2012年5月27日日曜日

もはや解約はしにくい状態


おうちに帰ってきました。大和トンネルあたりの渋滞はどうにかならないもんでしょうかね…。京都旅行の記事はまた明日以降書くとして、またまたモバイルネタです。

要約すると自業自得、って話なんですが、僕ってドコモとソフトバンクについてそれぞれ以下の契約を結んじゃってるわけですよ、今現在。

ドコモ…Xi回線についてプラスXi割
ソフトバンク…iPadについてアレ・コレ・ソレキャンペーン

つまりどういうことかと言うと、ドコモとソフトバンクはやめられない!ということです。

まずドコモのプラスXi割ですが、これは以前から使っていたFOMA携帯電話をキープした状態で、プラスXi回線を契約してくれた人向けにデータ通信料金月額を大幅割引してくれるサービスなわけです。つまりFOMA携帯電話を解約するとプラスXi割も消滅すると言うこと。具体的にはXi回線が月額で2,000円アップしてしまいます。

そしてソフトバンクのは「iPhone持ってる人には、iPadの通信料無料にしてあげます(ただし100MBまで)」って内容。同様のキャンペーンはiPhone4S発売後に2回実施されてますが、僕は1回目で契約したためWifi利用料やWEBの基本使用料も無料という好条件でした。ただしこれもドコモのと同様に主回線であるiPhoneを解約した瞬間に割引が無くなるためiPadの月額料金が発生してしまします。具体的には月額プラス6,000円くらいでしょうか。

つまり僕が持っているドコモとソフトバンクはもはやMNP用の弾丸にはできないということです。確実に割り損になります。

しかもソフトバンクの方なんて、iPhone4の2年縛りが終わったとしてもiPadの無料を維持するためにはソフトバンクのiPhone4を契約し続ける必要があるわけですよ。これは痛い。

なぜなら僕は今回契約したXi回線を利用して、将来的に、SIMフリー版のiPhoneを使おうと思っていたから。でも上記の理由でソフトバンクiPhoneはやめられない、という訳です。なるほど、やられた感じです。今から思うとiPadは素直にWi-Fi版を買っとけば良かった…。



と、言うわけで魅力的な割引プランの裏には罠がある、という話でした。ではまた!


0 件のコメント :

コメントを投稿