2012年4月4日水曜日

macでATOKをWindows感覚で

Apple Wireless Keyboardを買って、とりあえずこのソフトを導入しました。

KeyRemap4MacBook

いろんなブログで絶賛されているこれ、要はキーボードのキーの役割を変更するソフト。

ものすごくいろんな機能があるみたいですが、僕が行ったのは唯一この設定のみです。


「右側のcommandキーをかな・英数キーとして交互に使う」設定です。僕はATOKユーザなので、これすることで右コマンドキーが今までのWindowosキーボードでの変換キーと同じ役割、つまり日本語入力モードのON/OFFの役割を持ちます。これでよし。

「かなキー2度押し」技って僕使わないのでこれで良いのですが、対応することも可能だそうです。

ところで、現時点ではUS配列キーボードにちょっと触った程度ですが、これイイですよ。KeyRemap4MacBookがあればATOKでも問題なく使えますし、むしろ入力しやすいし。

あ、あとmac&mac用キーボードでATOK使う際の基本技として、「Fキーの特殊機能はfnキーと同時押し時のみにする」ってのも必須ですね。そうしないとF7でカタカナ変換とか使えませんからね。(mac用キーボードではF7にiTunesでの前の曲戻り機能があてられている)

macにもだんだん慣れてきましたが、どうしてもまだWindows用のソフトが恋しくなるときがあります。「FFFTP」とか「Paint Shop Pro 6」とかにかわるソフトを現在探しています。やっぱ皆さんiPhotoとか使ってるんですかねぇ。僕が写真編集で欲しい機能は、トリミング時に今トリムしている範囲のサイズと縦横比をリアルタムで表示してくれる機能です。ほぼそれだけの基準でソフトを探しています。

今年はなるべく毎日ブログ書く目標でやってますが、すでに昨年の投稿数を超えていることに気がつきました!目指せ年間365投稿以上!

ではまた。

0 件のコメント :

コメントを投稿