2008年11月25日火曜日

ヒーリング・キャット

こんな絵本をもらいました。鎌倉にある葉祥明美術館のお土産とのこと。

ヒーリングキャット01

葉祥明さんの名前は知りませんでしたが、絵はなんとなく知っていました。パステル調のやさしい色合いの絵(油彩?)はとても僕の好みです。なんでも葉祥明さんと言えばジェイクというなの犬がキャラクターとしては有名らしく、この絵本は唯一の猫モノなのだそうです。

絵本にはたくさんの絵が、やさしい言葉とともに収録されています。

こういう「癒し系絵本」ってちょっとしたブームっぽい感じがありますが、この絵本はブームにのって安易に大量生産された幾多のその類とは違い、絵と言葉にとても説得力があるように思えます。言葉と絵のトーンがとても統一されているように感じるのです。

ヒーリングキャット02

夜空のシーン以外にもいろんな場面の絵が収録されていますが、そのどれもに共通するのが「空」です。すべての絵に空が描かれています。そして猫。空はすべてを包み込む大いなる優しさ、そして猫は愛すべき小さな優しさを表しているように僕は思いました。素直にそう感じました。

夜、ワインでも飲みながら一人で読むと結構感動するかもです。ちなみに僕は焼酎(黒霧島)お湯割りを飲みながら読みました。もちろんそれでも感動します。

大人が大人に贈るモノとして最高に素晴らしい絵本だと思います。特に猫好きにはね。

ハーマイオニーさん、ありがとうございました

2008年11月21日金曜日

CDの季節

毎年この季節になるとまとめてCDを買っています。単純に毎年このシーズンに自分の好きな歌手のアルバムが発売されたりしてるだけなんですが、それに乗じて気になるほかのCDも買ってる感じです。

この後、一枚ずつレビューしていきます。

今回買ったのは以下の品々。

・槇原敬之「Personal Soundtracks」
・KAN「弾き語りばったり#7LIVE」
・アンジェラ・アキ「ONE」
・マイケル・ジャクソン「King Of Pop」
・マイケル・ジャクソン「ライブ・イン・ブカレスト」DVD
・NHK全国音楽コンクール2008合唱課題曲CD

マイケルさんは最近ついにネバーランドを手放したそうですが、そういうゴシップは全然関係ないくらい相変わらずファンです。にもかかわらず今年の9月24日に発売されていたCD「King Of Pop」を見逃していました。世界中のたくさんの国ごとに企画された、リスナーアンケートによるベスト盤です。買ったのはもちろん日本盤。We Are The Worldのデモテイクが収録されているのがポイント高いです。マイケルだけの歌唱プラスピアノの伴奏という僕にとっては最高のアレンジです。マイケル入門盤としても聞けますのでみなさん是非買いましょう(笑)。

今回買ったCDは全てピアノ弾き語りがポイントになってます。図らずも。槇原敬之さんの一曲目なんて特にすばらしいですよ、ってのは次回書きます。

2008年11月17日月曜日

アンジェラ・アキさん

結構今さらではありますがアンジェラ・アキさん、いいですね。思わずアルバムを購入してしまいました。「One」というメジャー・デビュー前のピアノ弾き語りオンリーアルバム。家に届くのが楽しみ。

マイ生涯ベスト・アルバムランキングで常に上位5位以内にいるビリー・ジョエルさんの「Cold Spring Harbor」と同じにおいを感じます。このアルバムも「Piano Man」ヒット以前のインディー版みたいなもんですからね。

で、どうしてアンジェラ・アキさんが気になったかというと、大変凡庸なのでしょうがNHKで放送された全日本合唱コンクールを見たからです。今年の中学生の課題曲がアンジェラ・アキさん作「手紙~拝啓 十五の君へ~」でした。この曲、なんとなーく知ってはいたのですが、たまたまネットでその映像(特にアンジェラ・アキさん本人が歌唱しているバージョン)を見たらもう…感動しました。


他にYouTubeで検索すると西宮の甲陵中学を訪問して歌ってるバージョンとかもありました。そりゃ泣くよね、中学生。

いや~素晴らしいですね。昨今こんなに貫通力のある歌・歌声・歌詞はなかなかないんじゃないでしょうか?特に中学生なんて大きい小さいに関わらず皆なにか人に言えない悩みを抱えているでしょうが、それを「未来の自分」に打ち明けるんだから、もうなんて言うか完璧なソリューションです。さらには「大人の僕も傷ついて眠れない夜もあるけど~」なんて全世代にも対応するあたりマーケティングもバッチリといった感じです。なんて皮肉でもなんでもなく老若男女問わず心に響きそう。

