2010年4月30日金曜日

ぼくとGW初日

ゴールデンウィーク初日の今日は軽くお出かけ。

昨日の夜中に洗車(この洗車の話は近々書きます)。きれいになった車で軽くお出かけしよう!と思いとりあえず出発。当初は東名高速道路にのって海老名パーキングエリアにメロンパンを食べに行こうとおもっていたのですが、高速道路の入り口にむかう道中ふと思い出したお店があって急遽そちらに目的地を変更。

そのお店は川崎市麻生区にあるリリエンベルグという洋菓子やさん。以前にも数回行ったことがあります。ケーキと焼き菓子が何でも美味しくて、特には秋に発売されるアッフェル・シュプリューデル(?←自信ない。要はアップルパイ)がすごく美味しいです。

有名なお店だけあって今日も駐車場待ちが発生していました。住宅地の中にあるので結構気をつかうだろうなぁ。交通整理用の警備員さんを2人配置しています。

そこで買ったのが以下。名前は間違いの可能性が多分に含まれてます。たぶん。

・リリエンベルグのロールケーキ
・ティーコニャック
・森のトルテ
・ナポレオン・パイ
・なんとかシュニッテル
・チーズケーキ

チーズケーキは柔らかくて美味しかった。チーズの風味が豊かなのと、ヘンに凝った味付けがされてないのが好印象。

なんとかシュニッテルは、とても柔らかいスポンジに生クリームやカスタードやらが挟まれた一品。名前から察するにきっとドイツのお菓子なんでしょうね。(他のもそうか?)美味しかった。車の中でぱくっと食べました。

半分は車の中で、残りは夜に家で食べました。2人とは言えこれは食べ過ぎですね(笑)。

そしてなぜかボーリングへ。以前から行こうと話してはいたのですがついに実現。綱島のラウンド・ワンに行きました。

途中暗くなって、みんな一斉に投げて、ストライクなら景品がもらえるってヤツあるじゃないですか。あれ僕とハーマイオニーさん(奥様=魔女)それぞれでなんと2回とも成功しました!写真入れを2つもらいました。記念写真も2枚。

ちなみに僕は手首完治後初の右手でのボーリングでしたが、意外と好調。2ゲームやって合計で250でした。(好調でもこの程度…)ちなみにハーマイオニーさんは2ゲームで160ぐらいでした。僕の勝ち!

家に帰ってきてからは、録画しておいた「のだめ」のドラマ版最終回と(この2週間で全話見直した!)、2008年正月に放送されたスペシャル版「のだめinヨーロッパ」の前編を見ながらゆっくりしました。

と、まぁそんなゴールデンウィーク初日でした。ちなみに僕は明日会社。ハーマイオニーさんはお休みです。

2010年4月27日火曜日

コペンの勇姿?(動画)

取り急ぎ動画を作成。こういうのは作業が早いな、我ながら。

ハーマイオニーさん(奥様=魔女)が撮影してくれた映像をつなぎあわせています。

撮影場所は前半が第1ヘアピン、後半がダンロップのところです。

それにしても第1ヘアピンは相変わらず苦手です。筑波で唯一の左コーナーということもあって全然スキルが上がらない。クリップをもっと奥にとった方が良いのは分かっているのですが、どうもうまくいきません。出口でずるずると外側に膨らんでいってしまいます。(だから他車がいるときなんて全然攻められません。)

対してダンロップは以前から好きなコーナーです。とても気持ちよく走れます。特に入り口でターンインするときに、一瞬アクセルを抜いて荷重をフロントにかけることでお尻を不安定し一気に向きを変える「タック・イン」という技を使うと、自分がさも運転上手になったかのような気分に浸れるんです。この動画でも中盤に一瞬映ってます。

と言うわけで見所は(あんまりないですが…)

・第1ヘアピンでのアンダーステア
・ダンロップでのタック・イン!
・コペンのちっちゃさ
・デイブ・グルーシンの音楽

です。ではどうぞ。


ん?なんかデカいなYouTube。いつの間に…。

2010年4月26日月曜日

コペンで筑波サーキット2010

久しぶりの筑波サーキット。腕はなまりきってました…。

車載動画も撮ったのですが、特に盛り上がるポイントはナシ。僕のアンダーステアが延々と映っているのみです…。

でも今回は外からの映像がけっこうあります。ハーマイオニーさん(奥様=魔女)がビデオを撮ってくれたからです。とりあえずビデオから取り出した静止画を貼り付けてみます。

