2009年3月29日日曜日

酷いぞNEXCO

だってようやく新割引が適用された各NEXCOの高速道路経路検索を試したら、こんなんだったんですもん。

検索した経路は、東名川崎→名神吹田。車種は軽自動車。極めてわかりやすいルートのはず。

まずはNEXCO中日本「高速日和」で検索した結果がこちら。
高速料金NEXCO中日本

なんと途中一般道に降りて近畿道を使って吹田までくるルートをトップに表示しています。ETCの複雑な割引とか以前の問題です。え~!?と思った方は自分で試してみてください。3つのルートが3つとも大失敗名ルートです。

正解を表示したのがこちらのNEXCO東日本「たびプラ」。
高速料金NEXCO東日本

トップにまっとうなルートが表示されました。ETC割引にも一応対応しています。

ETCの割引種別を4種類の中から自分でチョイスする必要があるなど、まだまだイマイチな点がありますが、一応信頼して使えるレベルのようです。

ちなみにNEXCO西日本で検索したのがこちら。
高速料金NEXCO西日本

こちらも中日本同様、トップにとんでもないルートを持ってきました。一応2番目にまっとうなルートを表示してるのが救いか。しかもETC割引に対応してないし。(今朝の新聞には対応してるかのような記事があったけどなぁ…)

と、散々です。

これ、もっとややこしいルートとかだと本当に信頼できるのかどうか怪しいところですよね。あとETC割引料金の詳細が分からないから、確かめようにも難しいし。

それに各NEXCOで全く同じ役割のサイトを、それぞれ独自に、お金使って開発する必要があるのでしょうか?ないですよね。せっかく民営化されたのだから、そういうところをもっと柔軟にすればいいのに。現状西日本の経路検索なんて全然使えないわけですからね。

前も書いたけど、そもそも民営化されたはずの道路公団が、どうして自民党の選挙対策の片棒をかつぐことになったんでしょうか?どう考えても納得できません。ぐむむ。

・・・・・・・・

なんか最近「批判系」の記事が多いな、我ながら。うーん、よくない。頭悪い人に限って、何かと批判したがるもんですよね。僕みたいに。

2009年3月28日土曜日

辻井伸行くん@西宮

僕が勝手にひいきにしている天才ピアニスト辻井伸行くんのリサイタルを聴きに、西宮にある兵庫県立芸術文化センターに行ってきました。

debutdebut
アーティスト:辻井伸行
販売元:エイベックス・マーケティング
発売日:2007-10-24
クチコミを見る


昨年の1月はソロ・リサイタル、7月は合同コンサートと2回ともサントリーホールで彼の演奏を聴きましたが、いずれもとても感動。今までに出たCD2枚とDVD1枚はもちろん買いましたし、お母様著の本「のぶカンタービレ」も持ってます。すっかり辻井くんのファンになっちゃいました。

のぶカンタービレ! 全盲で生まれた息子・伸行がプロのピアニストになるまでのぶカンタービレ! 全盲で生まれた息子・伸行がプロのピアニストになるまで
著者:辻井 いつ子
販売元:アスコム
発売日:2008-11-26
クチコミを見る


で、今回は会場がなんと小ホール!しかも席がピアノの真ん前というこの上ないシチュエーションでじっくりと演奏を堪能させていただきました。

神戸女学院小ホール2

神戸女学院小ホールA列18番!


以前このブログで「演奏が始まって1秒で感動したことがありますか?」なんて大げさなことを書いたことがありますが、今回も。ショパンのエチュード10-1が始まった瞬間、なんとも言えない風が僕の頭の中をぶわーって通過していきました。その瞬間に「あー今日来て良かった」って思いましたもんね。

で、この日のプログラム。

ピアノ:辻井伸行
ホール:兵庫県立芸術文化センター 神戸女学院小ホール

・ショパン:12の練習曲 Op.10
・ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第29番変ロ長調「ハンマークラヴィア」

��アンコール)
・辻井伸行:川のささやき
・辻井伸行:ロックフェラーの天使の羽根

なんと言ってもショパンですよ。特に10-3「別れの曲」の深遠さから一転、10-4ではナイアガラの滝のような大迫力演奏だったあたりは、WBCのイチローさんじゃないけど「ほぼ、イキかけました」よ。 まず演奏が正確無比。そして流れるような音色の連鎖はまるで水のよう。時に激しく、時に穏やかに流れる水、を僕はずっと思い浮かべていました。

ホールもいい感じ。木の香りも良いし。

ベートーヴェンのハンマークラヴィアも良かったですよ。僕にとっては幾分冗長的に思えるこの曲を飽きさせることなく聴かせてくれました。そして第4楽章のラストは圧巻の迫力で締めくくり。いやーよかった!