とは言えやっぱり若い人への貫通力・浸透力はすごいものがあるんだろうなぁ。たくさんの若い人がこの歌に励まされ、助けられするだろうし、それがやはり歌の力なわけですよね。

・・・・・・

もし僕が今コーチをしていたら、今年度の送別会では間違いなくこの歌を歌いますね。3年生に贈る形で1・2年生をまきこんで練習して。(実際には「サヨナラバス」やりましたね。あんな風に歌を歌う送別会ってきっとあの年だけだったろうな。ちょっとした誇りのようなものを感じる。)

あと僕が音楽の先生だったら、絶対に卒業式で歌わせますね。実際に今年の卒業式では歌う学校がたくさんあるんだろうなぁ。

2008年11月15日土曜日

金聖響&OEKのブラームス

金聖響さんとオーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)のブラームスを聴いてきました。

場所は西宮北口にある兵庫県立芸術文化センター。僕が上京してからできた施設で、今回初めて行きました。大変美しい建物&ホールで素晴らしかった。全体的になんかオシャレな感じがして、今日の演奏会に若い人が多めだったのはそういうことも関係してるかもしれない。佐渡裕さんが芸術監督をされています。

金聖響さんの指揮を見るのは初めて。去年、川崎での第九コンサートでギックリ腰のために前日急遽降板→代振りにダニエル・ハーディングという事件があったので僕としては今回はリベンジです。(…ちょっと意味が違うか?)

オーケストラ・アンサンブル金沢の演奏もすごく楽しみ。

��プログラム>
・ブラームス交響曲第1番
・ブラームス交響曲第2番

指揮:金聖響
演奏:オーケストラ・アンサンブル金沢

金聖響さんと言えば古楽器奏法(別名:ピリオド奏法)。作曲された当時の音を再現することを目的に、古い楽器を使ったり、その当時のオーケストラ編成で演奏したりすることのことです。普通だと向かって左が高音(バイオリン)~右が低音(コントラバス)と言った並びなのですが、古楽器奏法では左右両翼に第1バイオリンと第2バイオリンが分かれ、その中にチェロやビオラがいます。コントラバスは真ん中の最後列。また全体的に人数が少なめです。

見た目にも普段と違ってなんか楽しいですし、少人数編成なこともあってか、それぞれの楽器の音色が細かく判別できる=分解能が高い音となります。自分の耳が良くなったのかと勘違いしちゃいます。

そしてテンポが速い!こんなに速いブラームスは聞いたことがありませんでした。最初のうちは「もっと重量感あるサウンドにしてほしいなぁ」などと思っていたのですが、次第に「これはこれですごく良いかも」と思うように。ついには「なるほどこういう解釈もあるのか…」などとエセ専門家きどりで妙に納得。

今年、ブラームスの1番は計3回聞きましたが、第4楽章クライマックスでの高揚感はこの演奏が1番でしたね。怒涛の連続攻撃にノックアウトされた感じです。これは一度聞いてみる価値ありますよ。なんたって速い!

あとコンサートミストレスさんのバイオリンが大変艶やかな音で、聞いていて快感だった第2楽章もすごく良かった。外国人の方でした。

金聖響さんの指揮姿は大変優美でした。基本クールな感じなのですが、ここぞと言うところでは体全体で何かの舞を踊っているかのような風に。もし僕が指揮者の卵なら絶対真似したくなりますね。

と、言うことでCDお買い上げ。いや以前から気になってたんですよね金聖響さんとOEKのブラームス1番。同じコンビのベートーベン交響曲2番&7番というCDを僕は既に持っていて(これもやはり古楽器奏法)けっこう気に入っていたから。いい機会だと思って。結果的に(そうあくまで結果的に)終演後のサイン会に並ぶ権利を得ることができました。決してサイン会目当てに買ったんじゃないんだからね!(必死)

��番は生で初めて聞きましたがとても美しかったです。いやー大変良い演奏会でした。

そんなわけでますますブラームスが好きになりました。

2008年11月13日木曜日

店じまいが早すぎる

大阪にいるときは実家の近所のマイカル茨木をよく利用します。

そこでいつも気になるのが薬局の店じまい時間。21時まで営業(調剤も21時まで受付)ってデカデカと書いてるのにも関わらず、20:45にはご覧のような状態です。

マイカル茨木の薬局はひどい

いつも21時頃にこの前を通りますが、21時ジャストにお店の人が店から出て行くのを何度か目撃しました。

きっとギリギリでも売ってはくれるのでしょうが、ちょっとひどいなぁ…と思います。商売やる気ないんでしょうね。

2008年11月11日火曜日

iPod Touchを

タッチ君その1iPod Touch 32GBを買っちゃった。愛用していたiPod(第5世代)80GBの調子がおかしく、Appleストア心斎橋店で見てもらってもどうにもならなかったために購入を決断。今のところは大変良い買い物をした気分。

iPhoneにかなりひかれていたのですがTouchにして大正解。というのは容量の問題。iPhoneの16GBでは全然足りなかったなぁというのが実感。32GBでも今まで通りの使い方(海外ドラマを3クール分全保存とか)はできませんが、少なくとも音楽は全部入ります。動画は都度取捨選択して入れることにしました。