コペンで筑波2010(2)コペンで筑波2010

今回はファミリー走行枠×2。多いのはやっぱりロードスター。NC型が目立つようになりました。あと今日はS2000がやたらウヨウヨいたり。インプレッサ、ランサーも2台ずついました。

あんまり速くなさそうなマーチ(非マーチカップ仕様)がいたので、「よし今回はこいつを抜いた動画を撮ってニコニコにアップしよう!」と思っていたのですが、一向に追いつかず。走ってる間は一度も見かけなかったので、おそらく同じようなタイムで周回してたのでしょうね。

2本目は白い旧型ミニがずーっと僕の100m後ろあたりを走っていたのですが、そちらもとくに絵にならず。

コペンで筑波2010(3)コペンで筑波2010(4)

ダンロップ・コーナーあたりの映像です。本人は気持ちよく「タック・イン!」とか言ってテールをキキキと鳴らしているのですが、こうやって見るとタイヤを酷使しているのがよくわかります。特に左フロント。

左フロントタイヤ

で、こんなになっちゃいました。左フロントタイヤ。これはもう「おしまい」です。リアにローテーションしても危険でしょう。バーストするのはいやですからね。

コペンで筑波2010(5)

それにしても久しぶりの筑波サーキットは、自分的には惨敗でした。

コペンの場合、ストレートで抜かれるのは仕方のないことで悔しくも何ともありません。僕の車の何倍もパワーのある車ばかりですから。でもコーナーで追いつかれるのはすごく悔しいです。「うしろ結構余裕あるな」と思って第1コーナー立ち上がったら、すぐ後ろに貼り付かれていたときの屈辱感。ブレーキング+コーナリングつまり運転技術で完敗です。

あと今回は最終コーナーで恐怖心が出てしまいました。コペン2号のころはアクセル全開からほんの少し緩めるだけでターンインできていたものが、今回は一瞬ブレーキを踏まないと「怖く」て。コーナリング中もいつアウトに飛び出してしまうかと「怖く」て。

恐怖心の原因は「どこまでが大丈夫かが分かっていない」ことにあります。

2本目の最後の方にはだいぶ克服できて、それなりに満足できる走りができるようになりましたが、その頃にはもうタイヤが終わってる感が…。

なおこれがコペン3号になって初めてのサーキット走行であり、それは同時に初めての全開走行でした。8,500回転までキッチリ回しましたよ。表ストレートではきっちりリミッターにあたります。(て言うか第1コーナーのブレーキング・ポイントと、リミッターにあたるポイントがちょうど重なっていてすごく戸惑った。)

アドバン・ネオバ(タイヤ)は最後まで十分なグリップを出してくれたように思います。でもホントにこれでもうおしまいです。サーキット用のタイヤを新たに買おうかどうか…。

コペン3号の売りはビルシュタインのダンパー。なかなか良かったと思いますよ。ダンロップ・コーナーからの切り返しとか「グ~ッ」と忍耐強く耐えてくれました。揺り戻しみたいなのも出ないし。

タイムは計っていません。このあと動画を編集しながら計測してみます。たぶん1分20秒切ったか切ってないか。コペン2号から2~3秒落ちと言ったところではないでしょうか。

以上、駆け足でのご報告でした。

2010年4月24日土曜日

ぼくとアドバン・ネオバ

久しぶりにコペンにアドバン・ネオバを装着!ほぼ3年ぶりです。

コペン戦闘仕様

正直この3年間での性能劣化が心配ではあるのですが、さっきちょこっと町乗りした感じではやっぱり良い感じです。しっかりしてるのに軽やか。純正の15インチタイや+ホイルから、この14インチに換えることで結構軽くなるんですが、それが運転していても感じられます。

コペンBBSホイル

こちらは純正のホイル。コペンのアルティメット・エディションには純正でこのBBSホイルがついてきます。以前の純・純正からすると少し軽くなってるかな?デザインはいまいち好きになれませんが、まぁ純正にしたら高性能ですよね。

