2009年4月29日水曜日

愛読サイト・ブログ

僕が愛読しているサイトやブログをご紹介

普段、巡回しているサイトと言えばニュース系・IT系となります。この中だと特にお薦めはやはり産経新聞かな。紙面よりもたくさんの情報があります。リンク貼るのが面倒なので、Googleで検索してご覧ください。

・IT Media
・Impress Watch
・ASCII.jp
・nikkei BP
・MSN産経
・痛いニュース(笑)

これらについてはほぼ全チェックしています。

続いて欠かせないのがスポーツサイト。1997年から日刊スポーツをひいきにしてきましたが、最近はやや使い勝手の面で劣勢か。特に野球関係ではTBSラジオのページが特に優れていて素晴らしいです。各試合における各打者のイニングごとの結果はもちろん、打率ランキングや防御率ランキングなど全てのデータが見られます。各チーム内打率ランキングまで見られる点を考えればスポーツ新聞より上です。特に素晴らしいのでリンクを貼ります。

・日刊スポーツ
・スポーツナビ
TBSラジオ エキサイトベースボール

そしてあとは個人ブログ系です。あえて友人・知人関係以外のものを挙げます。

●はっちゃん日記

言わずも知れた日本一有名なアイドル猫はっちゃんのブログです。欠かさずチェックしています。皆さんも是非。「はっちゃん見たよ♪」とクリックするのも忘れずに。

●マイ 趣味ライフ

凡庸なタイトルからは想像できないくらい(←失礼)、素人離れした充実した内容。キヤノンの一眼レフデジタルカメラを使って少年サッカーの写真を撮られているハイ・アマチュアカメラマンお父さんのブログです。もともとはご子息の様子を撮られるために始めた写真撮影がいまや地域のボランティアカメラマンをつとめるまでになっておられます。スゴイしエライ。

掲載されている写真はもうプロ顔負けの素晴らしさです。僕なんか足下にも及びません。でもそれ以上に良いなと思うのがその文章。素晴らしく常識的で、且つ正義感が感じられる大人の文章なのです。

応援する大人のマナー等についてたまに問題提起されておられるのですが、そういうのがすごく共感できて嬉しい。こう言っちゃ偉そうなんですが「ちゃんとした大人も中にはいらっしゃるのだなぁ」って思えて。全体的にすごく立派な社会的使命感や正義感をお持ちであることがひしひしと伝わってきます。

よそのお子様の写真も撮っておられて、それをプレゼントされたりしているそうですが、そういうのって見えない苦労が多いモノです。たくさんの写真の中からキレイに撮れているのをチョイスして、トリミングしたり補正したりして現像して、プリントするなりCDに焼くなりするのを人数分やるってなると普通の社会人の貴重なお休みが1日つぶれてしまいます。でもそういうことに使命感と親切ごころを持ってやっておられるその姿勢に共感します。

その他熱帯魚も飼っておられたりパソコンねたもあったりと、まさに僕好み。特にコメント等したことはないのですが、いつもこっそり拝見させていただいております。

●ウエディングカメラマンの裏話

こちらもおもしろいブログです。プロの個人のウエディングカメラマンとして活躍しておられるdapandaさんが書いています。タイトル通り結婚式や披露宴で撮影した際の感想や裏話を綴っておられます。

以前イノウエ君の結婚パーティの際に僕が写真を撮ったのですが、そのときに参考にしようと見つけました。(もっとも僕みたいな素人カメラマンがウエディング撮影するのって、このブログでは「やめといたほうがよい」って言われていることなんですけどね。)

心温まる話あり、怒りを感じる話ありと様々です。また承諾をとって掲載されているであろうウエディングの写真はもちろんどれも素晴らしいです。やはりプロは違います。

最近すごい話がアップされていました。挙式10日前に結婚が破談になったにも関わらず、結婚式は決行したという話。うわーすごいですね。でもそういう話でもこのブログではとてもジェントルに、温かく書かれています。そういうところが好きです。