アンコールでは、昨年のサントリーホール・リサイタルと同じく自作の名曲を披露。「川のささやき」を生で聴くのはこれで都合3回目ですが、聴くたびに進化しているように感じました。これを聴いた人はもうCD買うしかなくなっちゃうんじゃないですか?

今度は是非オール・ラヴェルのプログラムを組んでほしいなぁ。CDに収録されているラヴェルの「水の戯れ」を是非生で聴きたい!すっごく演奏と合ってると思うんですよね。

今後も辻井くんを追いかけていきたいと思います。

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番(DVD付)ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番(DVD付)
アーティスト:辻井伸行×佐渡裕
販売元:エイベックス・クラシックス
発売日:2008-10-22
クチコミを見る


川のささやき~辻井伸行サントリーホールLIVE!川のささやき~辻井伸行サントリーホールLIVE!
出演:辻井伸行
販売元:エイベックス・エンタテインメント
発売日:2008-06-25
クチコミを見る


2009年3月26日木曜日

ネオドラ

うち(実家)の猫、ネオの写真を使って、くだらないことをしてみました。

この写真。耳を取ったらドラえもんに見えるんじゃない?と思ったのです。
ねおドラ00


で、取ってみたのがこちら。
ねおドラ01

うーん、微妙。

なので色を付けてみました。
ねおドラ02

さらに微妙…。

やはり目の大きさが一番の違いか。と言うことで目を倍にしてみました。
ねおドラ03

お、ちょっとドラえもんっぽくなった?

ちなみに本物はこちら。
ねおドラ本物


以上、どうでもいいコーナーでした。

にせネオあらわる

うち(実家)の猫の名前はネオと言うのですが、先日「にせネオ」があらわれました!

にせねお01にせねお02

これ、発見してすぐにビデオ(HF100)で撮影した動画をクリップしたものです。通常行けない所をネオらしき猫が悠々と歩いていたので一瞬ドキっとしました。似てるでしょ。

こちらが本物。
ねお本物01ねお本物02

やっぱり本物の方が好男子です。

ねおの写真はカテゴリー「ねお日記」にたくさんあるので、是非ご覧ください。では。

2009年3月17日火曜日

新幹線でインターネット

3月14日からN700系新幹線の車内で無線LANが使えるようになりました。使えるのはフレッツ・スポットとかmobile pointとか。詳しくはネットを検索してください。

と、言うことでさっそく乗車してテストしてみました。
新幹線でネット


え~結構快適です。普通にブログとかYahoo!とか見られます。

��車両(ってのが新幹線1本全部を指すのか、13号車とかだけを指すのかが分からないのですが…)あたりの最大通信速度が2Mbpsということで、車内でネットを使う人の人数によっては結構厳しいのかもしれません。いまどき2Mbpsはちょっとね。今後のアップデートに期待です。

イーモバイルの3G回線も結構使えますが、トンネルが続くとアウトです。それからすると今回の車内無線LANはけっこう意義深いものです。

ちなみに僕が座ってる窓際の席にはコンセントも完備されてます。今は使ってませんが。

以上、新幹線車内からお送りしました。(ただの嬉しがりだね。)

2009年3月16日月曜日

高速道路、大阪東京間正解

先日、3月28日以降の大阪東京間の高速道路料金を独自にシミュレートしてみましたが、ようやく正解が道路公団から正解が発表されました。

��正解>
休日深夜→2,150円(軽:1,950円)
休日昼間→2,650円(軽:2,300円)

僕の計算よりも若干安くなってます。

それにしても今回の高速道路の大幅割引ですが、どうなんでしょう。

・トラックなどの商業車は対象外
・休日は渋滞が激しくなるから、トラックにとっては害のみ

ってことを考えると、日本の景気にはむしろマイナスなんじゃないでしょうか?