このヘンにコペン・チューニングの話題があるので興味ある人はどうぞ。
コペン2号のときのですけどね。あとコペンに関係ないのもまじってますが…。

そんなわけで明日は筑波です。

2010年4月17日土曜日

ぼくと村上春樹

村上春樹さんの1Q84 BOOK3が発売されて今夜のニュースでも各局がこぞって報道していましたが、報道での取り上げられ方はいつ見ても僕に違和感を感じさせます。

これだけ売れている理由を「人間にとって普遍的なもの共感できる何かがあるから」だ、なんてことを言う人がよくいます。だからこれだけ広く受け入れられているのだ、と。「村上春樹ブーム」だ、と。

僕はその意見には反対です。

村上春樹さんは、ある一定の狭い範囲に属する人々に、あくまでその範囲内でのみ広く深く浸透しているのだと考えます。言うまでもなく僕はその範囲の中にいますが。

だって去年もあれだけワーワー言ってたのに、少なくとも僕のまわりには僕ほど村上春樹さんを愛読している人なんてほとんどいません。世間一般を見回してみても、村上春樹さんを愛読している人は「ごく一部のマニア」です。

今回の1Q84は後から来た話題性のせいもあって、「範囲外」の人々にも広く売れているみたいですが、結局後に残るのは「範囲内」の人だけだと僕は断言できます。

ではどういう人々が「範囲内」なのか?それは以前村上春樹さん本人が広告批評誌上で語っていた通りだと思います。(僕の記憶を元に書くので正確ではありませんが)

・人が孤独に、だけど十全に生きていくことに共感を覚える人
・人が孤独に、だけど十全に生きて行くにはどうしたらよいか思い悩む人

今回の1Q84 BOOK3でもそれは変わっていないことを僕は確認しました。まだ全部は読んでないので感想までは書けませんが。

今度の本の帯に書かれている文言がとても印象的です。(裏表紙)

「そこは世界にただひとつの完結した場所だった。
 どこまでも孤立しながら、孤独に染まることのない場所だった。」

う~ん、しびれる…。続きを読もうっと。

・・・・・・・・・・・・・・・

これを書いた後に気づいたのですが、以前まったく同じタイトルで同じような内容のことをこのブログに書いてましたね、僕。そっちの方がより気合いを入れて書いているので暇な方は是非そちらを。カテゴリー「本の紹介」から見られます。

ぼくと武蔵小杉駅

1c428c19.jpg
55d1ba6c.jpg
横須賀線の新駅ができて1ヶ月、毎日便利に使っています。

週末も大変便利。新宿や池袋にも一本で行けるんですから!東急目黒線や日比谷線とかなんやかんやでたくさんの路線が選び放題。色んなところに一本で行けます。

久しぶりに携帯電話から投稿してみました


2010年4月16日金曜日

ぼくと焼きたてパン

うちのハーマイオニーさん(奥様=魔女)がパンを焼いてくれます。それも天然酵母パンです。

これが最初に焼いたパン。左は発酵中の様子。
パン【1】パン【2】

天然酵母とはイースト菌を使わないパン作りの製法。なので発酵にとても時間がかかります。一次発酵?で8時間くらい。温度を25度に保のに苦労します。

天然酵母で作ることで小麦粉自身の甘さが最大限に引き出されるため、砂糖やバターを控えても、すごく美味しい風味あるパンが出来上がります。これは本当で、彼女が今通っているパン教室(ラルナッチュ)で作ったパンを食べさせてもらって納得。自然な甘みで超美味しい。これで砂糖やバターが少ないだなんて信じられないくらい。

→詳しくはこちら。ハーマイオニーさんが通っているパン教室「ラルナッチュ」

ところが結局この処女作は発酵が進みすぎたらしく甘みが少し抜けてしまいました。パン教室で作って食べさせてもらった同じ種類のパンと比べると、やはりちょっと違う。でも出来たてのパンってそれだけで素晴らしく美味しいモノ。焼きたてを台所に立ったまま2人でパクパク完食しちゃいました。