同業他者さんの無責任な仕事ぶりに怒っておられたりもしていて、「自分は絶対にきちんと誠実にやるぞ!」っていう正義感・使命感がすごく伝わってきます。こういう人に僕のときも写真を撮ってもらいたいな。まぁいつになるかは分かりませんが…。

とにかく写真がキレイなのでオススメです。

●KANオフィシャル・ウェブサイト

最後はKANさんです。公式サイトの中に「金曜コラム」というコーナーがあって、僕はそれを毎週楽しみにしています。

KANさんの文章にはユーモアが適度にちりばめられていて、「あ~僕もこういう文章書きたい」ってすごく思うわけです。実際たまに真似してま寿司。あと1回が長いのも○。

・・・・・・・

以上が僕が愛読しているサイト・ブログたちです。

最後の個人ブログに関しては、どれも共通して「1回分が長くて読み応えがある」ということがあります。ですのでみなさんも是非そういう読み応えのあるブログを書いてくださいね。そして教えてください。では。

2009年4月25日土曜日

赤いドュカティ・PaintShopPro6

先日、愛車の赤いドュカティでハワイに行ってきました。

ハワイでバイク


日本から北極経由でハワイ入りしたのでダウンジャケットを着用しています。ちょっとミスマッチですね。

この赤いドュカティはMONSTER 696というモデルです。僕好みのシンプルで美しい造形がお気に入りポイント。わずか161Kgのボディに80馬力のエンジンを積んでいます。加速は痛快のひと言!コーナーもひらりとクリアできます。

というのはもちろん冗談で(マシンのスペックはリアル)、これは合成写真です。ハワイの背景も拾いモノ。

こうゆう合成写真の作成とか日常の画像補正(ブログ用に写真をリサイズなど)とかをこないしているのが愛用の「Paint Shop Pro 6」というソフトです。Photo Shopではないので注意。

ペイントショッププロ

そういや前輪の車止め部分を頑張って消去したのに、肝心なとこ入っないやハワイのやつに。

これ、僕が大学生の頃に学割価格7,000円くらいで購入した、超長いこと愛用しているソフトなんです。Windows95時代の1998年頃にパッケージで購入。VISTAでも問題なく使用できてます。

とにかく動作が軽いのがポイント。そりゃ10年前のパソコンのスペックで動いていたんですからね。

このソフト、バージョンアップは続いていて最新は「Paint Shop Pro X2」みたいなのが現在でも好評発売中です。僕も試用版を使ってみたことがあり、写真の自動補正など便利な機能が満載です。でもバージョン6の軽さは何ものにも代え難い…。

こちらも合成ですね。先日も載せましたが僕とコペンです。上に乗ってるのが僕。
コペンとねお

念のため書いときますけどドュカティは所有していませんよ

2009年4月24日金曜日

海水魚水槽の歴史

2003年02月 飼育開始。ミドリフグのキューちゃんとストイック君
2004年09月 ネットで水槽中継(1ヶ月間)
2004年11月 カクレクマノミの大ちゃんと小次郎が参入
2005年04月 引っ越し(千葉県の幕張本郷→検見川)
       新水槽・外部濾過装置導入
2005年05月 コモチハナガササンゴ導入(初のサンゴ)
       マガキ貝1号2号が参入
2005年10月 引っ越し(千葉県の検見川→神奈川県川崎)
       新オーバーフロー水槽導入
       メタルハライドランプ導入
       多数のサンゴとイソギン導入"
2005年11月 キューちゃん逝去
2006年01月 ストイック君逝去
2006年03月 ハギハギ(ナンヨウハギ)参入
2006年10月 イソギンチャクのタマちゃん分裂して2つに
2006年11月 大ちゃんと小次郎の産卵を確認
2007年頃  水槽環境が徐々に悪化
2008年頃  サンゴが次々に逝去
2009年01月 水槽環境がさらに悪化
       プロテインスキマーのポンプ故障
2009年04月 イソギンチャクのタマちゃん1号2号逝去

詳しくはカテゴリー「海水魚たち」からご覧ください。

特にこの1年間は家を留守にしている時間が長く、水槽の環境が一気に悪化していってしまいました。そしてついにイソギンチャクのタマちゃん1号2号を亡くしてしまいました。