また現在道路公団が抱えている40兆円もの借金を将来にわたってどう解消していくかと考えると、結局は2年後以降の通行料値上げにつながってしまうのではないかとの懸念もあります。

ていうか道路公団ってせっかく民営化したんですよね?なのになぜこんな自民党の選挙対策の片棒を民間の会社が担わなければならないの?借金まみれなのに。ちょっとおかしいですよね。

て言うか我が国の首相にして、今回の緊急経済対策に命をかけている体をとっている麻生さんからして「静岡から仙台まで1,000円!」などというトンでもない発言(もちろん間違い)をしてるくらいですからね。この国の政策は誰がどう考えているのでしょうね?誰のために?ホントにひどい。ひどすぎる。

2009年3月15日日曜日

トヨタiQ試乗

けっこう前ですが、トヨタMEGAWEBにて話題のコンパクトカーiQを試乗してみました。

ライドワンという1周1.3Kmの専用コースを2周するだけですので、実際のところこれだけで評価を出すのは難しいところですが、とりあえず乗った感想を書いてみます。

それにしてもiQが昨年のカーオブザイヤーってのはちょっとおかしいですよね。いやiQは良い車だと思いますよ。実際乗ってみて感心しましたし。でもね、市販直後でほとんど世の中に出ていない車、つまり世の中の審判を全く受けていな車がいきなり最高得点を取るんですよ。しかもGT-Rとかを差し置いて。おかしくないですか?もともと最近のカーオブザイヤーはメーカーと評論家の癒着が深刻化してきており、全く公正な評価ではないともっぱらの噂ですけどね。それにしてもどうかと思う。

と、若干ネガティブな先入観を持ってiQに試乗してみたのですが…、

いい!!すごくいい!!

いや上質ですよ。これはたしかにカーオブザイヤーに選ばれるだけのことはある!って素直に思いました。

「こんな小さなサイズなら素直に軽自動車を買えばいいじゃん」って思ってました。でも乗ってみて実感。軽自動車とは車のレベルが違う!

足回り、特にブレーキの質感が素晴らしく高いのです。そのおかげでハンドリングも非常にスムーズ&ナチュラル。これなら運転してても疲れないなぁ、というのが率直な感想。

こんな感じでした。


後部座席にも座ってみましたが、十分実用レベルです。コペンより2人もたくさん乗れるんですよ(笑)!

ちなみにコペンとディメンションの比較をしてみますと、こんな感じです。単位はmmね。

   iQ コペン
全長 2,985 3,395
全幅 1,680 1,475
全高 1,500 1,245
��B 2,000 2,230

HBはホイールベース。タイヤからタイヤまでの距離。

いかにiQの全長が短いかよくわかりますね。コペンよりもホイルベースまで短かったのは意外。さすがにスポーツ走行には向かないでしょうね。

どうしても4人乗りの車が必要になったときの購入候補車に入りました。でもまぁ日本ではあんまり売れないだろうなぁ。

ちなみに僕の(予定はないけど必要となったら)検討に値する4人乗りの乗用車はこちら。

・BMW ミニ・クーパーS・カブリオレ
・フォルクスワーゲン ビートル・カブリオレ
・ダイハツ ミラ
・スズキ スイフト・スポーツ
・マツダ RX-8

…現実的には(経済状況的に)ミラかなぁ。ミラ、すごくいいですよ。

2009年3月13日金曜日

能勢のおばちゃん

関西を代表するテレビ番組「探偵ナイトスクープ」。毎回毎回おもしろいネタを用意し続ける偉大な番組です。

うちの実家の家族内で大ヒットしたのが以下の回。「能勢のおばちゃん」です。途中、ワンコをしかりつけるところが最高(笑)。

いや、ただそれだけ…。せっかくYouTubeで見つけたので貼っておこうかと。


2009年3月12日木曜日

高速道路1000円?

3月28日から始まる高速道路料金の大幅割引、通称「高速道路1000円」ですが、その内容が難解すぎる(怒)!!って話。

ちなみに本日のニュースで3月28日のスタート時点では、間に大都市圏を挟んで地方高速2回乗りをした場合、本来1回しか徴収しないとしていたはずの地方高速料金1000円が2回徴収されてしまうとの発表がありました。しかもそれをすぐには直さずに「当面はゴメンね」ってことらしい。なんとも朗らかないい話ですね。

で、結局大阪・東京間はいくらになるの!?って、皆さんわかります?