ところでiPod用動画の作成に僕はわざわざ有料ソフトであるTMPGEnc MovieStyleというのを使っていますが、当初このソフトでエンコードしたiPod用動画は新しいiPod Touchではうまく再生できないという不具合がありました。

製品のアップデート情報やメールでの連絡が無く、たまたま製品のHPを見たら注意書きが書いてありました。そんなのってないです。ちゃんと伝達してほしい。自社の新製品とかはバンバンメール入れてくるのにね。結局しばらく待って10月30日頃のアップデートできちんと対応されました。TMPGEnc MovieStyleを使ってる人はそういうことですので、アップデートしましょう。

ちなみにTMPGEnc MovieStyleでエンコードしたiPod用H.264動画はかなりキレイ。携帯動画変換君よりも画質はかなり良いですよ。せっかくiPod Touchの比較的大きな画面で見る動画ですから、できるだけキレイにエンコードしたいものです。

そんなわけでいろんな映画とか録画データをiPod用に変換して、寝ながら鑑賞する日々です。この機会にポッター君をまとめて制覇。

あとこのiPodではネットができたり、便利ツールがインストールできたりと素晴らしいポイントがたくさんあるので今度紹介してみます。

2008年11月10日月曜日

でず

え~と、"でず"方面に行って参りました。でずにーランドのことです。

デズ-風船けっこう晴れてた。

行ったのは10月末、ということで中はハロウィン一色。日本でもここ数年でかなり定着してきた季節のイベントですが、クリスマスと比べるとイマイチスケールの小さいっぽいイベントにも関わらずここまで全力で園内を装飾するそのプロ魂に脱帽です。いったい何個のカボチャ君があったんだろう?1,000個はあったんじゃない?あとで食べるの大変だったろうに…(冗談)。

デズ-ハロウィン一色レイアウトも美しいよね。

え~と、もちろん僕が主体的・積極的・主導的に行ったわけではなく、ただの専属カメラマンとしてハーマイオニーさん(仮名)に同行したまでです。まさかこの僕がでずにーランドに行くわけないですもんね。(行ってるけど。)

実は平日の朝から行ってみたのですが、想像以上の混雑。これにはビックリしました。すごいぞでずにー。朝8:00ちょっと過ぎに到着したときには一部の屋外駐車場は満車でした。ので屋内駐車場に通されましたが、まぁ結構近くて良かった。

お昼頃には人気アトラクションだと90分待ちとかになってました。ファストパス(という時間指定の優先乗車券みたいなの。1日に何回か取得できる)も17:00~とかになってたりして。

幸い乗りたい…じゃなくて撮影したいアトラクションはのきなみ回れました。ホーンテッド・マンションが一番楽しめたかな。ツッコミどころ満載って感じで。

全体的に1回のアトラクションの時間も長く、良心的だと感じました。単純にジェットコースター的スリルだけを求めている人にはあまり向きませんよね。「お人形劇」を素直に楽しめる心が必要。実際どれもなかなか見応えがありました。

デズ-城しんでれらJoe

園内の美しさがとにかく印象に残りました。素晴らしいぞでずにーランド。清掃員の数が多いからか、ゴミもあまり無く、清潔な印象。何よりいろいろなモノのレイアウトが凝っていたりして楽しく、目に美しい。専属カメラマンとしては大変満足です。

デズ-自分撮り三脚にちょうど良いデジタル一眼用三脚

ところででずにーランド内は三脚使用禁止です。なのでセルフタイマーで自分撮りというのは基本難しいのですが、良い技を発見。それがこのポップコーン・カップの利用です。カップをテーブルの上に置いて、穴のところにデジタル一眼レフをセットして撮影することで、イスに座ってる人間をちょうどよい感じで自分撮りすることができます。かぽー様なんかは是非お試しください。

今度はでずしー方面に行ってみても良いかなと思わなくもありません

2008年11月8日土曜日

ブラウザ戦争

最近、このブログにアクセスしてくれる人の使ってるブラウザが目に見えて多様化しています。

こちらがある日のブラウザごとのアクセス・ログです。(※アクセス・ログの表示はlivedoor Blog Proの有料サービス。)