イソギンチャクが亡くなると水槽に大ダメージで魚は全滅すると聞いていたのですが、今回はなんとか助かりました。多めに換水しましたが。

タマちゃん1号の方は実体が残っていたのですが、2号はすでに溶けて消滅した模様。あと実はマガキ貝1号2号も見あたりません。無念です。

言い訳はできません。メンテナンスが出来ないのなら本来飼ってはいけないのですから。

生き残ってるのは
・大ちゃん(カクレクマノミ)
・小次郎(カクレクマノミ)
・ハギハギ(ナンヨウハギ)
・毛ガニ君(隠れキャラのカニ)
・ウミキノコ

先日お知らせしましたとおり、近々生き残った生体はショップに引き取ってもらう予定です。

「もう一度頑張って環境を整えたい」という気持ちも半分あるのですが、そこまで気合いを入れることが物理的にできない状況なのです。ご理解ください。

2009年4月23日木曜日

コペン写真日和

先日コペンでお出かけした際、久しぶりに納得できる写真が撮れました。と、言ってもこの程度ですが…。

カメラはIXY Digital 55です。PCでの画像補正で色をちょっと濃いめにしています。

コペン01

ちょっと坂道になっている場所で、フレームいっぱいに写してみました。今まで撮ったことない感じに撮れて自分としては嬉しいのです。車も洗車直後ではないですが、さほど汚れて無くて良かった。

コペン02コペン03

それにしても一気に気温が上がりましたね。昼間はオープンにするのがつらいです、はやくも。昼間は屋根を閉めて冷房、夜はオープンで暖房、そんな時節です。

コペン04

ちょっとごちゃごちゃしすぎてる感のある内装。

2009年4月18日土曜日

オリンピック招致で仮想現実

2016年東京オリンピック、実現してほしいですね。僕は圧倒的に賛成派です。ちょっとくらいお金を無駄遣いしたっていいじゃないですか。夢のある話なんだから。

昨日テレビのニュースでIOC評価委員の方々による東京現地視察の様子が放送されていたのをご覧になりましたか?あれで最も驚いたのがヘンテコなメガネをかけて現実の景色の上にバーチャルな建造物をたてて見せる仮想現実の技術でした。スタジアムの建設予定地に行って「実際はこんな風にスタジアムが建つんですよぉ」ってバーチャルでお見せするコーナー。けっこうトリッキーなもん用意してるんだなぁ。

こういうの


ニュースの映像で見ていて気付いた人もいるでしょう。「あれ、キヤノンのロゴが入ってない?」って。はい、あれはキヤノン製のヘッド・マウント・ディスプレイなんです。



東京大学の池内研究室というところが研究している「仮想・複合現実感」というプロジェクトに対応したものだそうです。HPあるので興味ある人は見てみましょう。読めば読むほど頭がグルグルる~ってなりますが(笑)。

仮想現実(VR)、複合現実(MR)って要はアレです「電脳コイル」。現実世界に仮想世界を重ねて見せる技術。最近は自分のパソコンを使って仮想の人間模型(なぜか美少女フィギュア)みたいのを、空間に出現させたりするおもちゃ(と言うのは高度だけど)すらある時代です。ARって拡張現実って言ったりもするみたいですね。



こういうの作りたい人は「ARToolKit」で検索してみましょう。

世の中は僕たち(一緒にしてすみません)の知らないうちに急速に進化しているみたいです。

ねこちゃん撮りのバイブル

このブログにはよくねこが登場します。実家で飼っている「ネオ」というねこです。写真に撮るのですが、上手に撮れるときもあれば、失敗するときもあります。

そんな僕が、ねこちゃん撮りのバイブルとしてしるのがこちら。デジタルカメラマガジンの2007年1月号に載っていた「はっちゃん日記」の八二一(はにはじめ)さんの撮影方法です。一部をスキャンして載せちゃいます。
はっちゃん撮影

これはすごく参考になりました。僕が偉そうに言うのもなんですが、ねこちゃん撮りのレベルを簡単にあげようと思ったら…

1. デジタル一眼レフカメラで
2. 外部フレッシュをつけて天井バウンスで
3. 夜に撮影する

だけでよいと思います。これだけでかわいい写真が必ず撮れる!はず。

・・・・・・

古雑誌の整理をしていて、どうしてもそのまま捨てるのがおしくてスキャンしてみました。はっちゃん最高!(毎日見てます!)