僕には分からなかったので、分かる範囲で調べてみました。結果がこちら。黄色は軽自動車での料金です。

高速道路1000円?

もうねぇ。とにかくヤヤこしい(怒)。

今回の割引について、概要をまとめておきますと。

��基本中の基本>
・土日祝は地方高速道路が1000円
・大阪・東京の大都市近郊高速道路は1000円の適用外
※大都市近郊高速道路以外はすべて地方高速道路。

��基本>
・平日の地方高速道路は昼間3割引、ただし100Kmまで。
・平日の地方高速道路の深夜割引、通勤割引等は現行通り。
・平日の首都高速・阪神高速の割引は現行通り。
・休日の首都高速・阪神高速は一律500円に。ただし首都高のみ土曜日は平日扱い。
・平日の大都市近郊高速(首都&阪神除く)の割引は現行+夜間2時間3割引追加。
・休日の大都市近郊高速(首都&阪神除く)の割引は現行+昼間ずっと3割引。

��その他>
・高速道路を乗り継ぐとターミナルチャージ150円が割り引かれるらしい。
 ↑よくわからん。誰か詳しく教えてほしい。


で、

ターミナルチャージについてはよくわかってないのですが、もし150円ひかれるとしたら、結局のところ休日深夜の高速道路代は大阪・東京間で

2200円!(軽は2000円)

となるみたい。これは確かに安い!!

ただ気になるのが平日。大都市近郊高速とかそういうのを考えて3分割にして考えると、現状よりも高くなっちゃうんですよね。(図の赤字の部分)たぶんそうはならないと思ってるのですが、どうなんでしょう?結局今回の割引では、平日にはほとんど影響ありません。確かに100Km以内での3割引というのがありますが、休日の1,000円乗り放題とは比べようもありません。

でも休日2000円というのは確かに魅力です。コペンだとガソリン4000円分かかるので、費用の合計は6000円。高速バスなみ。2人乗ったら3000円!わーい。

ただ願わくば、料金設定をもっとわかりやすく、クリアにしてほしいです。なんか無意味に腹立たしいですよ。この現状のわかりにくさは!

【3/15更新】料金の正解が発表されました。

2009年3月11日水曜日

ロードスターの顔

僕にとって永遠の憧れ、それがマツダ・ロードスターです。

コペンを買うとき(2002年)に迷ったんですよ。ロードスターにするかどうか。結局コペンにして後悔は全くないのですが、ロードスターへの憧れは変わらずずっと僕の中にあります。

僕が中学生のとき、水泳部のコーチで恩師の岩田さんが青い初代ロードスターに乗っていました。僕は初めてそのオープンカーに乗せてもらい感動。「僕が最初に買う車はロードスター以外ありえない!」とまで思った記憶があります。

ロードスターは初代以降あまり売れてないですが、なんとか脈々とモデルチェンジを続けてきました。ずっと僕好みのデザインだったのですが、残念なことに最新のモデルチェンジで「いけすかない」顔になってしまいました。って話。

ロードスターNA初代NA型

まずは初代。リトラクタブルのライトがカッコ良い。シンプルな造形が今見ても良い感じです。

ロードスターNB2代目NB型

初代の良さを生かしながら、より芸術的な造形美を生み出した2代目です。僕はこの形がとにかく好きです。これ以上美しい造形の車は今をもって世の中にほとんど存在しないとすら思います。

目尻がつり上がってないところが好き。

ロードスターNC3代目NC型

そして3代目。エンジンが2リッター化し車格も3ナンバー化するなど大型化してしまったのは少し残念ですが、依然としてロードスターらしさが保たれています。一度乗ってみたい。

ここにいたっても、最近の車みたく、無意味に目尻をつり上げて攻撃的なフェイスにしていないところに好感が持てていたわけです。

ロードスターNC新型NC型がモデルチェンジしてしまった…

ところが今回のモデルチェンジで顔が変わってしまいました。目尻はつり上がり、イカツイ感じになってしました。それが残念でなりません。

以前も書きましたが、最近の車はイカツイ顔ばかりです。不良ですよ、不良。古いイメージの。どうしてこんな怖い顔の車が受けるのか?