ブラウザ

みごとにいろんな種類のブラウザが並んでいますよね。このうち僕自身が使っているのは

・Firefox 3(パソコン)
・Safari 3.12(iPod Touch)
・Opera 6(EM・ONE)

Firefoxのシェアが思ってたほど多くないですね。あとIE6がまだまだ強いです。

Netscapeの7を使ってる人がいるのが素晴らしいです。是非使い続けてほしいです。僕も以前はNetscapeをかたくなに使っていたのですが、最近はもう…。

かつては仕事でWEBシステムを作ることがよくあったのですが、その際必ずIEとNetscapeの両方に対応させなければならないのが苦痛でした。Netscapeが衰退して、一時期はIEだけを気にしていればよかったぽいのが、最近はまた色々出てきて大変そうですね。WEB開発者の皆様は頑張ってください。

まだこのブログでは公表してませんでしたが、こないだiPod Touch(32GB)を買ったんですよ。いいでしょ(笑)。いいですよ、これ。Safariが奇跡的に使いやすい!

まだイー・モバイルの契約が半年残っているので、その間はEM・ONEをProxyにしてネットにつなぎ放題です。…てなマニアック話はまた今度。

2008年11月6日木曜日

どん兵衛東西対決!

同じ「どんべえ」でも関西で売っているのと、関東で売っているのとでは味が違うことを知ってますか?そうなんです、違うんですよ。で、それを食べ比べてみました!!

どんべえ比較1左が関西、右が関東

パッケージ上にもこっそり(W)、(E)って表記してあります。

どんべえ比較2粉末スープの袋の色も違います。製造過程での間違い防止?

さてお味はと言うと…。

じぇんじゃん違~う!

どんべえ比較3スープの色も違う。

見た目通り、関西の方が薄味で出汁が効いてます。関東のは濃いめの醤油味。

判定。

関西版は…おいしい。しみじみおいしい。インスタントでここまでおいしいか!?

関東版は…おいしくない。深みがない。インスタントだよな、これ。

と、言うのが関西出身の僕の意見です。

おもしろいのが、一緒に食べた関東出身のハーマイオニーさん(仮名)は全く逆の意見だったということ。さらには僕の意見を聞いてあきらかに不機嫌なご様子。

結局は食べ慣れてる味が勝つということなのかも知れませんが、味の深みや甘さの具合、スープの飲みやすさ等々あらゆる点で関西版の方が勝っていると客観的に思うんですけどねぇ…。うちの社員食堂ではうどんはわざわざ「関西風」にして売ってたりしますし、やっぱりうどんは関西ですよ。うん。

反面そばは関東の方がおいしいような気がするので、関東の方はその辺でご納得ください。怒ったりしないでくださいね。では!

三国峠から富士山

三国峠から秋の富士山&河口湖を撮影してみました。
三国峠の富士山1

いやー風景写真って難しいですねぇ。こういうのって心が素直な人だと上手に撮れるのかも知れません。キレイだと思う心のままに撮影すれば、写真もおのずとキレイになるのかも。僕はどうも邪心があるみたいで…(笑)。

しかもこのとき不覚にもカメラの電池が無くなりかけ(というか一度力尽きた後、しばらく休ませたら何とか少しだけ動いた…って具合)で、焦ってたんですよね。

それはともかくキレイな風景でした。秋の空とたくさんのススキ、そして富士山。うーん、いいですね。

風景写真が難しいのは撮影後の色補正作業においてもで、美しく仕上げたいのですがなかなか設定値が決まりませんでした。パラメータ次第でこんな仕上げ方もできちゃうんですよね。どれがいいかは一概には言えませんよね。実物に一番近いのは左のだと思うけど…。

三国峠の富士山3三国峠の富士山2


ところでこの撮影場所には、趣味なのか仕事なのか、本格的な三脚を立ててシャッターチャンスを待っているおじさんがいました。どういう状況を待っているのかと聞くと、夕焼けで赤く染まる富士山を狙っているらしい。でも今日は雲の状況がイマイチで赤くは染まらなさそうだとのこと。雲が2枚になればいいのだけれど、などとかなりマニアックな話もしてくれました。

「雲がなければ良かったんですけどね」と言うと、「たしかに雲一つない青空で撮る富士山はキレイだけれど、それだと誰でも撮れるし、みんな同じになっちゃうだろう」「雲があるからこそオリジナルの作品が撮れるんだ」と教えてくれました。