→はっちゃん日記

2009年4月16日木曜日

当ブログ認定「安いワインの王様」Gato Negroのカベルネ・ソーヴィニヨンを久しぶりに飲んでいます。やっぱりおいしい!

gatonegro

ちゃんとワインの味がして、しかも飲みやすい。とてもバランスの取れたワインだと思います。しかもお値段1,000円以下!!

クロネコワインとネオ

スーパーでもよく売ってます。是非お試しあれ。鉄アレー。

2009年4月15日水曜日

「グラン・トリノ」感想

4月25日公開の映画「グラン・トリノ」の試写会に行ってきました。

グラン・トリノ

僕の評価は…出ました!星4つ!★★★★

主演・監督はおん年78才のクリント・イーストウッドさん。さすがに素晴らしい。今回は「いまどきの若者が許せない頑固な一人暮らしの老人」の役です。

僕なんかは見ていてかなり共感しましたよ。奥さんの葬式にヘソ出しピアスルックで来た孫とか、家をもらおうとする息子とか、町のワルどもとかにいちいちイライラさせられてる、そんな気持ち。

あとこの老人、ものすごい差別持ちで映画全編を通じて差別用語のオンパレードです。特に隣に越してきたアジア系住民に対してはとんでも無い言葉で一人ごちたりしてます。ちなみに息子が乗ってるトヨタ・ランドクルーザーを見て「あんなジャップカーなんて…。国産車を買ったらバチがあたるとでも言うのか!」って怒っていますし。

でもそこが大御所クリント・イーストウッドさんのすごいところです。最終的にはその差別感情すら乗り越えて、隣のアジア系住民の少年と友情が結ばれます。

まぁそんな感じの映画です。もうちょい詳しいスジとかは公式HPででもご覧ください。

映画には、この老人ならずとも怒りにかられるような、どうしようもない人間たちが出てきます。殺してやりたくなります。

僕なんかはそこに追従して、普段の生活で感じる小さな怒りの感情まで膨張してきました。例えば…

・電車の座席で大また広げているヤツ…、しね
・タバコをポイ捨てするヤツ…、しね
・コンサート中、携帯電話鳴らすヤツ…、しね
・映画中、弁当食べてるヤツ…、しね(ホントにいた!)
・指示器出さないヤツ…、しね
・車間距離とらないヤツ…、しね

いかん、止まらなくなってきた。

でもこの映画、見ている我々のこんな感情すら飲み込んでしまうほどの荘厳なラストが用意されています。うーん、やられた。「癒された」とはちょっと違う、「救われた」ともちょっと違う、難しい気持ちにさせられます。

これぞ由緒正しいハリウッド的映画です!絶賛しちゃいます。

そんなわけでオススメです。是非ご覧ください。

・・・・・・

エンディング・テーマがまた渋くてカッコ良かったんですよ。クリント・イーストウッドさん自らが作詞したっぽい「グラン・トリノ」って歌でした。

にも関わらず、どーして皆さんバタバタと席を立つの?

いやエンド・ロールを必ず見ろ!て強制するつもりはありません。スタッフの名前になんか僕も興味はありません。

でもエンド・ロールで流れる歌は間違いなく映画の一部です。それは確かですよね。そこを楽しむ権利を観客は持っています。

だから途中退場する人たちはもうちっと配慮を持って行動しろよ!と言いたい。せめてジャマにならんようにコッソリ出て行ってくれ。

・・・・・・・

それにしてもどーして、あんなにカッコよいシーン(エンド・ロールと歌)を見ないで席を立っちゃうのか理解に苦しみます。その人たちにとっては映画がつまらなかったと言うことなのか…。