そりゃ確かに車、特にスポーツカーには男らしさや獰猛さが求められているという意味はわかります。でもね。せっっかくこれまでのNA~NCまでの歴史の中で、クールで知的なロードスターらしさを確立してきたのにも関わらず、それを安易に変えてしまうのかな?と。

最新のNCは性能面では大変魅力的なのですが、僕は買いたくありません。新古でモデルチェンジ前のNCか、中古でNBを買います。だってどうしても顔が気に入らないんだもの。

再度また丸っこい目つきになることを祈ってやみません。

2009年3月10日火曜日

権太坂、とか

だいぶ前ですが、横浜らへんを車で走っているときに魅力的な名前の坂を発見しました。

権太坂方面権太坂!

いや、ただそれだけなんですが…。

残念ながら権太坂方面には行けませんでしたが、行っていたらきっとこんな感じだったのでしょうね。
権太くん

・・・・・

それはそうとこのブログに載せるネタがだいぶ貯まってきました。調子があがったときにまとめて書くかも知れないので、ここにタイトル(案)だけメモしておこうっと。

・鎌倉でうどん
・都響でベト7
・20世紀少年第2章
・神戸異人館
・大阪串カツ
・KANコンサート
・居酒屋HAMADAと黒龍
・ロードスターの顔
・浜学園の思い出
・指示機を出そう
・トヨタiQ試乗
・トヨタクラウン・ハイブリット試乗
・貧乏ep1・夜行バス
・貧乏ep2・携帯電話料金
・にせネオ登場

うわー、いっぱいある。どうでもいいのはジュージュー承知の助ですが。あと投稿時間へのツッコミはなしでお願いします。

2009年3月6日金曜日

ニコニコの天才バイオリニスト

ニコニコ動画で才能の無駄遣いをしている人(良い意味で)はまだまだいらっしゃいます。前回のmaruさんのエレクトーンと合わせてバイオリンを聴かせてくれるのはウサコさんとフクメンさんです。

音大生…いやプロだろう!?って思わざるを得ない超絶技巧&音色の美しさ。すごすぎです。

それにしてもこうやって動画上でセッションするのってなんか夢があります。僕がもっとピアノとかギターとかバイオリンが上手かったら、こうやって動画上で誰かとセッションしたいって思うだろうなぁ。

選曲がまた良いよね。


携帯電話で車の写真

書きたいことはたくさんあるのですが、書く気力がなかなかわいてこない今日この頃。

そうそう。お酒のネタをたまに書いてますが、僕は決して「酒好き」じゃないですよ(笑)。お酒には弱いです。ただ興味があるので、たまーに買ってきてはちょびちょび飲んでます。日常的にお薬を飲んでいることもあり、飲む時間を考えないと某中川(酒)さんみたくなりかねないので注意が必要です。

で、たまには携帯電話で撮影した写真を貼ってみます。ところで僕は携帯電話を決して「ケータイ」などと略して言ったり書いたりしません。それは何故かというと…、とか話をし出すと長くなるのでまた今度。

アイとコペン■アイとエアロ・コペン

このコペン、すごいですねぇ。エアロ嫌いの僕ですが、なかなかスッキリまとまっていて良いと思います。しかもこのコペン、今はもう売ってないスポーツ・パック装着車なんです。別タンク式のダンパーをおごった足回りになっています。僕は乗ったことないけど、それなりにストロークの質感が高いのでしょうね。いずれにしてもなかなか硬派な仕様です。屋根はスポーツ・パック車にありがちなデタッチャブルではなく電動。リアには大きな羽根もついてます。

内装は見てませんが、特にバカっぽいアイテムがついてなかったので好感が持てました。なかなかイイと思いますよ。

で右が実家のアイ。加速しながらステアを大きめに切るとフロント・タイヤがポンポンと浮く仕様です(笑)。でもこれってポルシェと同じ傾向だそうなんですよね。さすがリアエンジン。三菱アイに乗ってる人は是非試してみましょう。ハンドルを1周回して加速するだけです。コケても保証できませんが…。

アイと赤3つ■赤い3連星?

手前からR34GT-R、アイ、ゴルフGTIです。みんな同じような赤色だったので写真を撮ってみました。手前のGT-Rはちょぴりチューンしてあって、なかなかカッコ良かったですよ。

以上、いずれも実家のアイを中心に貼ってみました。ではまた。