そもそもパン教室に通い出してからというもの、気づかぬうちにいろいろとパン焼きグッズ&材料が家に増えだしました。だ・け・ど、一向にパンは出来上がらない。当初は結婚式の準備とかで時間がなかったのでしょうが、それ以降もなかなかパン作りにとりかからないからもぅとか思ってたら先日作ってくれました次第です。

こちらはベルギーワッフル。ワッフル焼機はホットサンドメーカーです。
パン【ワッフル1】パン【ワッフル2】

これはもう美味しかった!こちらはけっこうバターを入れたみたいで、まさにあのベルギーワッフルそのもの。メープルシロップかけたりしてバクバク食べました。

ピザにも挑戦してくれました。このときは発酵が上手い具合に出来たのか、生地に自然な甘みがあって美味しかったです。
パン【ピザ1】パン【ピザ2】

こんなのがウチにある電子レンジ(オーブン機能なんて今まで一度も使ったことなかったよ)で出来るなんて想像もしなかったよ(笑)。

そうこうしているうちに「オーブンがほしい」なんて言い出したハーマイオニーさん。先日参考までに川崎のビックカメラでいろいろ見てきましたよ。シャープのヘルシオとかね。機能が充実したミドル・クラスの製品で6~7万円。う~ん。

30度キープの発酵機能とかもあるらしくて、パン作りには便利そう。

たまに美味しい焼きたてパンが食べられて、あといろいろ便利そうな今時のレンジは買ってもいいかなぁと思わなくもない今日この頃。お金が貯まったら買おうかな。う~ん。

でもとにかく自宅で焼きたてのパンを食べられるのはなかなか幸せなことかと。では。

2010年4月14日水曜日

ぼくとシモンズのベッド

シモンズ社の新しいベッドを買って「寝心地については後日アップします(たぶん)」と書いて予想どおり放置していたのを先日カイシャの後輩から指摘されたので(笑)書きます。

ベッドだよ

結論から言うと、本当に大正解、大満足。

それまでに苦しんでいた寝起きの腰痛は今や完全に治りました。個人的に腹筋・背筋の落ちが激しいために腰痛になった説が有力なのですが、そんな僕でも柔らかく支えてくれます(笑)。

寝心地をいくつかのパラメータで表現するとこんな感じ。★5つが満点。

まずは以前の低反発マットレス。

上を向いたときの楽さ:★★
横を向いたときの楽さ:★★★★
熱のこもらなさ   :★
寝返りのしやすさ  :★
横の人の気にならなさ:★

そしてシモンズのゴールデン・バリュー。

上を向いたときの楽さ:★★★★
横を向いたときの楽さ:★★★★★
熱のこもらなさ   :★★★★
寝返りのしやすさ  :★★★★
横の人の気にならなさ:★★★★★

その寝心地はまさにプライスレス…。快適な夢を。オールヴォワ~。

2010年4月13日火曜日

結婚式からはや2ヶ月。なかなか当日の全貌を書くまでにいたらないこのブログでのご報告シリーズ。今回は披露宴で使ってかなりの反響を巻き起こした?乾杯用スパークリング・ワインについて書いちゃいます!(ちょっとした「ぶっちゃけ」を含む)

乾杯で使ったスパークリング・ワインは「チェレット・モスカート・ダスティ」と言います。実はこれハーマイオニーさん(奥様=魔女)がある機会(チーズの講習会?)に口にして超絶お気に召し、特別に選んで乾杯用にチョイスした一品なんです。

チェレットモスカートダスティ

おいしかったでしょ?いやおいしかったですよ。

その証拠に、後日「あの乾杯で使ったスパークリング・ワインは何だっけ?」という問い合わせを5人ぐらいから受けましたもん。新郎側からも、新婦側からも。かなりの反響でしょ(笑)。

味はとにかく爽やか!三ツ矢サイダー以上に爽やかかも(笑)。モスカートつまりマスカットの香りが心地良く薫る、軽やかな一杯。そこいらの安いスパークリング・ワインと比べるとしつこくなく、とにかく味が良い。口当たりは少し刺激的ですが、その刺激は次の瞬間には消えて無くなり、次に豊かな甘みが押し寄せ、それもまた無くなり、最後には美しく爽やかな後味のみが残ります。ああ表現力がほしい。

アルコール度数は5度と超低いので、飲みやすいからと飲み過ぎても問題ありません。お料理にもとてもよく合います。(以前紹介したカマンベール・チーズとあわせて飲むと、本当にもう超絶に美味しいです。赤白ワインよりも絶対にこっちだな。)
camembert_trd_mainimage

ちなみに以前紹介したカマンベール・チーズの話はこちら。

そういや披露宴とは別に、僕の後輩に神戸で開いてもらった披露パーティでもわざわざこのスパークリング・ワインを持ち込んで乾杯用に使ってもらいましたね。美味しかったでしょ?