電車が駅に近づくと、扉のほうに向かってガンガンせまってくる迷惑おばさんっていますよね。で、いざ駅に到着して降りたらその場で停止。なぜ?あと階段やエスカレーターの目の前で立ち止まって話を始める輩たちも。そういうのと同じ匂いを感じます。

死んだらいいのにね。

…いかん、この映画の教訓が生かされていない…。

2009年4月14日火曜日

コペンの内装

最近少なかったので、久しぶりにコペンねたを。僕のコペンの内装の変遷についてご紹介。どうでもいいのはジュージュー承知のスケですが。

ナビなんてさらさら付ける気の無い僕は、2002年コペン1号のときも、2005年コペン2号おのときも、2008年コペン3号のときも、一貫してナビ・オーディオレス仕様をチョイスしました。

で、オーディオとスピーカーは自分でチョイスして取り付けました。オーディオは何故かソニー製でコペン1号のときからずっと同じものを使っていて、スピーカーは途中で1度チェンジ(パイオニア→ケンウッド)しています。ソニーのオーディオにふりかかった僕の血はキレイにふき取ってありますのでご安心ください(ブラック・ジョーク…になってない)。

このオーディオには裏面に外部入力端子がついていましたので、そこにiPodをつないで聞けるようにしたのが2003年。当時は20GBの白いiPodを、純正の白いドックに載せて使ってました。

この写真はコペン2号のときのものですが、こんな感じです。
コペンとipod01コペンとipod02

iPodが第5世代に変わって以前のドックが使えなくなっため汎用品を利用しています。裏から音のケーブルと電源をとっています。

こんな感じでiPodを使い始めると、これが超便利。以前は聴きたい音楽をわざわざCDに焼いていたのが全く不要になってんですからね。全部iPodに入ってます。

で更に、仲間に加わったiPod Touch/iPhoneに対応したのがこちら。
コペンとipod03

なんかゴテゴテしちゃいましたが、これで簡易ナビ的に画面を見ることができます。もっともiPodと違ってiPod Touch/iPhoneを取り付ける機会なんてめったにないんですけどね。黒いiPodは車載専用機としてずっと使い続けてますし。

それよりも注目していただきたいのはこちら。三毛猫のミケとトラ猫のトラです!
コペンとipod04コペンとipod05

これ、いいでしょ?どっちも超お気に入りです。

はじめからナビや2DINオーディオをつけている人には全く無関係な話ではありましたが、僕のコペンの内装(って言うかオーディオ部分)について紹介してみました。

コペンとねおコペン3号と僕。

2009年4月13日月曜日

うどん三昧 とく彦

もう随分前ですが鎌倉にうどんを食べに行ってきました。讃岐うどんを。

とくひこうどん三昧 とく彦

どうして鎌倉なのか。実は「とく彦」は「坂田」という名前で昨年まで銀座にあったんです。(店主の名前が坂田とく彦さん。)銀座で超おいしい讃岐うどんを食べさせてくれる貴重な、僕のとっておきのお店でした。ところがある日に行ってみると潰れているじゃないですか!でもよく見ると店舗は移転するらしい。一安心。

と、思っていたのですが移転先の店舗はどうやら店主が替わっているらしいのです。あの「とく彦」さんじゃなければ意味がありません。で、調べて見たら「とく彦」さんは鎌倉にお店を出されたじゃないですか!わーい!ってことで行ってきた次第です。

鎌倉うどん道こーんな普通の住宅街にあります。調べていかないと見つかりません。

鎌倉リス1開け放った窓からはリスが見られました。

久しぶりに食べた「とく彦」のうどんは美味しかったです。うどん以外にもしょうゆ豆とか香川の名物料理もいただけます。じゃこのサラダとかもおいしいですよね。

関東でおいしい讃岐うどんを食べるのは実はけっこう難しいことです。「とく彦」はそれをかなえてくれる有力な1店だったのですが、鎌倉はちょっと遠い…。

でも鎌倉近辺にいらっしゃる方には超絶オススメです。是非行ってみてください。お店はただの一軒家で、くつろげることうけあい。リス(台湾リスと言って増えすぎて問題らしいけど)もいますし。ちょっと変わった感じの(誉め言葉)愛想の良い店主が出迎えてくれると思います。

