2010年12月20日月曜日

都響A定期ヤクブ・フルシャさん就任披露公演(2)

今日は都響のA定期。先月のB定期に行けなかったのでチケットを振り替えてもらいました。前回に引き続き、チェコの俊英ヤクブ・フルシャさん都響プリンシパル・ゲスト・コンダクター就任記念公演です。

[f:id:kuro14:20101220232646j:image:left]
東京都交響楽団 第709回定期演奏会Aシリーズ
ヤクブ・フルシャ プリンシパル・ゲスト・コンダクター就任披露公演
2010年12月20日東京文化会館

指揮:ヤクブ・フルシャ
ピアノ:ニコライ・ルガンスキー

リスト:交響詩「レ・プレリュード」
ショパン:ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 作品11
マルティヌー:交響曲第3番

今日も弦の四天王(と僕が勝手に呼んでいるのですが、1stVn矢部さん・2ndVn双紙さん・Vl鈴木さん・Vc古川さん)はいませんでしたが、これはアメリカでサイトウキネンのコンサートに出てるからんですね。小澤征爾さん復帰のニュースで知りました。それはそれでおめでとう。ただ正直、今日の演奏は彼ら抜きでも結構良かったのが逆にちょっと心配(笑)。

まずは1曲目リストの「レ・プレリュード」。奥さんが好きな曲なのですが、僕も好きになりました。死にそうなくらい暗く重~い出だしから、段々元気になっていって、最後はあっぱれ晴れ晴れ人生万歳!的な分かりやすく盛り上がる曲です。こういう演歌的な曲はフルシャさんにピッタリ。重いところはとことん重く、明るいところはとことん派手に!良い迫力が出てました。

2曲目はショパンのピアノ協奏曲1番。僕が大好きな曲です。この曲でもフルシャ節は全開!オーケストラがうねる!こぶしが超きいてる感じ。すげードラマチックなショパン。これはこれで大アリです。例えば「タン、ターン、タ、タタ、ターン」て所は「タン、トゥワーン、タ、タッタ、トゥゥワワーン」てな位に誇張されて聞こえてきます。今まで僕が聴いてきたのがウソでこちらが正解なのか?かどうかはわかりませんが。都響はフルシャさんによく付いていってたように思います。あとホルン最強、ブラボーでした。

ピアニストの方にブラボーがたくさん飛んでましたが、そこは正直うーん。アンコールの幻想即興曲は名人芸的で楽しかったです。

そしてマルティヌーの3番。これは良かった。1945年と20世紀の曲でこんなに良いと思ったのは初めてかも。

なにより都響の演奏が素晴らしかった!弦も管楽器もピアノも打楽器も全部良かった!特に目に付いたのはファゴット。第1楽章で、めずらしくファゴットがメロディーを奏でる部分があるのですが、そこがすごく良かったです。あとは第3楽章の弦首席奏者たち4人のソロ部分。特に遠藤さん(2ndVnの美人さん)のソロがすさまじく美しかったです。文句なしのブラボー!

そんなわけでヤクブ・フルシャさんの就任記念公演は成功だったと言って良いのではないでしょうか?残念なのは、せっかく就任したのに来年は1回しか振らないってこと。うーん、もったいない。Twitterとかでも結構話題になってるみたいなのに。

今年のコンサートはこれで終了の予定。しばらくしたら、もう少し冷静になって今年のコンサートを振り返ってみようと思います。ではまた。

2010年12月19日日曜日

結婚コペン


実は僕、今年の2月に結婚しました。新婚さんです(笑)。結婚式の際にウェルカム・ボードならぬウェルカム・オープンカーとしてコペンを飾り付けしてみました。



我ながらナイスアイディア。真似したい方は是非どうぞ(笑)。

で、本当はコペンをオープンにして、新郎新婦で町をパレード!したかったのですが、2月の寒空の下そうもいかず。結婚式場から披露宴会場までの間だけでもそうしたかったのですが、新婦がウエディングドレスのまま乗り込むのは不可能ということでワタクシ新郎のみコペンに乗って移動しました。横に乗ったカメラマンさんに撮ってもらった1枚がこちら。



まぁでも式場前に展示したウェルカム・コペン君はなかなか好評だったので良しとするかな。

2010年12月18日土曜日

コペンは速い

次の車への乗換に備えて最近のいくつかの車に試乗しました。そこで改めて感じたのがコペンの走行性能の素晴らしさです。そのことについて語らせてください。

on Twitpic

自信をもって言えます。コペンは速い車だ!と。(MTの場合。ATのことはちょっとわかりません。)

