2012年6月15日金曜日

お風呂タイムアタック

それまでは年に5回もバスタブにお湯をはらなかった僕が、結婚してからというもの毎日お風呂に入る生活です。ゆっくり入ると体にも良いらしいというのは実感できるので、基本それを心がけてはいますが、やっぱり「時間がもったいない」と思うことも多々。なので最近は「効率よく手短に入浴する」という意識のもと、日々研究?を重ねています。

ただ速く出るのでは意味がないので、きちんと各課程をこなしたうえで、いったいどのくらいのスピードが出るのか。今回はiPhoneのストップウォッチで計測してみました。メガネをとってパンツを脱いでから、いざ計測開始(^_^)/!

あ、その前に前提条件ですが

・お風呂にお湯がはってあること
・最後の入浴者であること
・その日はあまり汚れてないこと(笑)

以上3つが最低条件です。では計測開始!

1.まずいきなり頭までお湯につかります。どうしても気になる場合は足裏くらいは流してから入浴しますが、その場合10秒ほどロスしてしまいますし、急ぐ場合は僕は別に気にしません。頭までお湯に沈めて、そのまま30秒くらいキープ。効率的に体が温まります(^_^)。

2.お風呂から出て即座にシャンプー。30秒かけてきっちり洗います。そして洗面器でお風呂からお湯をすくってすすぎを2回。両手についた泡を落とすことを意識しながら、ざっくりすすぎます。

3.スポンジに石けんを付け泡立てて体を洗う!泡立ちやすいスポンジを使うのがポイント。こういうやつ。

まず新鮮な泡のみで顔を、そして耳裏から首にかけてはスポンジでゴシゴシ。普段ならここで一度顔にお湯をかけるのですが、今回は時間短縮のため目を閉じたまま体洗いへと移行。肩、脇の下、背中、胸、腹とダッシュで洗い、ここで一度洗面器のお湯をかぶります。その後下半身、足の裏を迅速に洗い、洗面器のお湯で全身をすすぐこと3回。

4.まだちょっと泡がついてても気にせずお風呂にざぶん。すすぎも兼ねて。また温まる意味も兼ねてトータル1分間、60まで数えます。そして出る!ざっと体の水滴を手で払いのけましょう。

注目のタイムは…5分27秒!きわめてどうでもいいですがエビデンス(証拠)です。証拠になってないか…。

ついさっきです。これ。

まぁそんなもんか、って感じですが

・全身ちゃんと洗ってる
・一応ちゃんと温まってる
・シャワーを使わず節水

という3点がポイント。シャワーだけで済ますよりもかなり効率的なのがおわかりいただけると思います(^_^)。

さらなる効率化はハッキリ言ってもう無理なのではないでしょうか?体洗いマシーンみたいなので全身同時に洗うことが出来れば2分くらいは短縮できるかも。

というわけで皆様も是非お試しください( ^-^)/。あ、リンスはナシね。今日は。

0 件のコメント :

コメントを投稿