食べログの「うどん三昧 とく彦」
口コミの点数はまったくあてになりません。

鎌倉うどんコペンとく彦の駐車場。コペンで行きました。


また行きたいなぁ。

2009年4月12日日曜日

日本酒ネタ前後編の後編。たまたま見つけた素敵な酒屋を紹介。

先日、神戸に用事があったので国道43号線を西へと走っていたら、助手席のハーマイオニーさん(守護霊)が「今、酒屋さんの看板に『黒滝』って書いてあった!」と叫んだために行ってみたのが東灘区魚崎にある酒屋の「濱田屋」さんです。菊正宗とか宝酒造とか沢の鶴とかが立つ灘の酒郷にあります。

ちなみに看板にあったのは黒滝ではなく「黒龍」でした(笑)。

一見さんにも関わらず店主のおじさまが丁寧に接してくれました。お店も良い感じで、日本酒の保存方法も完璧です(美味しんぼで読んだとおりだ!)。せっかくなので「黒龍」の純米酒を買いました。「純米酒がいいんですよね」って。

ちなみにこのとき店主がほんの少し残念そうな顔をしたのに僕は気づいていました。その理由は後日分かったのですが、店主がお店のHP上で「黒龍」を「醸造アルコールの使い方が素晴らしい」と絶賛してたんです。店主としたら、せっかく「黒龍」を買うのだったら、オススメの吟醸酒の方を買ってほしかったのかも。なのに僕は聞く耳をもたず純米酒を買っちゃったんですからね。

また店主のブログを見たら、最近若い人には純米酒びいきが多く、それってマンガの影響なのでしょうか?てな投稿がありました。まさに僕のことですね…。

でもこの「黒龍」純米酒は超美味しかったですよ!!すっごいクリアで上品なお味。喉の奥の方でほどよく香るお酒の香り。うーんおいしい。実際、お店のHPでも純米酒は「とにかくバランスのとれたお酒」と紹介されていますし。
ねおと黒龍2ねおと黒龍


と、言うわけで東灘区魚崎にある「濱田屋」にとても興味を持った僕。YouTubeにお店紹介動画があったので勝手に貼らせてもらいます。


そしてこちらがホームページ。少々レイアウトが見づらい(←失礼)ですが、読むところがたくさんあって特に「酒の研究」コーナーはとても勉強になります。そしてさらに日本酒を好きになれそう。

自らの足と目で回って確かめた信頼できるおいしい蔵元のお酒にこだわって売っておられる素晴らしい酒屋さんです。

また「安いワイン」にもこだわっておられるところが、勝手ながら当ブログのコンセプトとベリーマッチョ…じゃなくベリーマッチなわけです。とにかくすごく気に入りました。

で、先日またお邪魔しました。残念ながら店主はいらっしゃいませんでしたが、今回は「特にお薦め」とされているこの2本を買ってみました!
大黒正宗黒龍垂れ口

左が4月2日に発売されたばかりの「大黒正宗」のなまざけ。ブログを拝見したらすごく人気だとのことで買ってみました。純米酒ではなく吟醸酒。

うーん、きつい!ってのが正直な最初の感想。明らかに純米酒よりも「味」が濃いです。プラス、アルコールがきついような気もします。でもなんて豊かな香り…。ホントにフルーティ~な香りがするんですよ!

これは素人の想像ですが、純米酒よりも吟醸酒の方が作り手の「こだわりの味」が出やすいのではないでしょうか?個性的な味と香りを作り出すための手段が「醸造アルコール」というものなら、それはそれでアリです。(どうしても「醸造アルコール=量をかさましするための悪」ってイメージがあるんですよね。)

そして右が「黒龍」の「吟醸垂れ口」。こちらも吟醸酒。しかもうすにごり。

近所のスーパーでも2本ほど別の「にごり酒」を買ってみたのですが全然美味しくなかった悪夢がよみがえります。

が、こちらももちろんおいしい!今リアルタイムで飲んでいます。こちらは「大黒正宗」よりもさらに香りが強く、まるで白ワインみたいです。いや~一口に日本酒って言ってもいろいろいあるんだなぁ!ってことがよく分かります。