・・・・・・

さてさて、わざわざそんなこだわりのスパークリング・ワインを披露宴で使ったのだからさぞお値段もはったことでしょうよとお思いの皆さん。実はそうじゃないんですよ、ここだけの話。

まず通常の披露宴の乾杯用ドリンクについて説明しますと、どの会場でも大抵は乾杯用スパークリング・ワインの値段が設定されていて、それに頭数をかけた料金が乾杯にはかかります。そこにはシャンパン・グラスの使用料や給仕、セッティングの値段も含まれています。スパークリング・ワインはもちろん会場指定の銘柄で、一番安くても1,000円×人数です。100名だと10万円。

これを、会場指定の銘柄から、自分チョイスの銘柄に変更する場合「持ち込み料」という難敵が発生します。そりゃそうですよね、タダで給仕してくれるわけないですから。あと通常のスパークリング・ワインから出てくるはずの利益も出ないわけですから。この「持ち込み料」が(僕らの場合)ボトル1本あたり2,000円と当初言われていました。(これでも結構良心的なお値段かと思います。)

そうするとどうなるか?

チェレット・モスカート・ダスティは楽天の一番安い店で購入。1本およそ2,000円。1本から取れる杯数はおよそ6杯。100名だと20本あれば確実に大丈夫です。なので

本体 2,000円×20本=4万円
持ち込み料 2,000円×20本=4万円
併せて8万円!

持ち込んだ方が安いじゃん!!!

しかも僕らはいろいろあって持ち込み料を1,000円にしてもらったので、さらにお得!乾杯用スパークリング・ワインでかなりのお金を節約することに成功しました!それも自分たちの好みの銘柄にした上で!大成功です。

もっとも同じ会場であっても全ての皆さんが、同じように安い持ち込み料でやらせてもらえるとは限らないと思うのでご注意。僕らの場合は乾杯以外の飲み物の値段設定の件や、引き菓子持ち込みの件などとにかくいろいろと細かいところにこだわって、オリジナリティ重視とケチケチの狭間を縫って長期間の交渉にあたったので(←大げさ)実現できたのかも知れません。

・・・・・・

そんなわけで僕らはこのスパークリング・ワインの大ファンになりました。その後も箱買いしたりして今もストックがあります。週末、チーズと一緒に楽しむのがとても好きです。皆さんも是非またご賞味ください。では。

2010年4月9日金曜日

ぼくと日本フィル3/17

行ったコンサートは忘れずに書き留めておくという意味でも貴重なこのカモノハシ通信2。もちろん僕にとってのみ貴重なんですが…。

都民芸術フェスティバル2010のうちの1つで日本フィルの演奏会にも行ってきました。3月17日に。忘れないうちに書いておこうっと。

��プログラム>
日本フィルハーモニー交響楽団

2010年3月17日 東京芸術劇場

指揮:大友直人
チェロ:向山佳絵子

ウェーバー:歌劇「オベロン」序曲
ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調 作品104
ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 作品95「新世界より」

2010都民芸術_0001

都民芸術フェスティバルというのは毎年やってますが、本当にお買い得です。このときもC席1,800円の席で聞きました。一番高いA席でも3,800円ですからね。今年聞き逃した方は来年2月~3月に是非どうぞ。オーケストラのコンサートが8つくらい催されます。

演奏の感想ですが、チェロの向山さんがすごく良かった!僕は初めて聞いたのですが、どうも日本を代表するチェロ奏者の方だそうで、たしかに綺麗で格好いい音楽でした。

4月15日朝6:00からNHK BSハイビジョンでの「クラシック倶楽部」はその向山さんと仲間たちの室内楽コンサートの模様ですので是非ご覧ください。バイオリンで都響の矢部さんや篠崎史紀さんらが、ビオラで豊嶋泰嗣さんらが出演されるという超豪華メンバーです。