なるほど。なんかちょっと深イイ話を聞いたような。

すごく良い気分でその場所を後にすることができました。あのときのおじさん、ありがとう。

2008年11月5日水曜日

コペン写真

久しぶりにコペンでドラ・ドラ・ドライブ!愛用のデジタル一眼レフカメラEOS Kiss Xを持って富士山、富士スピードウェイに行ってきました。(サーキット走行したわけではありません。)富士山の写真は後日公開してみます。

以前に何度か遊んだことのある富士スピードウェイのカート場で少し遊んだ後(2人乗りカートで37秒台は結構速くない?)、駐車場で写真を撮ってみました。

ついでにコペン(というか車)の写真の撮り方についてちょっとだけノウハウを公開。って言うほど大げさなものではありませんが(笑)。

まずはこちら広角側で撮影したコペンです。
コペン(広角で撮影)EOS KissデジタルXタムロンA16(AF17-50mm F2.8)Pモードで撮影24mm f/7.1 1/200秒ISO 400SILKYPIX D.S. 3.0で現像

広角側ってのは「引き」で撮るってこと。ズームアップの逆です。より広い範囲を写真に納めたいときにはそうしますよね。

焦点距離は短めとなります。この写真で24mm=35mmフィルム換算で36mmほど。広角に強いと言われるコンパクトデジタルカメラだとさらに広角の、35mmフィルム換算で27mmとかで撮影できます。

広角で撮るとどうなるかと言うと、

・広い範囲が写る
・モノの遠近感が強調される

と言った特徴があります。下の写真と比べてもらうと一目瞭然ですが、コペンの後ろの方がすこしすぼまったような形になっているのが分かると思います。

広角だと遠近感が誇張されすぎて、人間の見た目とは異なる形になってしまうことがあるので注意が必要です。逆に意識的に迫力ある写真を撮りたいときには広角が良いです。その場合、なるべく被写体に近づいて撮るのがポイントみたいです。

こちらは望遠側で撮影したコペンです。
コペン(望遠で撮影)EOS KissデジタルXタムロンA16(AF17-50mm F2.8)Pモードで撮影44mm f/6.3 1/250秒ISO 400SILKYPIX D.S. 3.0で現像

広角の写真と比べると、コペン自体の大きさは変わらないのに見え方が随分と違うことが分かると思います。望遠側とはもちろんズームアップのこと。ズームアップするので被写体からは結構離れなければなりません。

この写真での焦点距離は44m=35mmフィルム換算で66mmほど。一般的なコンパクトデジタルカメラで普通に撮影できるズームアップ具合です。

望遠で撮ると

・遠くのモノが大きく写せる
・遠近感がなくなる

と言った特徴があります。テレビのマラソン中継で、映してるカメラによって選手間の距離が妙に近く見えたり遠く見えたりするのは、カメラが広角か望遠かによるからなんです。超望遠レンズなんかで撮影している映像だと100m離れているはずの選手でも、すぐ後ろにいるように映ってしまいます。それは写真でも同じです。

遠近感が薄くなるので、モノの形は正しく写ります。ですので自動車雑誌等に乗ってる車の写真のほとんどはある程度望遠側で撮影した写真のようです。

と、このように同じ大きさになるように撮影しても、広角側で撮るか望遠側で撮るかで写真の見え方が全然違ってきます。それぞれの特徴を理解しておけば、思い通りの写真が撮れるはずですので頑張ってください。

夕焼けコペンEOS KissデジタルXタムロンA16(AF17-50mm F2.8)Pモードで撮影34mm f/8 1/320秒ISO 200SILKYPX D.S. 3.0で現像大幅にWB調整、トリミング等

こちら実は上の2枚よりも早い時間に同じ場所で撮影しています。にも関わらず夕焼けっぽいのは、そう見えるように色味を調整してみたからです。デジタル一眼レフだとこういう調整がしやすいのがいいところ。まぁ写真としてはイマイチですけどね。

通りがかりの紳士と

こちらは通りがかりの紳士と一緒に写してみた1枚。なかなか良く撮れてますね(笑)。

毛ガニ君の撮影に成功!

うちの水槽の隠れキャラ、毛ガニ君の撮影に成功!!
けがに1ついにとらえたその姿!

先日、うちに遊びにきた友人が偶然発見。僕でも数回しか見たことがない幻のレアキャラ毛ガニ君が、白昼堂々、見えるところに登場してるじゃありませんか!これには超びっくり!!

これまでは夜にしか見たことなかったのが、今回は昼。しかもすぐに隠れない。おかげでこのように写真撮影することができました。

けがに2

いや~、めずらしいこともあるものだ。うちに遊びにきたときは是非この毛ガニ君を捜してみてください。