でも今のところはまだ純米酒の方が好きな僕です(笑)。たしかにおいしい吟醸酒というものも世の中にはあるということはわかりました。でもあんまりお酒に強くない&量を飲まない僕にとっては純米酒の飲みやすさと爽やかさは貴重です。

これきっと、もっと酒好きになったら吟醸酒の方に好みが移りそうな気がする。

・・・・・・・・・・・・

※えーと、言い訳。日本酒の記事を書きましたが、決して四六時中飲んでいるわけではありません!日常、薬を服用してるので、そこに影響が無いよう考えながら少しずつ飲んでいます。

日本酒ネタ前後編の前編。最近飲んだ日本酒をご紹介シリーズ、その1。

コンビニエンスストアやスーパーでも一応日本酒は売ってます。カップ酒やパック酒ばかり目につきますが、冷蔵庫の中に300ml入り清酒を見かけることもたまにあります。

左がファミリーマート、右がマイカルの酒屋で買った清酒です。
コンビニ日本酒

いずれも原材料が「米、米麹、醸造アルコール」となっている吟醸酒です。味は…うーん。特に右はけっこう有名な蔵元のお酒みたいなのですが、うーん。

マイカルの酒屋で買った日本酒の中では良かったのがこちら!
沢の鶴

沢の鶴純米酒「山田錦」です。かの宮水(夙川の伏流水)を使った、清らかなお味の純米酒。これはおいしい。

やっぱ純米酒が好きかな、今のところ。

それからこれらも美味しかった。左がダイエーで、右がローソンで買ったいずれも純米酒です。
美少年と奥の松

左:福島、奥の松酒造の純米酒「奥の松」
右:熊本、美少年酒造の純米酒「美少年」

まず「奥の松」ですが、あっさりサラサラ上品なお味。飲みやすいからついつい飲み過ぎてしまいました。

そして「美少年」。せっかく見つけた「美少年」ですが、その直後に例の不祥事発覚となってしまいました。もう売ってないかも。その儚さが正に美少年ですね。味は(1等米を3等米に引き替えて裏金を作っていたにもかかわらず)、すごく美味しかったです。もっと飲みたかった。
そもそも美少年好きな僕…(赤面)。

他にもいくつかコンビニ日本酒を飲んでみましたが、得た結論としては…

・吟醸酒よりも純米酒
・製造年月日を気にすべし
 →保存状態が良くないのだから新しいのが一番
・沢の鶴が大手なのに意外とおいしい

ってところでしょうか。

純米酒に偏っている僕の好みを再検討すべく後編へ。

2009年4月6日月曜日

さかなたち

もろもろの理由により、現在飼っているおさかなたちを手放すことになりました。

詳しくはまた書きたいと思いますが、もう5年も続けてきたことなのでとても寂しいです。

彼らはショップに引き取ってもらうことになるでしょう。

・60cmのオーバーフロー水槽
・メタルハライド・ランプ
・クーラー(ZENSUI ZC-500E)

これらがほしい人がいたら嬉しいけど、まぁ難しいよね。下の2つについてはまだまだ使えて価値のあるものなのでお値段タダにはできませんが…。ってところが悲しい貧乏人乙です。

2009年4月2日木曜日

モバイルをどうするか

モバイルインターネットをめぐる環境が急速に整ってきました。つい2ヶ月前に「携帯電話をどうするか」としてドコモの新パケ・ホーダイなどを比較検討したばかりですが、その後WiMAXがスタートしたり、どこでもwi-fiが出たりと状況は急展開です。

ちなみに前回の記事「携帯電話をどうするか」はこれ

なお前回の記事では「ドコモをやめてイーモバイルに一本化」という結論を出しておきながら、踏ん切りがつかず実行には至っていません。

要件を整理しておきます。

・外(電車内含む)でネットが見たい
・なるべく低料金で

要はこれだけです。

現状の僕のモバイル環境は以下の通りです。

・ドコモの携帯電話(P704i)…メイン携帯電話。おサイフケータイ最高!
・イーモバイルの携帯端末(EM・ONE)…iPod用モデムとして
・auの携帯電話(W61T)…ただとも通話用に
・iPod Touch …iPod+携帯情報端末として

