が非常に貴重であるとどうしても感じてしまうからです。

そして一見すると非常に冷静で、ニュートラルな位置から語っているような印象を持ちます。

その「化けの皮」をはごうと司会者が頑張っていますが、ちょっと格が違う感じがします。ブログやツイッターの細かい発言を拾って責め立てても、あまり意味はないです。たぶん。公正に聞いていても司会者側がちょっと分が悪い。

元信者がテレビに出て語ることに意味はあります。が、この形は非常に危険だなぁと率直に感じております。

あ、終わった。

0 件のコメント :

コメントを投稿