最新の1.4リッターターボエンジンを積んだ170馬力のアルファロメオに試乗しました。さすがに踏めば速いです。パワーも感じます。でも感覚的にはコペンの方が上。慣れているせいもありますが、好きな時に好きなだけパワーを取り出せる感覚がコペンにはあります。

あとイナガキくんの400馬力オーバーのランサーも運転したことがあります。絶対的な速さや加速性能ではもちろん比較対象にはなりません。むこうはもはや異次元ですから。でも軽快感ではコペンの方が上です。

その理由は言うまでもなく「軽さ」。

ごく低速で走らせるとコペンの軽さが特によくわかります。走り出しからしてすごくスムーズです。スーッと、まるで水の表面をなでるかのようにタイヤを転がすことができます。

こういうのは運転したことがある人にしかわからないかも。是非一度コペンを運転してみてください。

軽いからブレーキも良く止まります。そりゃランサーのあの超絶ブレーキにはかないませんが、そうじゃない普通の車に比べたら制動距離はかなり短いはず。

だから走らせたらその辺のクルマには負けないくらい速いのです。実際、筑波サーキットで僕が出したベストタイム1分17秒というのは、普通車と比較しても全然見劣りしません。(例えば最近出たホンダのCR-Zをプロが運転したのとほぼ同タイムです。もっとも僕のコペンは若干チューニングしてますが。)

とにかく!いろんなクルマと乗り比べてみても、コペンに勝るクルマはないってこと(^∇^)。お金持ちになって2台分の駐車場をそなえたおうちに住みたい…。

2010年12月15日水曜日

夜のコペン(2) 丸の内


夜のコペンは素敵です。走っていても止まっていても絵になるクルマ、それがコペン。



東京丸の内のバカラショップ前に止めて撮影。雨の日に写真を撮るなんて僕でもめずらしいです。でもとっても大人な雰囲気がして素敵でしょ?

丸の内とか銀座とかに似合う軽自動車が他にありますか?いいえ、ありません。コペンだけです。

僕はいつか超偉くなって、銀座の高級クラブにコペンで乗り付けるのが夢なのです。黒塗りのベンツやレクサスなんて全然カッコよくないよ。コペンに比べたら。

2010年12月14日火曜日

都響定期Bヤクブ・フルシャさん就任披露公演


ずいぶんと久しぶりになってしまいました。これまでの間に行ったコンサートも自分の記録のために近々アップしたいと思いますが、まずは今日の都響の定期公演についてです。

[f:id:kuro14:20101214223824j:image:left]
東京都交響楽団 第708回定期演奏会 Bシリーズ
ヤクブ・フルシャ プリンシパル・ゲスト・コンダクター就任披露公演
2010年12月14日 サントリーホール
指揮:ヤクブ・フルシャ
ソプラノ:アドリアナ・コフートコヴァー
アルト:ヤナ・シーコロヴァー
テノール:リハルト・サメク
バリトン:マルティン・グーバル
合唱:晋友会合唱団
ドヴォルジャーク:序曲「フス教徒」 作品67
スメタナ:交響詩「ブラニーク」
マルティヌー:リディツェへの追悼
ヤナーチェク:グラゴル・ミサ

チェコ出身の若手指揮者ヤクブ・フルシャさんが都響のプリンシパル・ゲスト・コンダクターに就任する記念の公演でした。ヤクブ・フルシャさん指揮では一昨年にプロコフィエスの「ロメオとジュリエット」を聴きましたが、その若さ溢れる演奏が記憶に残っています。(でも正直本当はそのときのソリストであるチェロのガブリエル・リプキンさんの方が強烈な印象だったりする。)

さて今日、久しぶりに見たフルシャさんは以前に比べ(あと写真に比べ)ずいぶんと貫禄が増した感じ。今年の「プラハの春」国際音楽祭で「わが祖国」を指揮するなど、堂々の活躍を続けているからでしょうか、すごく自信に満ちあふれているように見えます。

いつもどおり素人感想なのですが、今日聞いた彼の演奏の特徴は、とにかく「ドラマチックだ~!」ってこと。考えて見ればチェコの音楽(ドボルザークとかスメタナとか)って、日本人好みのドラマチックさを持ってますよね。ともすれば演歌に近いような。彼の音楽もそんな感じで、ある意味、北島三郎さん的など根性ど派手演歌的な風情があったように思います。あくまでの僕の主観なので信憑性はありませんが。

ただ前半の3曲は、指揮者の熱い感情が若干空回りしてるような気がしなくもない感じでした。すっごく熱い思いは伝わってくるのですが、オーケストラとの温度差があったように思います。特に3曲目のマルティヌー。

でもグラゴル・ミサは本当に見事でした!