つまり現状 iPod Touch + EM・ONE で実現しているモバイルインターネットを、もっとお手軽な別の手段にしたい!ってことです。だってEM・ONEはかさばるし重いし電池も持たないし。いちいちEM・ONE上でモバイル・ルーター用ソフトを立ち上げるのも面倒だし。

★候補1<UQ WiMAX>

WiMAXてのはKDDIとウィルコムが免許取得した次世代モバイルインターネットサービスのことです。KDDIがついにサービスを開始しました。それがUQ WiMAX。

通信速度が「下り最大40Mbps、上り最大10Mbps」と圧倒的なのが魅力です。将来的に基地局が増えればこれが本命になる可能性もあります。が、現状では大都市圏の一部でしか使えず当面は実用的ではなさそうです。興味はありますけどね。

お値段月額4,980円固定ってのは魅力的なんですけどね。

★候補2<ウィルコムのどこでもWi-Fi>

ウィルコムから先日発売されたのがどこでもドアならぬ「どこでもWi-Fi」。PHSの通信機能(W-SIM)を搭載した小さなハコで、これさえ携帯していたらiPodやパソコンから無線LANでネットできるようになる、モバイルルーターです。

こちらモノが4,980円、月額固定1,980円と低料金が魅力です。でも通信速度が最大204kbpsなのがネック。テキスト中心の閲覧なら問題なさそうですが…。あと電車内とかつらそうだし。

ってことでこれもうーん。

★候補3<イーモバイル&クティオ>

クティオってのは上の「どこでもWi-Fi」のイーモバイル版です。イーモバイルの通信端末をつなぐとモバイルルーターとして機能するハコ。

通信端末はヤフーオークションで安くゲットして、EM・ONEのSIMを流用することで安くあげられそうです。そうすると月額料金が1,000円~4,980円で使い放題。速度も7.2Mbpsなので十分です。

ですがクティオ自体の値段が2万円というのがネック。うーん。

イーモバイル回線とクティオをセットにしてIIJやパナソニックが月額3,980円固定のサービスを出していて、それだとクティオ本体価格は1万円になるみたい。

うーん、悩みどころです。かさばりそうだし。

★候補4<iPhone買っちゃう>

今買うと超お買い得なのがiPhone。端末代込み月額最大5,705円で使い放題。5/31までのキャンペーンなので6/1以降に新型が出る可能性は高いですが、iPhoneはOSのバージョンアップが出来ますからね。きっとあまり悔しくはないはず。軽くとかはなりそうだけど。

問題はルーターとしては使えないこと。(いろいろ頑張ればできるらしいのですが…。)でも外でパソコン使う必要性がどこまであるかと言えば、それは不明です。

しかし、

・GPSナビ・ソフトの性能がそこそこ良いらしい
・Skype対応したので、「ただとも」共々au携帯電話が不要に

という予想外の?メリットがあります。カーナビなんていらないよ派として有名な僕ではありますが、おまけで使えるならそれはそれで嬉しいですし。

考えれば考えるほどiPhoneに心が傾いている自分がいます。

一度でもiPhoneなりiPod TouchとかでSafariを使ってみてくださいよ。その使いやすさに衝撃をうけますから。アレを体験するともはやEM・ONEのOperaなんて使いたくなくなるわけですよ。それが電車の中でも、どこでも、気軽に使い放題だなんて…(うっとり)。

・・・・・

とにかく今年の僕は貧乏なので、なるべくコストを下げる方向で考えなければいけません。でもイーモバイルとauを解約できるのならiPhoneを持つ意味は十分にあるのかも。

結果はそのうち。

あ、あと上にあげたお値段等のデータの正確性は保証しかねます。いろいろ説明をハショってるので興味のある人は自分でちゃんと調べてください

生まれ変わりました

このたび猫に生まれ変わりました。

生まれ変わったちょっと恥ずかしい

今後とも変わらぬお付き合いをお願いいたします。