そして大好きな「新世界より」。僕みたいなクラシックかじりかけの輩にはうってつけの名曲です。全4楽章どれも全部耳になじみがあるし、迫力もあるし、美しい。交響曲としての長さも調度いいし。クラシックを初めてホールで聴いてみるって人にはこの曲か、ブラームスの交響曲1番、もしくはベートーベンの第九あたりをオススメします。

この日の演奏、終了後にはブラボーが結構飛んでましたが、正直なところ僕はブラボーとは思わなかった。素人的にも音が揃ってない箇所が結構気になったから。大友さんの指揮と音楽は素晴らしかったのですが、音はイマイチだった…ような…。

でもハーマイオニーさん(奥様=魔女)はいたく気に入っておられました。僕だって翌日からしばらくは家で「新世界より」をかけたり見たり(カラヤン指揮ベルリン・フィルのDVD)とけっこう影響されてましたから、とにかく音楽の力はすごいです。

2010年4月2日金曜日

皆さんとCR-Z

最近mixiでやたら見かけるのが、名前に「CR-Z」ってつけてる人。

なんでだろうと思ったら、名前にCR-Zをつけた上で何かのアプリに登録したらホンダのCR-Zが抽選で当たるんだそうですね。

てっきり

・CR-Z買った人
・CR-Z買う予定のある人
・CR-Zが大好きな人

がそうしてるのかと思いました。

だから後輩が名前にCR-Zを付けているのを見て、

「お!CR-Z買うのか!やるなぁ~!」

って感心していたのに、なんだかガッカリです。男ならここは敢えて「CR-X」とか「RX-7」とか付けるとカッコいいのに。

なので僕はしばらくのあいだ「KURO14コペン」とします。では。

ぼくと桜東京タワー

今日は仕事帰り、東京タワーに行ってきました!

桜東京タワー

ちなみにカメラはキヤノンのIXY 510。だれかさんの会社の備品です(笑)。最近のコンパクト・デジタルカメラは性能の進化がスゴイですね。ISO400で撮っても、さほどノイズが気にならない。

東京タワーに登りました。人生初。ちゃんと上の方の展望台まで行きましたよ。知ってます?真ん中の展望台(地上150m)まで行くのに820円、そこからさらに上の展望台(地上250m)まで行くのにプラス600円いるんですよ。

from東京タワーで赤羽橋

これは上の展望台から撮影した田町・三田方面です。手前の赤羽橋交差点がまるでヒトデみたいだと思いませんか?

上の展望台ですが、風のせいか揺れる揺れる!グラングラン揺れてました。まわりの人々がみなさん「気持ち悪い」とか「酔いそう」とか言ってるのが聞こえました。たしかにちょっと気持ち悪くなっちゃったよ。

東京タワーのふもとには花見のスポットがたくさんあります。これからしばらくは花見→東京タワーな人が大勢いるんでしょうね。

2010年4月1日木曜日

ぼくと夜桜コペン

コペンに乗って7年、ついに念願の「夜桜コペン」を撮影!

カメラはキヤノンEOS Kiss Digital X。レンズはタムロンSP AF17-50mm F/2.8(A16)です。

桜コペン01

昨日夜はサントリーホールで都響の定期演奏会でした。その帰り道、アークヒルズ沿いの桜並木がすごく美しくて、「よし!明日は車で来て写真撮っちゃる!」と思い立ちました。

そして今日はノー残業デー(今日も、だけど)。2人で家で晩ご飯を食べてから、カメラ持って三脚持って、いざコペンに乗ってやってきましたよ。いや~来て良かった!

桜コペン02

坂道になっているのがポイント。アーチ状になった桜が連なる様子が綺麗に写真に収まります。

ボンネットが桜色に染まっているのがお分かり頂けますでしょうか?

桜コペン03

こんな写真も撮ってみました。これ合成じゃないですよ。

・・・・・・

おそらく、コペンと桜の写真を撮れるチャンスは今年が最後です。来年、桜の咲く前にはコペンとお別れ。それを考えるとすごく切ないです