合唱と歌のソリスト4名がついてる、まるで第九みたいな交響曲です。村上春樹の1Q84に出てくる「シンフォニエッタ」を思わせるブラスの合奏から始まり、ドわーんとオーケストラが鳴ったと思ったら、ソプラノさんの美しくも力強い歌声が朗々と響き渡り、そして大合唱!僕は完全に引き込まれました。最後までまったく飽きることなく、ワクワクしながら聴くことができたのは大きな収穫。

オーケストラもこの曲ではフルシャさんと一体となってました。素人感想ですが「意思疎通がされてる感」がひしひしと感じられるんです。

残念なのは弦の四天王(と僕が勝手に呼んじゃいますが、矢部さん、双紙さん、鈴木さん、古川さん)が今日はそろって不在だったことでしょうか。

グラゴル・ミサのおかげで、今シーズンの中でもなかなかに満足度の高い演奏会でした。

ちなみに来週の定期A公演も聴きに行きます。今日と同じでヤクブ・フルシャさんの就任記念公演です。ショパンのピアノ協奏曲第1番が楽しみ。

クルマ関係はこちらのブログで

※以下のブログ「ぼくとダイハツ・コペン」はもう閉鎖しました。内容は全てこのブログに移行済みです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前にも書きましたが、今後クルマ関係のブログはこちらにまとめます。

コペンタイトル01

こちらも是非ご覧ください。最近は次の愛車候補のアルファロメオ・ミトに関する話題で(ひとりで)盛り上がっています。

それにしてもまさかこの僕が外車を買うことになるなんて、ちょっと前までは想像もできませんでした。日々の生活にキューキューとしているのに、こんな贅沢していいのか?夫婦で自問自答する毎日です。

ぶっちゃけ今まで毎月1万円だった自動車ローンが、3万円にまで跳ね上がる予定。スポーツクラブやめたりとかして財源確保に努めてますが、けっこうダメージあるなぁ。給料がボーンと上がれば全く問題ないんですがね。その辺は真っ暗な今日この頃。来年上がる予定は全くありません!わーい /(^_^;)

…落ち込まないぞ!

2010年12月3日金曜日

このクルマに決めた!

クルマを注文しました!こちらのクルマです!!



「アルファ・ロメオ ミト Sprint」 です!

ポイントはたくさんあるのですが、目次だけあげとくと…

��.アルファTCT
��.マルチエア・エンジン
��.デザイン
��.D.N.A.システム
��.Start & Stopシステム
��.乗り心地

明日以降これらを順を追って説明していきたいと思います。

納車は3月。コペンと入れ替えです。

さてさて、それまでにお金は用意できるのでしょうか…?

2010年12月1日水曜日

次のクルマに迷う楽しみ

次のクルマですが、次の3車種で悩みました。みなさんならばどれを選びますか?

1.ダイハツ・タント

タント

ちょー広い車内。乗り降りもしやすい。収納もたくさんあって、まさに子育てタント。確実に便利そうでした。2回試乗しましたが、動力性能はやっぱりへぼいです。ただアクセルに味付けがしてあるっぽくて、発進時の軽快さがあります。タコメーターがついてないからわかりませんが、踏んだ以上にエンジンがまわっている感じ。その分音がうるさいし、当然燃費にもかなりひびくでしょう。もともとパワーの割に重たいクルマですからね。とは言っても日常生活で不足は全くなさそうです。お値段もまぁまぁお手頃ですし…。

2.アルファロメオ・ミト

ミト

ハーマイオニーさん(奥様=魔女)が「これに乗りたい(いつか)」という明確な意志を示している唯一のクルマ。そしてそれ以前から僕もこのクルマの魅力に惹かれていました。夫婦の憧れベクトルが一致した先にあるのがこのミトです。マーチとかと同じセグメントBにも関わらずお値段300万円は贅沢すぎます。相当思い切らないと買えそうにありません。

3.MINI・クーパー・カブリオレ

ミニカブリオレ

もしミトが購入候補に入るならこちらも入ってきます。ただカブリオレ(オープンのこと)にするとミトよりさらに20万円お高くなるので、そこは迷いどころ。誰もが認める名車。コンパクトさもデザインもとてもよい。ただ最近MINIはよく町で見かけます。見かけすぎます。レアさで言えば断然ミトの方が上でしょう。足回りが硬めなのもちょっと気になります。(コペンに比べたら断然マシだけど。)

さぁどうしたものか…。実はもう結論出しちゃってるんですけどね。

この件の続きは後日、別ブログ「ぼくとダイハツ・コペン」に書きます。